投稿    小説&まんが投稿屋
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル ログイン

感想・要望の投稿

作品に対する感想または要望以外は、絶対に投稿しないで下さい。
・雑談や作者からの連絡事項は、雑談掲示板でお願い致します。
・最大件数約100件で、古いものから消えます。
・無差別な宣伝投稿を防ぐため、URLを含むコメントはエラーが出ます。

作品番号:25622 薄命世代
カテゴリー SF 状況 完結 連載回数 6
連載開始日時 2019/12/31(Tue) 18:10 更新日時 2020/02/03(Mon) 21:42
あらすじ 高校の元同級生が投身自殺をした。
その何度目かの訃報に、小泉亮は食傷したようだった。

鬱病、リストカッター、パーソナリティ侵害。
漠然とした暗い未来に怯え自閉し、やがて自死する卒業生達。
その同世代のことを、当人達は密やかに「薄命世代」と呼んでいた。

小泉亮は、彼らのもとへ粛々と足を運ぶ。
それが同じ薄命世代の自分にできる、唯一の贖罪のように思えて。
その訪問はやがて、心の病の深淵に迫り。
ついには、薄命世代の姿が明かされることになる。

「僕らは、どうやって生きていけばいいんだろう」

現代社会を息苦しく生きる若者達の、ネガティブ群像劇小説。
あなたのお名前 20文字以内
コメント
400文字まで投稿可能です。

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ