投稿    小説&まんが投稿屋
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル ログイン

感想・要望の投稿

作品に対する感想または要望以外は、絶対に投稿しないで下さい。
・雑談や作者からの連絡事項は、雑談掲示板でお願い致します。
・最大件数約100件で、古いものから消えます。
・無差別な宣伝投稿を防ぐため、URLを含むコメントはエラーが出ます。

作品番号:25436 刻み小鴉‐夢魔の絡繰り‐
カテゴリー ファンタジー 状況 連載中 連載回数 4
連載開始日時 2017/09/11(Mon) 01:08 更新日時 2017/10/09(Mon) 20:10
あらすじ 〈刻み小鴉〉の通り名で知られる小鴉丸(こがらすまる)は、友垣である小狐丸(こぎつねまる)と初春(はつはる)の二人とともに、鶴町にまでやってきた。浪人三人組は、豪族の娘であり町を治める妃・諸把(もろは)の死人が出ることすらも厭わないカラクリを用いた婿選びを止めるため、各地から集った男たちのように審査に参加しようとしていた。カラクリ技術によって問題なく生活できる鶴町だが、不思議と町の男たちは誰にも覇気がない。町に暮らす姉弟は、諸把が夫を失ってから町全体に異変が広がったと三人に語る。

婿選び審査を突破する途中、小鴉丸たち三人は分断され、別々に城を進むことになる。カラクリや参加者などの妨害をぬけて、男たちの異変の実態と妃・諸把の正体を掴んだ小鴉丸は、城の天守で戦いに臨む。

鶴町をあるべき姿に戻した浪人三人組は、にぎわいにまぎれて、この地をあとにする。去りゆく小鴉丸、小狐丸、初春は、それぞれに自らの力の使い方について言葉を交わしながら夕日を眺めた。
あなたのお名前 20文字以内
コメント
400文字まで投稿可能です。

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ