投稿    小説&まんが投稿屋
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル ログイン

感想・要望の投稿

作品に対する感想または要望以外は、絶対に投稿しないで下さい。
・雑談や作者からの連絡事項は、雑談掲示板でお願い致します。
・最大件数約100件で、古いものから消えます。
・無差別な宣伝投稿を防ぐため、URLを含むコメントはエラーが出ます。

作品番号:25387 ロスト・ネーム
カテゴリー ファンタジー 状況 連載中 連載回数 95
連載開始日時 2017/03/30(Thu) 08:05 更新日時 2017/04/04(Tue) 23:26
あらすじ 〈双神〉と呼ばれる裏稼業人を筆頭に、〈異名者〉と呼ばれる猛者たちが区画を管理する暗黒街ブレイゾンシュタット。古の技術の遺る街には、仙術師と呼ばれる集団も居を構え、住民たちは騒がしい日々を過ごしていた。医者の息子二レオ・クレメンツは、中学時代に〈異名者〉のデリンジャーと蒼の二人と出会ったことを切っ掛けに、自らの知らない世界との縁を結ぶことになる。

高校生のクレメンツは抗争により父を亡くし、これを機に保護存在パイソン、〈異名者〉全員と顔見知りとなる。そして〈双神〉の意向とデリンジャーの思惑とが合致し、クレメンツは仇討ちを成すため、彼らの弟子となった。

「逢魔の会」という晩餐会に参加したクレメンツは、翌日、〈双神〉の下部組織〈ナイト・ウィッシュ〉の反旗を知らされる。裏稼業人と仙術師、両陣営の信頼が崩れた理由が、すべて〈征覆者〉ミラージュの策略と理解したクレメンツは、複合的な目的から決着に動き、ついに父の仇を討つ。

家庭を築き、長らく穏やかな時間を過ごしたクレメンツは、師との果たされなかった約束を成すため、一人で夜の街を歩いた。万感の想いを胸に、両者は得物を手に走る。
あなたのお名前 20文字以内
コメント
400文字まで投稿可能です。

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ