投稿    小説&まんが投稿屋
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル ユーザー登録

掲示板(ID:22919)

ID:22919 さんについての情報
■ プロフィールを見る  ■ 作品一覧を見る

名前
題名
コメント (全角換算1,000文字まで)
無差別な宣伝投稿を防ぐため、URLを含むコメントはエラーが出ます。


 [1049] 錬金士クーリエの話――  投稿者:雪平 ID:.BSdyiQEnQ
 2019年08月22日(Thu) 23時21分15秒
◆王都ベゼル――
錬金士クーリエに登場する拠点の一つで、ハバ王国の都『ベゼル』という都市が登場します。
先程そのマップの外観が完成しました。修道女ノノンで登場した雪国の街『アイシア』よりも大きく、如何にも王都って雰囲気が出ています。
このマップを作るのは流石に『Lサイズ』を使いましたね。作祭は仕様上Lサイズがかなり使いにくい物なのですが、
外に居る限りはシームレスに移動出来るようにしたかった為、止むを得ずです。
Lサイズマップが使われている為、そこに放り込まれるイベント数は軽く見積もっても100を超えます。
下手すりゃ130ぐらいになるかも知れませんし、それが原因で旧3DSは確実に動作が重くなってしまう事でしょう。
なるべくストレスフリーになるようには目指しますが、さて――。

◆亜人種が多めです――
修道女ノノンから続投の種も含め、錬金士クーリエには敵や街中のNPCで『亜人種』が登場します。
数で言えば人間と比べて20:1ぐらいの割合でしょうか。
種類は現時点で3種類作られており、人間と共生している個体も僅かに登場しています。
ノノンで登場していた人狼の『イスカリ』も登場するほか、PTメンバーの一人もそのイスカリですね。
あくまでノノンと比べてではありますが、錬金士クーリエは亜人種要素多めです。

 [1048] 錬金士クーリエの話――  投稿者:雪平 ID:fMtViQFwQs
 2019年08月10日(Sat) 19時08分52秒
◆お話とテキストで少し詰まり気味――
ノノンの時にもしばしば在ったこの状況。プロット通りに進めようとすると、
どうしても説明部分が多過ぎてテキストが間延びしてる印象を受けてしまう。
かと言って肉抜きをしようにも、どうも雪平の校正面での技量が足りないようであり、見ていて『綺麗な流れだ』と感じるイベントが生まれない。
こう言う時、大体雪平は数日粘ってみてそれで駄目なら大きくプロットを改稿して来ました。
それで最終的に『制作時間が馬鹿みたいに延びたけど良い出来になってくれた』のが修道女ノノンです。
今作はなるべく年内完結を目指していましたが、ここで大幅なプロット改稿が入るとそれも難しくなって来る感じですね……。

決められた文字数を守りつつ読み易い文章を書く。
改行の位置と一つのウィンドウに書き込める字数を考えつつ、色んな単語を思い返せるだけ思い返して字数削減にも努める。
これが毎回辛いです……。

◆マップを一つ完成させました――
今後もマップが一つ完成する度にこの報告を入れるかも知れません。
今回作ったのは関所に当たるマップですね。作中ではあくまで『砦』と呼ばれていますが、プレイヤーの視点からすれば関所です。
ここでは作品の世界観を知ってもらうべく、舞台となる『ウェスタ地方』の『二つの国』の歴史を知る事が出来ます。
上でテキスト制作の苦労を書いてはいますが、個人的にここのテキストは書いてて楽しかったですね。
世界観の構築に関わる部分のテキストというのは、何だか考えるのも書くのも燃えるんですよ。色々と。

 [1047] 色つぶ  投稿者:雪平 ID:P0gnufFrro
 2019年08月09日(Fri) 00時10分23秒
〇ゲーミングモニターを購入しました――
Horizon Zerodawnをプレイするのにどうしても4K画質で映像を視たくて、五万程しましたがエイサーの31・5インチぐらいのモニターを購入しました。
関西資本の電気屋のサイトにて通販での購入ですので、まだ自宅には届いていません。
早く届いて欲しいけど、再配達を避けたくて自分が休日の日を選びましたので、次の火曜まで待ちです。
届いたら絶対にあの映像美を堪能してやる……。夜空の星とか山頂で見る雪山の景色や雲とか絶対に感動するべ。

〇職場で雪平の立場がどうにも――
職場で若い男のスタッフは雪平を除くと他に一人しか居ません。(こらそこ、30は若くないとか言わない!)
女性は機械物に弱い人が多いのと、おばちゃんが多い事もあって、とにかくモバイル関連の接客が出来る人が少ないです。
雪平も決して詳しい方ではないのですが、それでもどうにかその手の接客で解らなかった事はない感じですね。
個人的にはもっとモバイル関連に強いスタッフが居て欲しい。
数年前は一人か二人居たので「いざ」って時に頼れたり、相談出来る人が居たのですが……。

そもそもガラケーユーザーの雪平が何故、スマフォユーザーのおばちゃんたちに代わってスマフォに関する接客を任されるのか……。
コレガワカラナイ。

 [1046] 錬金士クーリエの話――  投稿者:雪平 ID:EwdwxsM0rQ
 2019年08月04日(Sun) 20時30分26秒
夏場の日差しが暑い……。
隙間から漏れる冷気を求めて、玄関のドアの前で猫が寝るから迂闊に勢いよく開けられない……。
(ドアがぶつかってもゆっくり移動して近場で待機してますが……)

◆設定被り――
ある方のゲームで、主人公のグラがクーリエと一緒でした。
これはいい。これは別によくある事だからいいんだ。
でもまさか使用武器まで被ろうとは……。世界観がSFとファンタジーだからそこまで意識しなくても良いとはいえ、
やはり先行して出した方が後から難癖付けられる事も無い為、なるべく早く完成させたい所。
なお、そのゲーム自体は面白そうなのでちょくちょく進める予定です。同作者様の過去の自主コンで投稿されたゲームもオリジナリティ溢れてて面白かったですし。

◆非常に使い辛い素材――
クーリエのPTの内、一人だけ物凄く素材が使いにくいキャラが居ます。
何度素材変更を考えただろうか……。個人的に性格とかはお気に入りなのですが、それを表現する為の表情が少ない。
なんで7パターン中『笑顔』に該当する表情が3つもあんの……? 怒り顔がふくれっ面だし、汎用性の高い真顔がないし、驚き顔もかなり微妙……。
まだ修正は効く……。グラを差し替えるという修正は効くんだが、しかし……。

 [1045] 錬金士クーリエの話――  投稿者:雪平 ID:u1hxN22xLg
 2019年08月02日(Fri) 23時22分14秒
京都新聞だと毎日例の放火のニュースが書かれてますね。
正直あの記事は余り目に入れたくないです。事件の悲惨さどうこうではなく、取材の仕方に不満が有りますので――。
(身内が取ってるから嫌でも目に入ってしまうんですよね……)

◆クーリエの表情がお気に入り――
ノノンの時は中々顔グラで使い易いと感じる物が少なく、イベント作りで色々と設定に悩まされる事が多かったです。
キャラの心情に一番近い表情を使おうとしても、フェスの素材は妙に表情に偏りが有りますので、全然理想に近い物が無い時があるんですよ。
この問題故にノノンを制作している時は、真顔・フルフェイス・アルカイックスマイルの三つが物凄く頼もしいと感じました。
とにかく使い易い。この三つは本当に便利でした。

そして今作では、主人公クーリエがほぼ理想の表情パターンを保有しています。
使用している素材のベースがラノゲ(携帯アプリ『ラノゲツクール』)の為、他ジャンルの素材と比べて表情パターンが多めであり、
加えてその全てがあらゆる心情に対して補完し合う形となっているんですよ。
正直ここまで使い易いグラを揃えたキャラは初めてでした。
似たような感想を抱くツクラーも多いのか、クーリエのグラは他の方のゲームでも割とよく見かける気がします。
真顔、怒り、驚き、困惑、笑顔、諦め、逆光――。
クーリエは良い……。クーリエの素材は非常に良い……。

 [1044] 六地蔵にはMOMOという建物がありまして――  投稿者:雪平 ID:dl5.BqE1rI
 2019年07月20日(Sat) 08時31分27秒
若者向け衣料品店や雑貨屋を中心に、飯屋や電気屋、大きめのスーパーや本屋がある――まぁ、小さいイオンモールみたいな感じです。
あぁいう建物をどう呼称すれば良いのか、雪平の語彙では適切な言葉が出て来ませんが、
とにかく今も昔も二か月に一回ぐらいの割合で祖母を車椅子に乗っけて足を運んだりしてる場所なんですよ。

MOMO自体は京阪六地蔵駅から徒歩で行ける所に有りますし、テレビで表示されるCG図でもよくその近くが映ってます。
毎回行く度に六地蔵駅に京アニショップへの案内が目に入ってました。
いつか行きたいなぁと思いながら駅で車椅子を押していましたが、今後はそこへ通う度に火災の事を思い出しそうです。

雪平にとって六地蔵はJoshinやコーナン、古本市場とかがあって便利な土地です。
自宅から徒歩では厳しいけど自転車なら普通に通えて、徒歩でも電車を使えば問題ないのですが、
今しばらくは足を運ぶ気になれなそうにありません。
どうしても火災の事で色々と考えてしまうでしょうし、それで気が滅入ってしまいそうです。
京アニの作品は雪平の青春時代と関わりが深過ぎました……。

 [1043] 京アニの放火事件――  投稿者:雪平 ID:TMIzvoYKEs
 2019年07月19日(Fri) 09時50分07秒
仕事に行く前にニュースで見て、「京都伏見区のアニメスタジオが――」の件を見た時は驚きました。
どう考えても京アニしか浮かびませんでしたし、自宅からもそう遠くない場所です。
それで、その時はまだ死者1人だったのに、仕事を終えて帰宅したら33人に増えていました。

この事件はかなり辛いです。
雪平にとって京アニは一番最初に惹かれた作品がPS2のゲーム『実況 パワフルプロ野球9』のOPでしたし、
そこから『フルメタル・パニック!』の二期・三期(ふもっふ?・TSR)を視て、あの『涼宮ハルヒの憂鬱』を視ました。
その後も『らき☆すた』『けいおん! 一期・二期』と面白く、見応えのあるアニメを青春時代に堪能し、
以降は暫く好みに合わない作品が続いてましたが、『Free! 一期・二期』でまたしっかりと視させて頂いてました。
京アニの全部が好きだった訳じゃなく、この掲示板でも愚痴を呟いた事もあります。
とは言え、やはり京アニの作品には思い出があるし、思い入れもたくさんあります。
だからこそ、昨日のニュースも今朝の新聞も目にしてて辛かったですね……。

 [1042] 錬金士クーリエの話――  投稿者:雪平 ID:Jy2nz7iOx2
 2019年07月14日(Sun) 07時06分52秒
◆物語の舞台とシナリオ
錬金士クーリエは修道女ノノンと世界観を共有し、時間軸もノノンがEDを迎えた後の頃を描いています。
そして舞台となる場所は『ウェスタ地方のハバ王国領』です。
とある大陸の西方地域ウェスタ――。そこに存在する小さくて貧しい王国ハバ――。
ハバ王国では全体的に土地が痩せてて作物が育ちにくく、目ぼしい資源も少なくて国力自体も貧弱です。
一方で錬金士から見れば有益な『素材』が豊富に転がっているほか、王国や国民たちとも一定の信頼関係を築く事に成功している為、決して住み難い土地ではありません。
また、ファフ教団もハバ王国領にて大いに布教活動を行っていますので、至る所に修道士や騎士たちが居ます。
王国とファフ教の関係も蜜月であり、お互いに支え合って健全な共生関係を築いていると言った所ですね。

土地が痩せてて資源不足であること以外は問題が無いように見えるハバ王国――。
ですが同じウェスタ地方に国領を持つ『もう一つの国』により、物語冒頭から国家存亡に関わる危機に直面しています。
これをどう回避するかがシナリオのメインであり、その中でクーリエは大陸一の錬金士の“弟子”として活躍する予定です。

前作では事実上の宗教国家の政府として君臨していたファフ教団でしたが、今作ではあくまで巨大な一宗教団体としての立場を取っています。
なので極力出しゃばろうとはせず、特に内政関連には一切関与する事がありませんね。
一方で国や役人からの要請が有れば騎士を派遣したりしますし、王国とそこそこの情報交換を行う事はある感じです。
まぁ、自分の中のプロットをどこまでゲームに落とし込めるかは解りませんが、上手く行けばノノン以上に雪平らしいシナリオが描けるかと。

 [1041] 錬金士クーリエの話――  投稿者:雪平 ID:1ssW0hIGs6
 2019年07月13日(Sat) 05時41分48秒
ゲームの話の前に一つ、ある方のTwitter経由で診断メーカーをやってみた結果、
黒淡雪(作祭等で使用してる雪平の名義)に相応しいファンタジーの職業は以下の通りになりました。

・錬金術師
・占い師
・白魔道士
・司祭

……色々と運命じみた物を感じます。
占い師以外自作ゲームと関わりの深い職業ばっかじゃないですかー!
トップに錬金術師が来てるのが物凄くタイムリーです。

◆錬金術のシステムの話C
既に色々複雑と言うか、面倒臭い設計のシステムを構築してゲームに放り込んでいる雪平ですが、
開発途中で更にユーザーへの配慮+自己満足で追加仕様を入れてます。
それが『現在居るPTの中で誰が装備出来るかを表示する』ですね。

まぁ、ノノンのキャラで例えるならば、装備を作る前にこんなメッセージが出ます。
・ノノン ハクア ランマが装備出来る
これは四人中三人が装備出来て、魔盗メメリアは装備出来ない事を示す内容ですね。
まぁ、これを足すだけだったら吹き出し一つで事足りるからそう面倒な話でもありません。
しかしもしPTの中にまだ未加入の仲間が居たとしたら――?

上の例えに併せて説明すると、例えば『メメリア』と『ランマ』が未加入の状態だった場合、誰が装備出来るかを表示する事でネタバレが発生してしまいます。
雪平的にこういうネタバレは有って欲しくない。なので雪平は、
メメリア、ランマが未加入の際にはこう↓表示するようにしました。
・ノノン ハクア ???が装備出来る
そう、『???』で名前を隠します。
当然フェスにはこのような便利機能がありませんので、これもまたそうなるようにイベントの式を自作しました。
お蔭でキャラ認識を含むイベントはそうでないイベントの二〜四倍ほど頁も容量も増加しています。
面倒ではありましたが、これも既に全部完成している辺りが我ながら驚きです。
本当にこれ手慰みのつもりで作ってたゲームなんですよ……。いや、本当なんです。
なんかノノンの時の進捗率が信じられないぐらい早いですね。これが雪平の才能……なのか?

 [1040] 漫画『とんがり帽子のアトリエ』が面白い!!  投稿者:雪平 ID:Gz.gCn2Z.U
 2019年07月12日(Fri) 23時37分50秒
最近『白浜鴎』先生著の漫画、『とんがり帽子のアトリエ』にハマってます。
ガストのアトリエシリーズの関連で調べ物をしていたら、偶々検索にヒットして興味を持ったのが切っ掛けですね。

この漫画ではゲームのアトリエと違って、錬金術や錬金術士と言った要素はありません。
こちらは魔法がメインのテーマであり、主人公はある事情によって魔法使いの先生に弟子入りします。
それで作品全体の流れとしては、主人公及び姉妹弟子たちの学習と成長、絆、
更に禁忌に触れてそれを用いる“つばあり帽たち”との戦いが描かれていますね。
なお、作中の戦いは魔法対魔法でのガチバトルより、相手の裏を掻く頭脳戦のイメージが強いかと。

詳しくは書きませんが、この漫画はかなり面白いです。
特に四巻から五巻(最新刊)に掛けての流れは最高でした。
それまでがまだ作中世界の色んな要素を紹介しつつ物語を進めていたのに対して、この辺りから本格的に物語が動き始めたって感じがするんですよ。
個人的に好きなキャラはキーフリー先生にオルーギオ、魔警団の副団長イースヒース辺りですね。
魔警団の制服と武器のデザインもかなりツボっています。
『とんがり帽子のアトリエ』はおススメですよ。(レビュー調)

 [1039] 錬金士クーリエの話――  投稿者:雪平 ID:fMtViQFwQs
 2019年07月10日(Wed) 07時52分52秒
◆錬金術のシステムB
今回導入した錬金術のシステムには、ユーザーが遊び易くなる為に必要な要素として、一部アイテムの『量産』というものも取り入れています。
これは使用回数の多いアイテムをいちいち一個ずつ作るのは面倒に感じるからですね。
なので消費が多いと予想されるアイテムを、三個ずつ(極一部は五個ずつ)作れるようにしました。
単純に消費する素材の数も個数分増えます。手っ取り早く数を作るか、一個一個地道に作るかの違いですね。

――で、説明するのは簡単でも、案の定内部処理の話は単純な物ではありません。
一応、素材が全て変数管理されているならば
↓のように組めばオッケーなのですが……。

起動条件・調べる
条件1:変数aが3x以上
条件2:変数bが3y以上
内容:量産の錬金術開始。

量産数が五個の場合は3x3yが5x5yになりますね。
これで素材が充足していれば普通の錬金術と同じように量産が使えますし、不足の場合は条件を書かずとも、
頁指定の優先順位が上のイベントより下にする事で『素材が足りない』と判断されて、錬金不可の方のイベントが発生します。

 [1038] 錬金士クーリエの話――  投稿者:雪平 ID:fMtViQFwQs
 2019年07月10日(Wed) 07時52分09秒
しかし条件の中に『アイテムカテゴリ等の素材』を指定している場合、量産の際にはそのアイテムを複数個以上所持している事を確認する必要があります。
でもフェスの仕様ではプレイヤーが所持しているアイテムの個数を調べられない――。そこで雪平は考えました。
「だったら一時的にアイテムを変数にしてみてはどうか?」と。
なのでアイテム変数化の為に、以下の手順で発生するイベントを組みました。

※この例では事前にスイッチ『アイテムチェック1』と『aチェック』がONになっています

@(優先順位最上位。ここで下にある全ての自動実行イベを封印するスイッチを切る)
起動条件:調べる
条件1:スイッチ・アイテムチェック1がON
内容:スイッチ・アイテムチェック1をOFFにする

 ↓

A(優先順位二番目。アイテムの変数化をアイテムが尽きるまで繰り返す)
起動条件:自動実行
条件1:アイテムaを所持
条件2:スイッチ・aチェックがON
内容:アイテムaを1減らす 変数cを1増やす

 ↓

B(優先順位三番目。変数化終了。錬金術に繋ぐ)
起動条件:自動実行
条件1:アイテムaを非所持
条件2:スイッチ・aチェックがON
内容:スイッチ・aチェックをOFFにする

 ↓

C(優先順位六番目。こちらは素材が充足していた場合に起動。不足ならば最下位の駄目なパターンが起動する)
起動条件:自動実行
条件1:変数cが3X以上
条件2:変数bが3y以上
内容:量産の錬金(ry。共通して締めにスイッチ・a返還をONにする

 ↓

 [1037] 錬金士クーリエの話――  投稿者:雪平 ID:fMtViQFwQs
 2019年07月10日(Wed) 07時51分44秒
D(優先順位五番目。アイテムの返還作業。変数cが0になるまで繰り返し)
起動条件:自動実行
条件1:スイッチ・a返還がON
条件2:変数cが1以上
内容:変数cを1減らす アイテムaを1増やす

 ↓

E(優先順位四番目。返還終了。ここで自動実行にて起動する各イベントに蓋をする)
起動条件:自動実行
条件1:スイッチa・返還がON
条件2:変数cが0
内容:スイッチ・アイテムチェック1とaチェックをONにし、a返還をOFFにする

――とまぁ、フェスもツクールも知らない人からしたら何のこっちゃか解らないでしょうが、
このような複雑なイベント連鎖式を組んで、フェスに『アイテム個数の把握』とそれに合わせた『錬金術(量産)の成否判定』を行わせた訳です。
この式を構築するのに数時間掛かりました。上の二つの条件を満たすだけなら割と早く浮かんだのですが、
問題はどんな内容のイベントをどの順番で組めば最適であるかを探るのに時間が掛かりましたね。
最初は無駄が多くてこれの倍ぐらいの手順が仕込まれていたりしました。

錬金士クーリエでは、ノノンの頃の比じゃないぐらい頭を使ってます。
そして思考対象の八割が錬金術システムの構築ですね。
――で、実はまだあるんですよ。このシステム構築に関する話題が……。
それはまた今度にします。

 [1036] 錬金士クーリエの話――  投稿者:雪平 ID:P0gnufFrro
 2019年07月09日(Tue) 04時48分37秒
◆錬金術のシステムA
[1035]の続きなのですが、このゲームでは素材の大半を変数で管理しています。
ですが、全部ではありません。一部の素材は普通にアイテムで登場していますね。
そのままアイテムカテゴリの物も有れば、武器・防具カテゴリに入っていて装備不可という特徴を持つ物も有ります。
PC版のツクールなら装備している物でも素材にする事は容易いのですが、フェスだと仕様により、一度キャラを全裸にしなくてはなりません。
流石にそれはプレイヤーからしたらダル過ぎる……。

話を戻しますが、普通にアイテム等のカテゴリで変数管理されていない素材に関しては、基本的に『一つ使用する』という形で消費されます。
[1035]で語ったように仕様でイベント(錬金術)起動条件が、アイテムを参照する場合『所持』か『非所持』でしか設定出来ない為ですね。
非所持なら錬金術は行えず、所持していれば該当の素材を一つ、消費の対象に選べます。
変数外の素材が使用されている錬金術のイベントだと、
起動条件はこんな感じ↓になってますね。

※これは変数管理と非変数管理の素材が求められる場合の例です
条件1:アイテムAを持っている
条件2:変数aがX以上

条件を両方とも満たせている場合、錬金術で対象のアイテムや装備を作るか否かの選択肢が発生します。

――錬金術システムに関してはまだまだ語りたい事がありますので、また少ししたらここに書くと思います。

 [1035] 錬金士クーリエの話――  投稿者:雪平 ID:dTR5TrMRlI
 2019年07月07日(Sun) 05時14分26秒
◆錬金術のシステム
錬金士クーリエは基本『素材を集めて武器や防具、アイテムを錬金術で作り、物語を進めるゲーム』となっています。
素材は主にダンジョンに落ちているほか、魔物と戦い勝利する事で獲得する事が出来ますね。

――で、PC版のツクールだと簡単に作れる内容だと思うのですが、
フェスだと仕様上の都合により、錬金術のシステム(所謂“合成システム”)を組むのに苦労しました。
まず素材となるアイテムに関してですが、通常だとゲーム側は、
イベントの起動条件を参照する際に、アイテムの『所持』か『非所持』しか確認出来ません。
なので錬金術を行うのに必要な「aというアイテムをX個所持しているか?」なんて事が分からないんです。
その為、まず「aというアイテムを幾つ所持しているか?」を確認するイベントを組む必要があります。
加えて複数の素材を使用する際は、「bというアイテムを幾つ所持しているか?」という確認イベを作成し、
更に「aをX個以上、bをY個以上所持しているか?」を確認するイベも必要になります。
このイベント組みとそれに掛かる容量問題を鑑みて、色々と考えた結果、雪平は大半の素材を『変数』で管理する事に致しました。

フェスでは変数に関しては0〜999999まで管理・確認する事が可能となってます。
これは過去のCSツクールでは不可能だった機能の為、本当にフェスの本領発揮と言える部分ですね。
変数管理だと素材の数の確認作業は必要なくなり、それに伴って大幅にイベント総量も消費容量も削減出来ます。
ただ、変数管理の場合「気軽に素材の個数を調べられない」という問題があります。
素材が『アイテム』ではない為、メニュー画面から覗く事が出来ません。
一応対策は取りましたが、ここはプレイヤー側からすると不便に感じる要素かと思います。

 [1034] 作祭で前とは別の自主コンが開かれています――  投稿者:雪平 ID:dTR5TrMRlI
 2019年07月07日(Sun) 04時50分10秒
順位や点数を競わないコンテストは余り興味がないと言うか、単純に気乗りしないので参加しない――。
以前そんな話を呟きましたが、それでも腕に覚えのあるツクラーさんたちが色んな作品を投稿している訳ですし、
プレイして感想を投稿するだけの立場で雪平も参加し始めました。
当たりも有ればハズレも有る――。感想の投稿は基本当たりの作品だけにするようにしていますね。
流石に全ての作品をプレイする気力はありませんが、前回の自主コンで活躍された方や面白いゲームを作られた方の作品はなるべくプレイして行こうと思っています。

それにしても、クーリエが完成してたら投稿してたかも知れないな……。
何だかんだでSNSをやらずとも感想を貰える場が設けて頂けるのはありがたい話ですし。

 [1033] 錬金士クーリエの話――  投稿者:雪平 ID:u1hxN22xLg
 2019年07月02日(Tue) 19時03分33秒
『修道女ノノン』と違い、あくまで手慰みに作ってるゲームの話題ですので、【ツクール日誌】程の更新頻度はありません。
偶に載せる程度です。

◆シナリオ――
今作の主人公『クーリエ』は『錬金士(=錬金術師)』ですが、一人前ではありません。
高名な師匠の下で日々修業に励む『弟子』であり、一時的に工房の留守を任される所から物語は始まりますね。

この手のゲームによくある展開として、冒頭でクーリエはとある『依頼』を引き受ける事になります。
依頼の内容は“ある物”を“大量”に生産して納品する事。
これはクーリエからすれば決して難しい内容ではないのですが、色々と都合があってすぐには制作・納品が出来ません。
この依頼を進めて行く過程で色々とゲームシステム、世界観などを掴んでもらう予定です。

◆世界観とファフ教――
ノノンから引き続き『ファフ教』が登場していますが、こちらも色々と事情が異なる為、
『聖堂騎士団』がノノンほど玉石混合の激しい組織でなかったり、教区を統治する国との付き合いを話していたりしています。

DIVAを書いていた時もそうですが、やはり世界観の設定を作る瞬間は非常に楽しいですね。
なるべく壮大にしたいと思う反面、細部もしっかり手落ちの無いように作り込みたいと考えてしまいます。

 [1032] 錬金士クーリエ――  投稿者:雪平 ID:QWOFHd2RZU
 2019年07月01日(Mon) 03時31分34秒
↑作祭で作ってます。えぇ、手慰みに作っていた物が段々形になって来てしまいました。
最早作祭を起動する事なんてそうそう無いだろうと、『修道女ノノン』を完成させた頃は思っていたんですけどね。
何だかもう一つだけ……みたいな感じで色々と手を付け始めて、遊びの根幹となるシステムを作って、
適当なマップを拵えてシナリオを考案し始めて――で、気が付けば不思議とそれっぽい形になって来ました。
タイトルの『錬金士』というのは役職名であり、『錬金術師』と同義です。
単に作祭のテキストウィンドウが狭い為、文字数を極力減らした方が良いと考えたからこの名前にしました。

今作も女性主人公ですね。タイトル通り名前は『クーリエ』です。
ほんわか天然系の『ノノン』とはタイプが大きく異なり、冷静かつ分析能力の高い知的なキャラになっています。
一方で人当たりはよく、素材の都合もあって温かい笑顔を浮かべる事も多いです。

作中には『錬金術』が登場する為、装備やアイテムは基本自作する形になります。
また、世界観は『ノノン』から引き継いでおり、ノノンの舞台となったアーク島以外の土地での物語となっていますね。
ガストのアトリエシリーズをリスペクトしている為、主人公のステは低く、攻撃アイテム万歳なバランスになってます。

今のところ完成度は二割ぐらいなのですが、根っこの錬金術システムが完成した為、残りの作業は割と楽になっているはず。
なお今作は中編ぐらいの話になる予定です。

 [1031] 未だにノノンの名前を出してくれる人が居るのは嬉しい――  投稿者:雪平 ID:9aqR5tea1E
 2019年06月21日(Fri) 04時10分32秒
Twitterでふとエゴサをしてみて『修道女ノノン』の名前を発見しました。
呟きの中でポロっと名前が出た程度ではありましたが、これを見つけた時、作者として非常に嬉しかったですね。
誰かの記憶に残っているものを作れた――と言うのは頑張った甲斐がありました。

 [1030] 『ずいっぽいの』の最終回を投稿しました  投稿者:雪平 ID:Gz.gCn2Z.U
 2019年06月12日(Wed) 12時17分11秒
七・八年前まではよく茣蓙を敷いて月見酒もやってたんですけどね。
同じアパートの住民からクレームがついて、以降は茣蓙を敷かずに一人でやってます。
語ってる内容は近況となっておりますが、まぁ、この掲示板を具に読んでる人からすれば新鮮味の無い内容かも知れません。
最後に書いた話だけあって“方言”もとい“自分の口調”に付いてはだいぶ自然な感じで書けました。
この作品を書く上で一番気になっていたのがそこでしたので、それが満足の行く仕上がりになっただけでも嬉しいです。

遅筆で短い作品ではありましたが、『ずいっぽいの』を読んで下さった読者の皆様方に心の底から感謝致します。

 [1029] また掲示板の設定を戻しました  投稿者:雪平 ID:gKBDgq/W8U
 2019年05月26日(Sun) 22時47分06秒
スクリプト荒らしは使われてない古いサイトや掲示板に出没すると言うけど、本当に迷惑極まりないな……。

・DLサイトの表示がまた少し変更されました――
詳細は割愛しますが、また変にレビューを書くのを頑張りたくなる仕様になりましたね。
偶にサークル主様が各々のブログやSNSで返事を書き込んで下さるのが嬉しいものです。
雪平はSNSやらないから見るだけですけども、アレがあると「自分の書いた文章で気分を害されていないか?」という不安が和らぐんですよ。
作品によっては欠点や改善して欲しいと思う部分もそこそこに書いたりしますし。

 [1028] なんだ、この運は……  投稿者:雪平 ID:TMIzvoYKEs
 2019年05月19日(Sun) 06時22分25秒
過福(←禍福じゃないよ)は余り慣れないから、そこそこの幸福と平穏さえあればそれでいいという吉良吉影気質な駄猫ですが、訳あって一正社員の給料一月分ぐらいの臨時収入を得ました。
この収入が入る過程が納得出来ないと言うか、「いやいやいやいやそれはねぇよ!」とツッコミたい感じだったんですよね。
かつて働いていた職場の給料を振り込んでいた銀行口座――。退職後はATMで下ろせる分だけ下ろして放置していたのに、
先日そこに「塩漬けになったお金が有るよ」と通知が来たので、額を確認してみたら「は?」という残高が……。

最初は新手の詐欺や悪戯(通知はがきの偽造とか)も疑いましたが、普通にお金を下ろせましたし、得体の知れない名目でお金を請求されるような目にも(今のところは)遭ってません。
一体何の金だ……? 振込内容を見てもさっぱり解らないし、本当にどこの誰が何の目的で放り込んだのか……?

我ながら天運に奇妙な愛され方をしているとは思っていたけど、流石に今回は『愛されている』のではなく『見放された』気がしました。
何と言うかこう、手切れ金を支払われたんじゃないかと。
来年から天中殺に入るし、いよいよ雪平の死も近い……のか?

 [1027] プロットが20、候補が5、本命が1  投稿者:雪平 ID:QWOFHd2RZU
 2019年05月01日(Wed) 07時39分43秒
件の男性向け音声の台本コンテですが、予想よりも浮かんだプロットの数が多かったですね。
その中で時間を考慮して応募候補に入れたのが五作、本気のアイデアが一作という形となりました。
ここでいう本気とは、コンテの内容的に大賞が取れる可能性が高い物を指します。
個人的には本命よりも自分らしさが反映されていたり、テーマやシナリオの流れとして理想形に近い話もあるのですが、
『台本』というカテゴリ上実現が難しかったり、入れ込み過ぎて僅かな指定(SE・演技等の指示です)の狂いも許せなくなったりする可能性がある為、それらは候補からも外しました。

――大賞だと販売作品化するらしいですけど、作者はどこまで関われるのだろうか?
単純にDLサイトに原稿上げますってだけの事で、以降は作者はクレジットに名前が載るだけで何も関われない可能性も考慮しなきゃならないんですよね。
仮にもし関われるのであれば声優さんとSE素材の指定ぐらいは出来たらいいなと思います。
まず大賞取れやって話ですがね。

GW中は仕事三昧。でも他の方たちと比べたら絶対に労働量は少ない自信がある為、その分筆業に力を入れたいです。

 [1026] 〜夜の領域〜  投稿者:雪平 ID:P0gnufFrro
 2019年04月09日(Tue) 00時40分33秒
アトリエシリーズ、アーランドの系譜の中に登場する採取地の一つに『夜の領域』と言う場所が有ります。
初登場はアーランド一作目、ロロナのアトリエですね。

約十年前にロロナのアトリエでこの場所に到達した時は正直震えました。
とにかくBGMがカッコいい。荘厳な出だしに加えて全体に迫力があり、何処か寂し気な雰囲気も漂う管楽器の音も印象的です。
背景も夜の不気味さと悪夢や宇宙を思わせるデザインのほか、敵も強ければ採取出来る素材も優秀と、物語の終盤を実感させてくれる場所でした。

そしてこの採取地はアーランド二作目のトトリのアトリエでも登場しており、そちらでも相変わらず終盤に行けるポイントとなっているみたいですね。
BGMはロロナ時代のアレンジになっているものの、かなり雰囲気が異なっています。
曲の艶っぽさや妖しさは大いに増しているのですが、一方で迫力はなりを潜めるようになり、印象的だった管楽器の音も聴こえません。
代わりにすこぶる綺麗なピアノの旋律が曲のイメージを決定づけており、ベクトルは異なれど、こちらも非常に良い名曲でした。

そしてルルアのアトリエ――。
この作品でも終盤に夜の領域が登場し、雪平は非常にテンションが上がって採取(とストーリー進行)に向かったものです。
やはりこちらでもロロナ時代から引き継がれている名曲のアレンジとなっており、イメージとしてはロロナとトトリの間ぐらいの勢いと、強い悪夢感、サビで感じる荘厳さが印象的でした。
背景もプラットホームがPS4になっただけあって非常に立体的且つ迫力が有ります(あくまで過去作比ですが……)。
正直色々と感動しますね。アトリエシリーズ自体に熱烈なファン程の思い入れが有る訳ではないとは言え、あのフィールドとBGMだけは毎回物凄く注目していましたから。
雪平にとって『夜の領域』は、アーランドのシリーズで一番好きな採取地であり※BGMです。
※曲のタイトルも一応〜夜の領域〜だったはず

 [1025] ルルアのアトリエ  投稿者:雪平 ID:dTR5TrMRlI
 2019年04月07日(Sun) 05時44分06秒
かなり進めましたが、正直驚きました。
雪平がルルアに手を出したのは、単に主人公がアーランド一作目の主人公『ロロナ』の娘と言う肩書を背負っていた事が理由です。
だからルルアのアトリエでは、最初はロロナで登場したキャラたちのその後が知れるかなぁ〜程度でプレイしていたのですが……。

まずシナリオのコンセプトからして、アーランドの世界観にかなり踏み込んだ内容となっていましたね。
今までは『よく解らない場所』・『不思議な遺物』・『正体不明の敵』と言った感じで、要所要所で大事な部分には踏み込まず、概ねプレイヤーの想像に委ねている要素が多かったのですが、
ルルアではその幾つかに対する答えが用意されており、雪平も十年越しで真実を知る事が出来ました。

いやはや……。普通に驚きますよ。
ロロナをプレイしていた頃は『夜の領域』ってカッコいいなぁ〜とか、『オルトガラクセン』が実質ラスダンかなぁ〜程度にプレイしていたのに、
それがまさか今日(こんにち)に至ってそれらのフィールドがどのような役割・意味を持っていたかを知るなんて……。
他にもパーティメンバーの一人にアーランド二作目の超重要キャラである疑惑(と言うより真実でしょうね)があったり、三作目DLCの裏ボスが本編終盤で登場したり――。
なんてかもう、『トトリ』と『メルル』をプレイしていなかった事が悔やまれます。
『ルルアのアトリエ』は本当にアーランド・シリーズの総決算みたいな内容であり、それ故に雪平もシリーズを順番にプレイして行って、過去作プレイヤーへのファンサービスにしっかりと反応したかったです。

あとやっぱりステ×ロロは正義。
スケさんとロロナは一刻も早く挙式を上げるべき。
娘のルルアは……。王道がオーレルかも知れませんが、雪平は敢えてニコさんを推す!

 [1024] あぁ、まぁ、なんと言うか……うん……。  投稿者:雪平 ID:EwdwxsM0rQ
 2019年04月04日(Thu) 23時52分40秒
少々とある方面でかなり熱の籠った執筆作業をやると思います。
まだプロットが決まった訳ではありませんが、恐らく六月までに三〜五本……多ければ十本は書くんじゃないかと。
一つ一万字少々の内容になる予定ですので、仮に十本書いたらラノベが一冊完成する文量ですね。
現状の『ずいっぽいの』の更新速度を見るに、今の雪平にそんだけのやる気があるのか言われたら苦い顔を浮かべざるを得ませんが――。

今無性に燃えています。
そして燃えている自分を第三者視点で具(つぶさ)に見つめて、「あぁ、この馬鹿は……」と呆れてもいます。
だって、ねぇ……? よりにもよってやる気を出してる動機が、ねぇ……。

DLサイトで男性向けの賞金付き台本コンテストやるってよ。

昨年の末頃は『女性向け』且つ『成人指定』だったから諦めていましたが、今度は『男性向け』で『成人向け、または全年齢向け』となっています。
なので紹介を見た時に「これなら!」と思ったんですよ。
正直に言います。不肖ながらこの駄猫も音声作品を作ってみたいし、コンテがあるなら是非とも参加してみたい。

そして勝ちたい!

そんな欲求が有ります故に、今は変な熱に浮かされて、妙な方向にて燃え上がっています。

 [1023] 色つぶ  投稿者:雪平 ID:T2rNq6..nQ
 2019年04月03日(Wed) 08時56分24秒
@新元号の予想は外れました――
まさかかすりもしないとは……。雪平の予測も大した事ないか……。

A『ロロナのアトリエ』を動画にて見直してます――
下の方で書いた件のアトリエを購入した為、昔プレイしたロロナのアトリエのおさらいをしようかと思い、動画を見始めました。
ゲームでなく動画なのは、随分と昔に売って手元にないからですね。
そうそうあんな感じだった。やっぱりあの長閑な世界観と音楽が非常に好きですし、懐かしい。

……そして当たり前だけど、皆若い。
新作『ルルアのアトリエ』だと、ロロナも推定三十代後半から四十であり、ステルクも四十後半から五十を超えている感じなんですよね。
絵師さんの作風故に結構若めに描かれているとは言え、やはり相応に性格が変化していたり、見た目的にも(特にステルクが)年を取った印象でした。

ロロ×ステが公式化した結果に生まれた子が新作アトリエの主人公『ルルア』かと思ってましたが、どうやら彼女は養子のようです。
ロロナ自身も未婚女性のままのようであり、ステルクとの微妙な距離感を維持した関係も続いている模様――。
個人的には是非ともくっついて欲しい所でありますが、流石にルルアト内で結婚イベとかは用意されてないでしょうねぇ。

Bまた好きな漫画が終わるのか――
いつもの芳文社の雑誌群より、複数の好きな漫画が次号で連載終了となってしまいます。
ただ、入れ替わるように期待の新作も幾つか『フレッシュゲスト』として登場していますので、寂しくも有り嬉しくも有ります。
これで雪平の気に入った漫画が新連載を取ってくれれば万々歳ですが、取れなかったら結構キツイかも……。

 [1022] 新元号は『景安』と予想するが、さて――  投稿者:雪平 ID:QWOFHd2RZU
 2019年04月01日(Mon) 00時27分18秒
平成も終わりましたね。
万愚節・エイプリルフールと元号発表の日が被っているのがジワります。

 [1021] DLサイトの仕様がプチ変更されましたね――  投稿者:雪平 ID:C9bdEhdSgI
 2019年03月29日(Fri) 06時14分10秒
正しくは『DL-Site』でしたか。半年ほど前からカタカナ交じりの表記は全て無くなっているはずです。

それで昨日からか、あのサイトでの各商品へのレビュー掲載の仕様が変更されており、『Pick up』の規定が変わりました。
以前までは『参考になった』と答えた人の数が最多であり、且つ五人以上が参考になったと答えている事――。
加えて回答者が同数の場合は先に投稿されたレビュー“のみ”がPick up対象になるはずでした。
しかし現在では、一作品に付き最大三件までPick upが付くようになり、また参考になったと答えた人の数が五人以上から三人以上に減ってます。
お蔭でかなりの数のレビューがPick up入りしました。

まぁ、だからどうしたと言うのが殆どの人の感想でしょう。
ただ、あのサイトでやたらと多くのレビューを書いている身としては、何だか少し嬉しいと感じる変更だったんですよね。
何て言いますか、今の仕様だったらより自分の書いたレビューが人目に触れやすくなったと言う事ですし、色々と燃えて来る物があるんですよ。

作品へのリスペクトと自己満足が主な動機のレビュー執筆――。
たかが商品のレビューとは言え、ちゃんと中身を精査して、自分なりに感想・感謝・布教の文言を考えるのは楽しいです。

 [1020] ロロナがママになってる……だと!?  投稿者:雪平 ID:dl5.BqE1rI
 2019年03月20日(Wed) 21時26分49秒
有名な錬金工房ゲー(って呼べば良いんですかね? ジャンル呼称的な意味で)である『アトリエシリーズ』ですが、
雪平は唯一PS3版『ロロナのアトリエ 〜アーランドの錬金術師〜』のみプレイした事があります。
初めは一般的なRPGの感覚でプレイしようとしていた為、主人公が絶望的なまでに貧弱で仲間も全員長期戦に向いておらず、ただ一人回復が使えるイクセル君だけを護衛に鉄板採用していたりしましたね。
実際は自分で攻撃アイテムやら回復アイテムを適度に作り、それらを使用してクリアして行くのが基本スタイルだと知って、かなり悔しい思いをした口です。
※(後に、この時の経験が修道女ノノンの序盤爆弾ゲーに繋がっているぐらいです)

それでロロナ以降の作品は全然触っていなかったのですが、同じ世界観で幾つか続編が出ていて、
その中でロロナも『駆け出し錬金術師』から『やり手の先輩錬金術師』に成長したり、『薬で幼女化』したりしていたと言う情報のみは得ていました。
そして本日、新たに発売されたアーランドの系譜の新作で、まさかの主人公がロロナことロロライナ=フリクセルの娘だと知りました。

……まじか。

PS3版をやってた頃はベタベタなロリキャラだけど、非常に好感の持てる良い娘(こ)だと思ってました。
それがいつの間にかママになっていて、娘が主役を張るようになってるだなんて……。
気になるのは旦那が誰であるかと言う点ですが、公式の推し方から察するならやっぱりステルクかなぁ?
無双ゲーでもステルクがロロナ一筋っぽい雰囲気出してたみたいですし、雪平もステルク好きなんですよねぇ。
ロロナのアトリエにおいて、二年目の武闘会だか何だかのイベントで散々煮え湯を飲まされた事は今でも忘れていませんが……。

 [1019] 家の事は落ち着きましたので更新  投稿者:雪平 ID:dl5.BqE1rI
 2019年03月20日(Wed) 04時13分30秒
今回は朝の散歩の話です。ただ、実は最近この散歩に出かけていないんです。
時間を作ろうと思えば多分不可能ではないはずなんですが、そもそもこの散歩は時間を作って出掛けるようなものではありませんでしたし、
本当に心が歩きたくて仕方ないって時に、その日の予定とかもう全然忘れてス〜って出掛けるようなものでした。
昔は多い時で月に十回は出歩いていたはずなんですが、やはり歳のせいか、心に余裕が備わっていないのか――。

段々と文章の感じは掴めている気がします。
一方で『ウチ』の口調は雪平から離れつつありますね。
まぁ、これに関しては特に思う所はなし。投稿前から雪平の口調を完全トレス出来ようが、離れて行こうが特に深くは考えないつもりでしたし。

更新速度は遅いですが、奇特な読者様には今後も『ずいっぽいの』をよろしく御願い致します。

 [1018] また少し次の投稿まで間隔が空くかもです……  投稿者:雪平 ID:6lJ1nGxTy.
 2019年03月16日(Sat) 07時20分07秒
家の事で些かごたつきそうでして、本当に申し訳ねぇ……。

 [1017] 『ずいっぽいの』の解説――上  投稿者:雪平 ID:8q4YLArHJ.
 2019年03月11日(Mon) 02時35分48秒
※文字数の都合で上下に分割しました

『ずいっぽいの』を更新しました。
内容的に結構書いてて辛かったですね。色々思う所もある一方で、何よりも変換が面倒です。
方言に対応していないだけでも厳しい上に、一般的な関西弁とも違いますし、書く時に何度も「発音的にここで『ぃ』を入れるべきか……」みたいな事で悩んだりもします。

以下、解説のような解説でないような『かいせつっぽいの』になります。
(略して『かせつ』)

@この作品の登場人物は基本的に二人です。
語り手である『ウチ』と、そのウチに話し掛けたりしてる『おみゃあさん(『おみゃあさ』とも表記)』の二人です。
どちらもオリジナルのキャラではありますが、『ウチ』に関してはほぼ雪平のアバターですね。
ウチが語っている事も雪平の私生活や言動を概ね文章化しているものです。
とは言え、後述する点などで雪平とシンクロしていない点も多いです。

 [1016] 『ずいっぽいの』の解説――下  投稿者:雪平 ID:8q4YLArHJ.
 2019年03月11日(Mon) 02時35分22秒
A『ウチ』の一人称は「ウチ」ですが、雪平は違います
小学生時代は「ウチ」も使用していました。――が、この頃は『うる星やつら』の再放送が有った為、それを真似たと言われるのが嫌で変更しています。
変更です。矯正と表現しないのは、普通に「僕」とか「俺」でいいのに、何故か「ワシ」で決定するという珍事が発生したからですね。
※『こち亀』の影響かも知れませんが、今となっては自分でも理由を覚えていません。
そして更に歳を重ねた結果、「猫さん」という謎ワードが追加されました。
一人称が「猫さん」な三十代男性は日本広し言えども雪平ぐらいではなかろうか?
ともあれ、現実の雪平はそんな感じなので、ずいっぽいののウチとは一人称が決定的に異なります。

B自分の言語を文字化するのが難しい……
漢字変換抜きにしても普通に難しいです。
自分が普段どんな風に喋っていたかを思い出そうとしたり、文字化するならどんな感じだろうかと考えながら書いたりして、結果どんどん違うものへと変わって行く。
それを矯正しようとアレコレ書き直し続けている事もあってか、所々で言葉遣いがチグハグになってしまっている印象が有りますね……。
この辺もまた続きを書いて行く内に上手く固定化出来るかなとは思いますが、出来なかったらかなり執筆が辛い作品になるかもです。
職場とか家族とか友人知人とか、その場で相対している人によって言葉遣いを変えている弊害がモロに出ていますよ。
まぁ、社会人として状況に合わせて言葉遣いを変えるのは当然の事なのですが、しかし……。

 [1015] 新作投稿〜。  投稿者:雪平 ID:BI2ZA2xLZ2
 2019年03月06日(Wed) 01時33分43秒
二年半振りの新作として『ずいっぽいの』を投稿しました。
概ねあらすじに書いた説明の通りです。まだ一話しか投稿してないので『説明の通りになると思います』が適切かも知れません。
恐らく日本のどこにも存在していない方言になってしまっていると思いますので、読み難いと感じる方も多いかも知れませんね。
関西弁の中の京都弁をベースにした漫画弁――。本当に雪平が現実で使用している言語がこれですからねぇ……。
文字化するに当たって幾つか違和感を感じる内容となりましたので、作中の文と雪平が現実で使用している言語はまた微妙に異なっているかと。

一話の話は大人しくコンビニ行って、そのまま帰宅した事以外は全て事実です。
本当に深夜のコンビニは魔物やね。財布が溶ける。中身がすぐに溶けて行く……。

 [1014] 新しい元号  投稿者:雪平 ID:T2rNq6..nQ
 2019年03月03日(Sun) 03時15分48秒
世間では色々と新しい元号の予測が流行っている模様。
京都市内にあるお店でも、予想を立てて正解者には賞品・賞金が出る催し物が開かれている所があるっぽいです。
なので雪平も一つ予想を立ててみようかと。
恐らく大正・昭和・平成を意味する T・S・H は避けられているでしょうし、基本的に縁起を担ぐ漢字が使われていそうです。
明治に関してはその時代の生まれで今も生きている方が非常に少ない為、イニシャルがMとなるケースは可としていると何らかのニュースで見た記憶があります。
よって自分なりに考えてみて、新しい元号は――

『景安』 これだ!

解答は今年の五月一日だったかな?

 [1013] 色々マズい……  投稿者:雪平 ID:kLUPtEwkww
 2019年02月27日(Wed) 21時35分15秒
今さっきコンビニから帰って来ましたが、頭の中で考え事をしていた所為でうっかり上着を着るのを忘れていました。
外寒い……。チャリで三分ぐらいの距離なのに、コンビニ入るまで上着着てない事に気が付きませんでした……。
色々ヤバい。駄猫、ヤバい。

 [1012] 色つぶ  投稿者:雪平 ID:kLUPtEwkww
 2019年02月27日(Wed) 21時12分12秒
@MVTの悲劇――
最強のCSツクールが誕生するんじゃないかという期待と、いつものかどくわぁだよという疑念。
ユーザーが発売前のRPGツクールMVTに抱いていた感情は大体それらが3:7か2:3ぐらいの割合だったと思います。
少なくともフェスで杜撰な設計や対応をそれなりに見せ付けていたとは言え、DSの悪夢を思えば劇的に改善された方ですし、
今後二度とDSのようなゴミツールが生まれる事は無いと考えている人も多かったかと。
ですが……生まれて来たのは史上最悪の産業廃棄物とも呼べる代物で、その存在たるやクソゲーオブザイヤーでも十年に一度の魔物が出たと騒がれる始末。
そして公式の清々しいまでに酷い対応に、アプデで悪い方向へ進化を続けるなど、色んな意味でこうばしい香りが漂っていますね。
まさかあそこまで酷いツールが販売されるとは……。個人的にアレは腐敗したスパゲティとでも呼んだ方が良い気がします。
複雑且つ乱雑に絡み合ったプログラムコード。即ちスパゲッティコード。
そこにどんな調味料(修正)を加えて行ってももう人が食せる見込みはありません。破棄して作り直しが妥当でしょう。
本当にどうしてあぁなった……。

Aフェスでまた自主コンがあるようですが……
これには参加する気がおきませんでした。SNSやってないからというだけでなく、そもそもコンテストの体を成していないからですね。
懇親会じみたやり取りが嫌いな訳ではありませんが、やはりコンテストを名乗る以上は他者を蹴落とし、自らの力作が頂点を取る事を目指すような内容であって欲しいのですよ。
※ここでいう他者を蹴落とすとは、あくまで実力勝負で勝つ事のみを指します。
なので雪平は不参加ですね。手慰みに作っている物があるとは言え、流石にまともなコンテでも勝てる見込みのない代物ですし。

 [1011] 気分が落ち込んでいる時にゲーム動画を見る――  投稿者:雪平 ID:B4y001Chpo
 2019年02月23日(Sat) 04時43分09秒
疲労とか心労とかで色々とブルーになっている時、自分の好きなゲームの実況動画やプレイ動画を見ると結構活力が湧いてきますね。
特にEDFは愉快な実況者さんが多くて面白いです。
所謂『人外勢』と呼ばれる方たちがスーパープレイを披露するタイプの動画や、PS(プレイヤースキル=ゲームの実力)が人並みでも根気と閃きで難関を突破して行くタイプの動画など、実況者さん同様プレイスタイルも十人十色で本当に視ていて飽きないんですよ。
また、別ゲーではある方のときメモ・シリーズ攻略実況動画にハマりました。
今時珍しい初代のキャラを全員攻略したり、そこからドラマCDシリーズも全てプレイするなどかなりの通好みの内容であり、全て視ましたがアレは本当に良かったですね。
あの動画のお蔭で一部のキャラの魅力やドラマCDの素晴らしさに気付く事が出来ましたし、GS(ガールズサイド)シリーズもプレイしてくれているのでそちらの情報も得ることが出来ました。
まさかGSの爆弾システムが本家と比べてあそこまで怖い仕様だったとは……。守村君の爆弾が爆発した瞬間は実況者さん同様雪平も鳥肌が立ちましたよ……。

肉声やゆっくり音声、字幕と実況・解説のやり方は人それぞれですが、どれも聴いていて楽しいと感じたり、内容が非常に解り易かったりと『そのゲームが好きな人』にとっては本当に見応えのある動画が多いです。
淡々としたプレイ動画もそれはそれで好きなのですが、やはり実況・解説付きのゲーム動画を投稿してくれている方が世に大勢いらっしゃるのは嬉しいですね。
稀にですが、動画を見て購入を悩んでいたゲームを買う決断をしたりします。

 [1010] 従妹の結婚式に出席しました――  投稿者:雪平 ID:ygzIKGdDhE
 2019年02月17日(Sun) 21時30分39秒
入籍自体は一年以上前に行っていたけど、やっぱり式を見ると「結婚したんだなぁ〜」と実感します。
新郎新婦の友人も大阪人が多い為、披露宴の際にはかなりテンション高めでスピーチ中に笑いのネタを仕込んでいる事も多かったですね。
式場で出たワインとシャンペン。使われているぶどうの種類を当てられるか挑戦してみましたが、結果は解りませんでした。
エチケット(ラベル)を見せてもらったりもしたのですが、解ったのはアルコール度数のみ。答え合わせになりゃしねぇ……。

式場が大阪だった故に、雪平も久し振りに京都を出て大阪に向かいましたね。
大阪――。やっぱり京都と違って高い建物が一杯ですし、色々と買い物が捗りそうなお店も多い。
飯屋も上手いし、何だか色んな意味で京都の上位互換と言いますか、京都と発展レベルの違いを見せつけられた気がします。
ただ……個人的に騒がしいのが苦手な性分ですので、自分は大阪よりも京都が好きです。

 [1009] 無題  投稿者:雪平 ID:fMtViQFwQs
 2019年02月10日(Sun) 01時39分24秒
今日行きつけの本屋でラノベコーナーが復活していたのを確認し、嬉しくなって少しだけ立ち読みしました。
それで色々な本の冒頭を掻い摘むような感じで読んでいたのですが、それぞれに綴られている多様な文章の在り方と、
自分の文章を自分なりに固定化出来ず、延々と悩み続ける雪平自身を比べてしまったんですよね。
正解なんてないし、自分の書きたいように書いて行けばそれが一つの正解になるかも知れない。そんな風に考えて肩の力を抜いて筆を執る事も何度も経験しました。
経験しましたが、結局未だに自分の理想とする小説の形が見えて来ない。
それが見えて、自分自身の手で生み出せるようにならなきゃ物書き屋として食って行く事なんて不可能だろうし、
何の因果か、天運の悪戯かで理想形が見えないままプロの物書き屋になったとしても、その先にあるのはきっと自問自答と自虐の連続。そして自分の手で自分の人生に幕引きでしょう。
だからねぇ……。何と言いますかねぇ……。

……。…………。………………。

駄目だ。何も浮かばない……。
とにかくそんな事がありまして、入店時と退店時でえらくテンションに差が出てしまいましたよ。

 [1008] 良い酒は酔いも違うから好き――  投稿者:雪平 ID:P0gnufFrro
 2019年02月09日(Sat) 00時47分52秒
昔は「そんな訳ないだろ」って思ってましたけど、実際に飲むようになると実感します。
やっぱり上等なお酒は悪酔いしませんね。
流石に飲んだ時は酔いますが、比較的早い内にアルコールが抜けると言いますか、後で気分が悪くなったりしないんですよ。
昨日の夜も結構飲みましたが、今朝の段階でほぼアルコールは抜けていました。
アレと同量のアルコールを安物のお酒で摂取していた場合、多分ふらふら〜っとして倒れ込んだり、トイレで吐いたりしていたかと。
※基本的に雪平は酩酊するまで飲みませんが、年二・三回ぐらいで結構な量を飲む時があります

 [1007] 行きつけの本屋が色々と変わってしまった――  投稿者:雪平 ID:T2rNq6..nQ
 2019年02月03日(Sun) 01時47分44秒
京都ブック・コーナーが出来たのは良い事だと思います。
昭和時代の京都市電の写真集や名所巡りの友など、府内府外を問わずに色んな人に地元を愛してもらえる切っ掛けが出来る訳ですし。
漫画が前にも増して充実したのも良い事ですね。やはり中途半端に揃えているよりは、ガッツリと痒い所に手が届くぐらいが理想です。
個人的にはマイナーだけど中身は名作という本が増えた事が一番うれしかったです。

……で、ラノベは?
何でラノベコーナーが無くなってんの?
MF文庫jは何処行ったん? ファミ通文庫が見当たらへんなぁ? スニーカーは? 電撃は? GAGAGAとかHJとかもおまへんなぁ?
……これがまだ改装途中の影響であり、一時的に置き場が無くてBY(バックヤード)行きになっている事を祈ってます。
いや、だって流石にラノベレスは不味いでしょう? メディアワークス文庫みたいな準ラノベだけじゃ全然満足出来ませんよ?
メディアワークス文庫は確かに良い作品多いです。でも時にはもっとはっちゃけて、拙くても勢いとか色気がある作品が読みたいんですよ!? 何で置いてないの!?
もしもこのままラノベコーナーが復活しなかったら……。雪平はその本屋で行っている定期購読を止めるかも知れません。
お子ちゃま感全開の反抗期に突入するかもですよ

 [1006] 悪い意味で気持ち悪い――  投稿者:雪平 ID:PRMFXtMmZ6
 2019年01月30日(Wed) 15時37分57秒
物書きの話ですが、今書いているお話が本当に『気持ち悪い状態』になっています。
一人称視点の小説であり、単純に主人公がゲスいのと、そのゲスが真綿で首を絞められているような状況が長時間続く内容ですね。
完成度としては六割ほど。厄介な事に、文章の“量”だけならば八割は出来ているのですが、
まごう事なき完成している部分と、そうでない部分の落差が激し過ぎるのです。
取り敢えずちゃんと完成している部分に認定されている六割は問題ありません。
胸糞ですが、読み物としては割かしまともに読み耽られる内容になっていると思います。
だが二割の部分……。未完で歪(いびつ)なまま書き進めてしまった部分がとにかく気持ち悪い。
作者の目で見ても読者の目で見ても本当に不快感しかありません。それを払しょくするようなカタルシスもなく、そういう読み物だと割り切るにしても正直稚拙で話にならない。
そもそも、それだと雪平の求めていた完成形には程遠いんです。

これを全削除して新たに書き直そうとしても、実はそれを十数回程繰り返して全部失敗しているんです。
なのでいっそ、完成している部分である六割の方にも手を出して改稿すべきか、むしろこの話は無かった事にすべきかと思い悩んでいますね。
本当に悪い意味で気持ち悪い内容になってしまっています。どうすれば上手く直せるか……。

 [1005] 淡路の玉ねぎか――  投稿者:雪平 ID:C9bdEhdSgI
 2019年01月29日(Tue) 23時57分26秒
今日のテレビ番組で登場していたのですが、基本雪平の家では玉ねぎは淡路島産しか使いません。
安価で販売されている北海道産も見かけるのですが、やっぱり比べてみて辛みがキツイのと甘みが薄いので見劣りしてしまいますね。
自分は淡路の玉ねぎは全国どこでも売っているものだと思っていましたが、もしかして違うのでしょうか?
地元だと普通にスーパーに売っているものが他所の地方だと珍しい物だった、と言うのは多分あるあるなんでしょうけれど、さて――。

 [1004] 年のせいかねぇ……  投稿者:雪平 ID:C9bdEhdSgI
 2019年01月29日(Tue) 00時40分34秒
突然体の力が抜けて立つのもやっとの状態になったり、ふぅ……っと意識が遠のきそうになったりします。
単純に血の巡り方がおかしくなっただけかなとも思ったりするのですが、なにぶん運動不足の上に睡眠も食事も不規則ですからね。
いつ体を壊してもおかしくないかなとも思うんですよ。

なので最近、週二くらいで深夜に走るようにしました。
距離でいえば1km足らずで「全然走ってねぇじゃん!?」なレベルなのですが、それも体調次第で伸ばして行こうかと思います。
なお、昔は女子と本気で競争して負けるレベルでした。短距離も長距離も、です。
小学生の頃は腕相撲ですら(う、頭が……!!)

 [1003] ナルシズムフェイタリティ  投稿者:雪平 ID:B4y001Chpo
 2019年01月23日(Wed) 00時05分26秒
今はもうやっていませんが、雪平は昔、自分が何かしらの媒体で知った言葉や文章を携帯のメール(事実上メモ)に記録していた時期がありました。
例えば漫画やゲームで「あぁ、この台詞良いな」と思ったり、小説で「この表現良いな」と感じた文章を、忘れないように残していたんです。

それで昨日、仕事の休憩時間中にふと今まで書いて来た言葉や文を眺めてみました。
どれも記録していただけあって雪平の琴線に触れる物ばかりでしたし、出典も記載してあったので元ネタに関する思い出とかも蘇りましたね。
――で、その中に特に共感出来る内容の物を見付けまして、出典は何だろう(と言うか「何だっただろう」)と思い、そのまま画面を下げて調べてみたんです。
※先に言葉や文章を書き、その下に出典を記載していました。
見たら『進藤雪平』って書いてありました。

・・・・・・。

本気でドつきたくなりました……。
まさか自分で思い付いた文面を書いて、それを忘れた頃に読んで物凄く共感する……どころか感銘を受けすらするなんて……。
あのメモ自体は作祭に触り始めた頃から付けるのを止めていただけに、本当に何が元ネタで、そもそも自分の思い付いた文も一緒に書き込んでいたとかも完全に忘れていたんです。
自己陶酔型ではないけれど、絶対に痛い自画自賛系ナルシズムを無意識に発揮してしまい、本当に一瞬前の自分をドつきたくなりました……。

 [1002] むむむ……  投稿者:雪平 ID:9aqR5tea1E
 2019年01月21日(Mon) 02時11分09秒
筆が進まない……。書きたい事は決まっているのに、書くと何故か納得出来ない。
頭の中で文章を浮かべている内は良いんですが、実際に書いて読み直すと「何だこりゃ!?」になるんです。
物書き屋あるある。

 [1001] 色つぶ  投稿者:雪平 ID:6lJ1nGxTy.
 2019年01月16日(Wed) 23時14分41秒
〇そこそこ思い入れのあった百人一首が何処かへ行ってしまいました……
小学生時代、雪平の通っていた学校と言いますか、高学年時に雪平が居たクラスでは百人一首を教えられていたんですよ。
道徳の授業でしたが、実質各々の担任の先生が自分の教えたい事を教える感じになっていましたね。
それで、雪平のクラスの担任は文学好きだった事もあってか、朗読や札遊びがそのまま授業に組み込まれていたんです。
毎回クラス内で百人一首大会も開かれてましたし、順位付けもあって、当時の雪平は懸命に全句を覚えようとしていました。
その時に購入した小倉百人一首――。確か3000円ほどする高価な品物でした。
当時は結局十数種までしか暗記出来ず、最近になってふとそれが何処行ったのかと気になった為に家の中を探してみましたが、終ぞ見つかりませんでした。
思い付く所はあらかた探しましたし、記憶の限りだと二十歳の頃にはまだ確実に持っていたはずなんですが……。
もしかしたら色々と持ち物を整理する時に捨ててしまったのかも知れません。
だとしたら非常に残念です……。当時はともかくとして、今はそれなりに物の価値が解るようになっていますし……。

〇PS4のコントローラーさんが……
まだ購入して半年も経っていないのにいきなり壊れかけてます……orz
ボタンのスプリングが弱っていたのか、ボタンを押してもすぐには戻らず、引っ掛かった感じで後から浮くようになってるんですよね。
PS3以降のコントローラーは新作ゲームが一本買える値段なんですが……。
万が一に備えてHORIパッドの購入も検討していますけれども、正直純正品じゃないとFPS系のシビアな操作を要求される場面が辛いです。
せめて今やっているゲームがシミュレーション系だったら問題なかったのに……。

 [1000] [999]に付記  投稿者:雪平 ID:Jy2nz7iOx2
 2019年01月14日(Mon) 01時05分20秒
[999]で阿澄佳奈さんと加藤英美里さんの演技にケチを付けているような文面を投稿していますが、決して御二人の事をdisっているつもりはないです。
今回はあくまで雪平が率直に感じた事や思った事を書いただけであり、御二人に対して悪意や失望感を抱いているなどという事は決してありません。
どちらも雪平の好きな声優さんですし、リスペクト精神も持っています。
あくまで[999]は、『音声作品と言う媒体にて御二人の声と演技を耳にした結果、そう思った』という感想の呟きです。

ただまぁ、見る人が見れば礼を失する内容に見えるかとも思いますので、不意に自己判断でこの書き込みと一緒に削除するかも知れません。
ネットは自由に何でも書き込める場所ですが、書く内容に付いては自分らしさを表現しつつも、周りの反応も気に留めて選んで行きたいと思います。

 [999] ビックリしたぁ……  投稿者:雪平 ID:Jy2nz7iOx2
 2019年01月14日(Mon) 00時25分41秒
DLサイトで新作一覧を覗いていましたら、よくある全年齢向け癒し系音声作品の中に『cv阿澄佳奈』と『cv加藤英美里』の文字を発見。
無料の作品であり、見付けた時は「え……?」となりましたが、試しにDLして鑑賞してみたところ、どちらも御本人の御声っぽいです。
※(最初は名前詐欺を疑っていました)

ただなんだろう……。
餅は餅屋じゃないですけど、アニメの声優さんだとどうもこう……聴いててモヤっとする部分がありました。
音声作品の収録に慣れている声優さんたちと違って、微妙に吐息とかが雑っぽく聴こえてしまう瞬間があるんですよね。
あくまで『吐息』も作品の売りの一つである以上、それが入っている事自体は何ら不思議ではないのですが、
基本的にそれが入る事がNGなお仕事をされている方たちと、それを入れる事が重要なお仕事をされている方たちでは、
本領を発揮される舞台が違うのかな――と。そのように感じてしまった訳なんですよ。

とは言え今後も有名なアニメ声優さんの全年齢向け音声作品が出るのであれば、それは非常に嬉しい話です。
優良無料問わず、幾つか『○○さんの声で音声作品を聴きたい』という願望は有りますし、それが叶うのであれば何も言う事はありません。
特に、雪平が十数年前に声優さんに興味を持つ切っ掛けとなった“あの方”の音声とかが販売されたら、例え1600円(税別)の強気価格でも購入してしまうかと。

 [998] 音声作品周りに関する話で色つぶ――  投稿者:雪平 ID:Kzj33a1IAQ
 2019年01月08日(Tue) 01時05分54秒
〇ASMR――
『ASMR』の明確な定義は不明ですが、主に生活音や作業音の音源を纏めたもの、またはそれらを主とする音声作品の事をASMRと雪平は思っています。
例えば『包丁でまな板を叩く音』とか『ハサミで紙を切る音』、有名な所では『※耳かき』なんかもASMRの一種ですね。
※(人によっては結構意見が分かれるかも知れません)
世の中にはこのASMRを扱う音声作品も結構販売されていて、個人的に好きなのが珈琲を淹れる音なんですよ。
豆を挽く段階からカップに注がれてテーブルに出されるまでの音――。
これらが一つの物語の中に詰まった音声作品を一年以上前かに購入していまして、定期的に耳にしています。
あぁ言うのは妙に聴いてて心が落ち着きますし、集中力も増す気がするんですよね。
特にカップに珈琲が注がれる瞬間が非常に好きです。

〇音声作品で少し血迷い掛けました――
既に締め切りは過ぎていますが、過去にDLサイトで開かれていた
『乙女向け同人音声作品の台本コンテスト』と言うのに出てみようかと考えた事がありました。
正直ギリギリまで悩んでいましたね。最終的に『成人向け』・『エロ必須』の条件が大きな障害となり、見送る事になりました。
自分の書いた脚本台本で女の子(成人)をときめかせられるなんて自惚れた事は思っていませんが、
『音声作品の台本を書く』と言う事には無性に惹かれるものがあったんですよ。
仮に『全年齢向け』だったら絶対参加していました。
賞金とか名誉はどうでも良いから、一度真剣に台本書きをやって見たかったのです。
本当にエロ無しだったらなぁ……。

なお、女性向け音声でエロ有りで台本を書くならば――と言う事で、決して原稿案を考えなかった訳ではありません。
ただ実際に女性成人向け音声を耳にした事がない為、果たしてその案がまともだったのか、キチガっていたのかは不明です。
客観的に見る限りはまともな気もするのですが、うーむ……。
乙女ゲーはプレイ&コンプした事があるけど、音声だとやっぱり色々と台本脚本の感じも変わるのかなぁ?

 [997] エゴサーチをして知った事――  投稿者:雪平 ID:T2rNq6..nQ
 2019年01月03日(Thu) 23時34分25秒
昨年にTwitterで『修道女ノノン』の感想を探していた時の出来事でした。
作祭のオンライン上における雪平のニックネームは『黒淡雪』に設定しているのですが、
この名前はDLサイトでレビューを投稿する際のアカウントに付けられているニックネームと同じです。
なので修道女ノノンの感想を探す過程で、幾つか『レビュアーとしての黒淡雪』に関する呟きも発見出来たんですよ。
基本的に各サークル様がお礼や感謝を述べていたり、レビューで指摘した部分の変更や修正を検討している旨を報告していたりといった感じの内容でした。

――で、その中で一つ強烈に驚いたのが、同人音声界で自分が一番好きな声優さんが、
「“黒淡雪”の読み方を教えて欲しい」・「今度生放送ラジオで話題の一つにしたいんです」と呟かれていた事です。
一昨年の一月だか二月だかの呟きでした。「もしもここを覗かれていましたら……」と前置きされていましたので、ダメ元の質問だったぽいです。
まぁ……『別の黒淡雪』の可能性も無きにしも非ずですが、その頃は既にその方の技量や演じられたキャラに対しての賛美を
相当行っていましたし、更にその方主催のサークル様の商品にもレビューを書いていました。
なので恐らく、それは雪平の別名義である『黒淡雪』に対して呟かれていたんだろうなぁと感じ、
当時はSNSチェックすらした事がなかったから、返答も出来ずに放置していたんだなぁと知って無性にやりきれなくなりました。
あの時もしも雪平がTwitterをやっていて、その方の質問に回答を出せていたら、一体ラジオでどんな話をされていたのか。
今や答を知る術もなく、無念ですね……。

 [996] あけたのう――。  投稿者:雪平 ID:QWOFHd2RZU
 2019年01月01日(Tue) 00時19分31秒
2018年も終わってもうたか。時が経つのは早いもんじゃて。
気付けば雪平も三十歳か。身も心も老いて錆びるには充分じゃが、まだまだ芯まで腐るには若過ぎる。
ゲーム作りも無事に終わり、色々と区切りが付いた。今年はしかと物書き業に勤しみたいもんじゃわい。

普段はこんな口調で話す事もある雪平ですが、皆さま今年もよろしくお願い致します。

 [995] 色つぶ  投稿者:雪平 ID:PRMFXtMmZ6
 2018年12月30日(Sun) 23時35分06秒
〇やっぱり、色々と勘ぐってしまうなぁ……
まんがタイムきららCaratで連載していた作品が、突然先月号の内容を最終話という事にして打ち切りになりました。
少なくとも作者の病気やケガではないようですが、何かしら芳文社と揉める事でもあったのかと……。
好きな漫画だっただけに、急な打ち切りはショックです。

〇『異世界拷問姫』のコスチュームデザイン――
綾里けいし先生の作品『異世界拷問姫』に登場する一部の女性たちは、とても個性的なファッションをしています。
絵師さんは『ボンテージドレス』と呼んでいましたが、平たく言ってしまえば“ベルト”ですね。
秘部を覆う部分がベルトだけの衣装であり、布生地は基本的にスカートの部分しかありません。
そのスカートも、とあるキャラはクリノリンで前開きというかなりロックなスタイルです。
それで、どうやら絵師さんは露出の多い衣装が余りお好きでないみたいですが、このボンテージドレスに関しては結構惹かれるものがあったみたいです。
露出は多いし、エロいと言えば十分エロいデザインなのですが、それ以上に格好良いし、耽美で綺麗と言う感想が出て来るんじゃないかと。
雪平もあぁ言うデザインの衣装は好きですね。現実非現実を問わず、あの手の衣装が似合う女性にも一種の羨望と敬意を抱きます。

 [994] 色つぶ  投稿者:雪平 ID:C9bdEhdSgI
 2018年12月29日(Sat) 23時53分34秒
〇『少女不十分』の主人公――
西尾維新先生の小説『少女不十分』に登場する主人公ですが、何だか最初は、読んでいて妙に自分と似ている所があるなと思いました。
親近感は湧いてません。アレで親近感が湧くなら、多分「全然似ていない」が正解だと思います。
どこがどう似ているのかと言うと、本当に色々ですね。
全てがそっくりな訳じゃなく、むしろ真逆や相当ズレている部分も多いのに、あのキャラは雪平にとても似ていました。
そして物語が進めば進むほど、全く違うモノだと理解して行くし、させられて行く。
もしも最後までそっくりだったなと感じたならば、恐らくあの本を特別大事に本棚に仕舞っていたと思います。
しかし実際はそうではなかったので、普通に大事に本棚に仕舞っています。

〇今年ももうすぐ終わりか――
あと少しで30歳。天中殺が迫っています……。
体の具合は今年で一気に悪くなりましたが、一方で『修道女ノノン』を完成させられた事は非常に大きな出来事でした。
あのゲームを完成させて、自主コンに参加出来て、たくさん感想を貰えた事は本当に嬉しかったですね。
だから来年はもっと、あのゲームを完成させた意義があったと思える年にしたいです。
あのゲームで得た経験値は可能な限り、自分に必要な物に活かして行きたい――。

 [993] 制度変更で実質一筆40円か……  投稿者:雪平 ID:gKBDgq/W8U
 2018年12月26日(Wed) 19時09分09秒
少し前より、DLSiteにてレビュー投稿時のポイント取得に関する仕様が変更されました。
この変更ですが、前々告知が無かったので雪平を含めて殆どが気付いていなかったんですよね。
でも登録ユーザーとしては嬉しい変更です。
今までは300円以上の商品を購入した場合に限り、レビュー投稿でポイントを取得出来ていたのが、今後は1円以上になったっぽいです。
(0円商品に関しては試した事がないので解りません)

最初にこの仕様変更に気付いたと言いますか、違和感を覚えたのがとある100円の同人誌(全年齢向け)のレビューを書いた時です。
何故かポイントが増えている気がして、「別のレビューのポイントかな?」とも思ったのですが、
その後も似たような事が起きた為、試しに10円作品を青田買いして片っ端からレビューを入れてみました。
結果、ちゃんと書いた分だけ50円分のポイントが貰えていましたね。実質+40円です。
更に作品毎に投稿されているレビューの合計数が3個未満の場合は追加50点、
販売日から一週間以内の場合も追加50点の仕様も適用されていますね。
商品を買えば買う程ポイントがたまる。そのポイントで新たに商品を買って(以下ループ)

現在はこれに気付いた人がそこそこ居るようで、急激に二桁代のお値段の作品の購入&レビュー投稿が進んでいます。
雪平もポイント稼ぎはしたい気もするんですが、やっぱり対価として支払う『時間』を思うと、そこまで乗り気になれない気もする。
タイムイズマネー。ポイントと自己満足と商品獲得に対して時間と労力を天秤に掛けた場合、皿はどちらに傾くのか。
商品・作品によるだろうなぁ。

 [992] 補足  投稿者:雪平 ID:B4y001Chpo
 2018年12月23日(Sun) 07時33分54秒
[991]で書いた『無難』の意味は、せっかく本を纏め買いするのに一切冒険していないって事ですね。
作者の名前や、そもそも元から読んでいる作品の続巻であるなど、普通に外れる事がない選択肢ばかりです。
もっとお金に余裕が有ったなら、冒険して『作者の技量不詳&絵師の名前だけで売れそうな本』とか、
『表紙からして絵が死んでいる(=画集としての価値すら危うい)本』とか購入していたんでしょうけれども。

数年前はそうした本も普通にターゲットに入れていました。
ですが色々と老いたと言うか、保守的な思考になってしまったと言うか……。

 [991] 面白い小説を読んでいる時のこの高揚感よ!  投稿者:雪平 ID:B4y001Chpo
 2018年12月23日(Sun) 07時26分54秒
綾里けいし先生の異世界拷問姫――。
西尾維新御大の少女不十分――。
峰守ひろかず先生の六道先生(以下略)――。
川口士先生の魔弾の王と戦姫――。

雪平の中ではどれも無難なタイトルばかりですが、やっぱり当たりの小説を読んでいる時はとても気分が良いです。
長らく落ち着いて小説を読む機会が少なかった事もあり、二日ほど前から上記のタイトルを一気に購読しましたが、全て面白かったですね。
特に六道先生(以下略)に関しては、今まで峰守先生の本を色々と読んで来た経験もあってか、タイトルだけで作中の重要な秘密に気付けたのが嬉しかったです。
陰陽課(同作者様の別作品の略称)の時はまんまとミスリードに引っ掛かりましたが、今回は読む前から一つのキーワードを浮かべていて、
作中にチラッとその単語が出た時に「ああコレ伏線だな」と目星を付ける事が出来ました。
そして、自分が予想した通りの結果だった事に驚きつつもガッツポーズです。
断じて推理小説ではありませんが、こういう予想が当たると非常に嬉しいんですよ。

 [990] 万の字を消す事も久し振りな気がする  投稿者:雪平 ID:mxwGGgN8mo
 2018年12月18日(Tue) 22時34分48秒
ただ今物書き活動中。
昨日から書いていた物に納得が行かず、万の字を消してまたやり直しています。
文章が納得行かない。ゲーム作りを経て少しはマシになりましたが、それでもまだ何か……変だ。
むぅ、せめてスラスラと頭に入るようにリズムを刻みたいが、ままならないなぁ……。

 [989] ホライゾン、映画化とかしないかなぁ……  投稿者:雪平 ID:ygzIKGdDhE
 2018年12月17日(Mon) 21時59分40秒
基本SF嫌いの雪平でも、あぁ言う作品は物凄く心動かされたし、ゲーム以外の媒体でも触れてみたいと言う欲求があります。
一つの映像作品として見た場合、あのゲームの良い所は過去・現代において主要な登場人物のキャラが立っている事や、様々な部族・団体・企業の従業員たちに善も悪も混ざっていること。
加えて考えが一方向に偏っているグループも多いけれど、そこに疑問を持つ人が必ず居る事ですね。
視ている側の人間はほぼいずれかの主義思想に同調出来ますし、反対意見などに対しても、その理屈や理論に目と耳を傾け易いです。
主人公出身のノラ族は一見凄まじい宗教観念と差別意識があるようにも思えますが、それ故に掟や教えに逆らって主人公に協力する側の人間の魅力が深まりますし、
一方で主人公を非難する側にも悪意を持って接する者とそうでない者が居る為、それぞれに対するヘイトの度合いが大いに異なります。
何て言いますか、本当に現実感があると言うか……とにかくあの世界で生きている感が凄いんですよ。
だから主人公の視点で物語を進めて行っても非常に壮大なストーリーに感じますし、それでいて他のキャラたちの御話も非常に気になる。
主人公アーロイの育ての親ロストの報復劇や、Zero Dawn計画に携わったアルファたちの話。
大国カージャの動乱に、知識欲の権化サイレンスなど、とにかく気になるストーリーが非常に多い。
惜しむらくは一部の邦訳がかなりおかしい事と、洋画特有の次回作への伏線を残して終焉(エンディング)であること。
少なくとも現状DLCで追加ストーリーは配信されなさそうですし、『2』が出るとしてもあと何年後になってしまうのか……。

 [988] みゃふ、微妙な速度だ  投稿者:雪平 ID:ygzIKGdDhE
 2018年12月17日(Mon) 06時23分36秒
ちょびちょびと書き進めているこちらに投稿する為の作品。
進捗率としては残念ながら牛歩どころか貝に近いです。見ている限りだと移動しているのかすら解らないレベル。
ただ、書いている時の心情としては一・二年前よりもずっと楽かも知れません。
変に力が入り過ぎる事も無く、同じところを行き来し続ける事も(今のところは)ないですし。
来年の三月頃までには、ここに一つ投稿したい所なんですけれども、まだ脳内でしっかりと予測が立てられていないので、実現出来るかどうかが微妙だ……。

 [987] ホライゾンがヤベェよ……  投稿者:雪平 ID:Jy2nz7iOx2
 2018年12月14日(Fri) 23時21分55秒
ここ暫くずっと『Horizon Zero Dawn』で遊んでいました。
もうとにかく感動しかしていません。
ゲーム性がヤベェって話は[986]でも触れましたが、それ抜きでもシナリオ作りが最高です。

購入前――最初は一度文明が死滅した世界の中で、機械の獣を狩って日々を過ごす『狩りゲー』かと思っていました。
ですが、主人公アーロイ(女性)の報復の物語でもあったり、自らの出生の秘密や、一度文明が崩壊した理由を探る話でもあります。

この中で、特に文明崩壊の経緯を探る部分が非常に熱い。
各地に散らばるログを集めたり、崩壊に関与した企業(海外ドラマ定番の暗黒メガコーポ)の秘密や、
世界と人類が築き上げた文明叡智を残す為に行われた『Zero Dawn計画』の全貌とその顛末に触れて行く――。
全てを少しずつ理解して行き、そこに隠された人間ドラマを知る毎にひたすら胸が熱くなります。
本当に名作映画を観ているような感覚でした。
話の筋は概ね予想が付いても決して目が離せないレベルで面白い『王道の中の王道』っぷり。
そこに最高水準のグラフィックとゲーム性が加われば鬼に金棒です。
本当にここまで素晴らしいゲームをプレイ出来た事は非常に嬉しかったですね。
エンディングでアーロイがある人物の遺体を発見し、その場所に咲いていた天然の花壇の形を見て、
あるキーアイテム群の存在理由が解るようになっていると言うのも憎い演出です。

ホライゾンは最高でした。最高に素晴らしいゲームでした。
出来れば国産の最新ゲームでも、あれぐらい感動を覚える神作が発売されてくれると良いのですが……。

 [986] ゲームの話を色々と――  投稿者:雪平 ID:Kzj33a1IAQ
 2018年12月08日(Sat) 00時42分36秒
先日PS4proを購入しましたので、色々と遊べるゲームの幅が広がりました。
なのでちょこっとその話をして行こうかと。

〇地球防衛軍4.1で初めて『いきなりINF』に挑戦してます――
武器も体力も全くの初期状態にて、いきなり難易度を最高難度のINFERNOに設定し、
各ミッションを1から順番に、戻り稼ぎなしでクリアして行く遊び方。
それが地球防衛軍名物『いきなりINF』です。
今回これを、一番オーソドックスな兵科である陸戦兵『レンジャー』で挑戦してみました。
最初のミッションはまぁ……安置でちまちまアサルトライフルを撃ち続けるだけの作業で楽々クリアです。
と言うか、これ以外の方法でクリアされた方が居ない……。
物量が壊れ過ぎていて、これ以外でクリアする方法が未だに発見されていないと言う……。
その後は何度も苦戦しつつも順当にミッションをクリアして行き、現在ミッション17『谷に潜む影』で詰んでいます。
礼賛2が有るんだから、これぐらい出来なきゃ話にならないってのに……。
自分のPSの低さが憎い……。

〇遂に『ホライゾン ゼロ ダウン』を購入しました――
DLC全て入ってるコンプリート版です。電気屋のテレビで初めてゲーム画面を見た瞬間、一目惚れした神作でした。
正直まだレベル7で全然シナリオが進んでいないですが、本当にグラフィックが凄い。
まるで映画の中を駆け抜けているよう――と言う感想も頷けます。
マジでグラが綺麗過ぎる上に、ゲームとしてもかなり遊んでいて楽しいです。
とにかく主人公の『狩人感』が凄い。野生動物や機械獣を相手に狩りをするのもそうですが、道具を拾い集めた木の枝や剥ぎ取った素材で消耗品を作成し、それを使ってまた新たな獲物を狩って行く。
敵も敵で群れを成して行動し、グループ内で各々が役割を持っている奴も居ますので、まともに突っ込んでも一筋縄では勝てません。
事前に複数個所に罠を張って順番に引っ掛けて行ったり、草むらからこっそり近付いて一頭ずつ仕留めたりと、とにかく『狩人生活満喫してる感』が半端ないんです

 [985] あうぅ……。何か書かないと落ち着かない……。  投稿者:雪平 ID:T2rNq6..nQ
 2018年12月03日(Mon) 02時40分29秒
これも一種の中毒なのか、自己顕示欲とかを拗らせたら発症するタイプの精神病みたいなものなのか……。
偶に数日程空きが生まれる時期も有ったとは言え、毎日のように【ツクール日誌】を書いていた為に感覚が……脳の切り替えが出来ていないです。
そもそも、あの日誌自体は個人的に結構楽しんで書いていた事もあって、変に喪失感があるんですよね。
出来ればあぁ言う感じで色々と別の日誌でも書いていたいと思うんですよ。
でも、今さらフェスでの活動を書く気にはなれないし、
かと言ってSNSのような呟きに関しても、今は何かしら話題がある訳じゃない。

駄目だ……。何か色々と狂ってる……。
思考も感覚もチグハグで上手く説明出来ないけど、狂ってる……。
物書き活動は既に再開していますが、決して小まめに報告するようなモノではないし……。
うぅむ……。

 [984] 【ツクール日誌】もおしまいですね  投稿者:雪平 ID:u1hxN22xLg
 2018年12月02日(Sun) 06時55分44秒
何だか、長い事ツクール日誌を書いていたからか、日誌を書かない事に違和感を感じる。
思えばどんだけ書いて来たんだろう? 重複もかなり多かったとは思うけれど、Vor600〜700ぐらいはあったんだろうか?
別に書こうと思えばまだ書ける事もあるんですが、流石にもう書く必要も無いかと思っています。
今作っている作品に関しても、仕事の休憩中の手慰み程度のものですし、ここに進捗を書いて報告するような事はなさそうなので――。

取り敢えず今気になる事があるとすれば、ニコ動でフェスのプレイ動画を上げていた人が活動を再開し、自主コンの参加作品をプレイし始めた事ですね。
上手く行けば……望み薄だけどもしかしたら、いつの日か修道女ノノンもプレイしてもらえるかも知れない。
それだけ期待しておきます。

 [983] 【ツクール日誌】  投稿者:雪平 ID:PRMFXtMmZ6
 2018年11月30日(Fri) 00時37分50秒
◆現代物のホラー素材か――
使ってみるとかなり難しいですね。今までの主軸だったファンタジー素材と違って、テーブルや窓、ベッドにドアなどのチップ数が異なるのが大分馴染みません。
ファンタジーだとテーブルは三マスが基本であり、左端・中・右端と言った感じで用意されているから好きなだけ伸ばせたのですが、
DS系列の素材はどれも左端・右端で長さが固定になってしまうのです。
なのでファンタジーと混ぜても良いかと思いましたが、明度の違いで違和感が非常に強く、
なるべくこの制約の中でマップを作って行く必要がありそうです。

おかしい……。気楽に作ろうとしていたはずなのに、どうしてこうなる……。

 [982] 色つぶ  投稿者:雪平 ID:rm.d30AUS2
 2018年11月28日(Wed) 23時40分24秒
〇まんがタイムきららMAXで春雨さんの新作が――!!
あの人の前作好きだったから非常に嬉しい。ネタもそうだけど絵が可愛いからなぁ。

〇MVTは毎日欠かさずネタを提供してくれてますね――
今度ははてブロで報告か……。本当にどんな会社だ……。
ますますもってげーせん18とテトラテックのアレを思い出すな……。

◆何故かまたフェスを起動し、作り始める――
自主コンに出た所為か、変な欲が出て来たっぽいです。
何もわからない状況から様々な問題と戦いつつ作ったノノンと違って、
今度は結構な知識と経験を積んだ状態で、比較的楽に作れる内容の物を一本仕上げてみようかと思いました。
MVTは買わないし触らない。アレはもう駄目だ。
取り敢えず上手く出来るかは不明ですが、現代ホラー素材中心の徘徊ゲーを作ってみようかと。
それで、そこに没にした小説のネタも一部挿入して行こうかと思います。
恐らく修道女ノノンよりは簡単で、雪平色の濃い内容になりそうですね。

 [981] 【ツクール日誌】  投稿者:雪平 ID:kLUPtEwkww
 2018年11月27日(Tue) 01時12分30秒
◆修道女ノノンの戦績――
・ストーリー部門6票で6位(9位と言うのは間違いでした)
・RPG部門9票で6位
・総合21票で13位

但し作者希望によりブラインドスコアとなっている作品もありますので、もしかすると実際はこの結果よりも下かも知れません。
RPG部門はベスト3に入りたかったし、賞を取りたかったのですが、やはり投稿時期と競合相手が悪かったか……。

◆二度目の★1爆撃を受けるも、二度目の復活を果たしてますね――
コンテ投稿の際にもありましたが、同時期にオンラインに投稿された作品を狙って★1を付ける愉快犯が居ました。
それが公開版投稿時にも現れ(予想はしていましたが)、案の定投稿から数時間経たずして評価が★1になっていたのです。
しかし、コンテ投稿版が数日掛けて★を獲得して行ったように、修正版も先程チェックしたら★4まで回復していましたね。
ひとまずこれで安心です。何となく察してくれる人は多いと思うのですが、やはりDLの際に★の数を見て躊躇う人も一定数は居るでしょうし。
★4ならば「試しにやってみよう」気分でDLされる事もそれなりにあるでしょう。

制作時間と消費容量見て積まれたまま別作品に消される可能性も大いに有りますが……。
(読書に例えると、京極夏彦先生の分厚い本を一気読みしろと言われるレベルのプレッシャーがあるかと思います)

 [980] 【ツクール日誌】  投稿者:雪平 ID:m2mPQHDo76
 2018年11月25日(Sun) 21時54分33秒
◆修道女ノノンの公開版を投稿しています――
幾つか修正・変更されている部分もありますので、
自主コンサイトに投稿したもののコピペになりますが、こちらにも載っけときます。

修正内容
@報告のあったものを中心に幾つかの不具合を修正
A誤字脱字の修正
B『祝福』を受けたノノンの技から『破邪の霊気(全体全状態異常回復魔法)』を削除
 (これは元々、ノノンが覚える予定はありませんでした……orz)
C武具・アイテム等の一部説明文の歪(いびつ)な空白を修正

変更内容

@アイテム『聖水』の売買価格を半額にしました
A最終加入する仲間の魔力初期値を3から4に上昇させています
B極一部のモンスターのデータを変更しています
 (殆ど実感が湧かない程度の修正です)
C武具名等の例外を除き、ルビの枠を<>から()に変更しました
D修正も含めて極一部のテキストを書き換えています
E極めて僅かにモブが増えました
 (例の一つとして、雪の街でセーブポイントが解りにくいとの声を頂きましたので、教えてくれる吟遊詩人を追加しています)
F最初の『試練』で初見殺しとなっている部分に警告を入れました
Gアイシア地方のエンカウントグループの一つを変更
 『ドラコウォーリア×1 魔族の戦士×2』を『魔族の戦士×2』に変更しています
 到達直後に遭遇した場合の予想全滅率の高さが変更の理由です

なお、修正前の自主コン投稿版は引き続き作品頁のID入力でDL可能となっています。
(自主コン版はバグ利用による無限金策が行えるほか、上記の修正が施されていない分、総合的な難易度が公開版よりも難しめとなっています)

 [979] 自主コンのサイトで参加作品の紹介動画がありますね  投稿者:雪平 ID:PzokH/otTM
 2018年11月24日(Sat) 23時54分56秒
修道女ノノンも映っていました。
オープニング、ベッカ村共同墓地の前のやり取りですね。
ノノンとハクアがどんな見た目をしているのか、チェックしたい方は是非御覧になって下さい。

 [978] 【ツクール日誌】  投稿者:雪平 ID:PzokH/otTM
 2018年11月24日(Sat) 22時43分11秒
◆残念ながら選外でした……
悔しい……。けれども仕方がない。
『修道女ノノン』はトータルで21票獲得し、参加作品の中ではまだ健闘出来た方ではありましたが、
それでも大賞や部門賞を取るには至らず、敗れてしまいました……。
出来ればRPG賞を取りたかったですが、これも結構な大差で敗れてしまいました。
ノノンはRPG部門が一番多く票を取り、計9票頂いていたのですが、賞を取った作品は25票。部門内の順位は6位でしたね。
やはりボリューム故の取っ付き難さと、参加時のタイミングが厳しかったかと思います。
もっと早く完成させられていれば……と思わざるを得ません。

◆ネガティブの次はポジティブに――
恐らく『修道女ノノン』を最後までプレイして頂いた方は、それなりに絞られていたかと思います。
ですが、そんな中でRPG部門6位まで健闘出来た事や、ストーリー部門で三作同着の9位(6票)になれた事は間違いなく誇って良いはず。
自分で言うのもなんですが、本当にノノンは全身全霊で雪平のゲーム愛を注ぎ込んだ作品です。
それ故にこれだけの評価を頂いた事は紛れもなく僥倖であり、受賞こそ逃しましたが、
ノノンをプレイして頂き、楽しんでくれた方がそれだけ居たと言う証明は何よりも嬉しいものです。
票を入れてくれた方には心の底から感謝しかありません。本当にありがとうございました。

◆大賞はやはり――
雪平も存分に納得しています。やはり『星の屑のオプターレ』は強かった……。
あと◇◆SLEEP◆◇の受賞も嬉しかったですね。雪平はこの作品を新世界部門で推していましたので。
いやぁ、実に楽しいコンテストでした。

 [977] 色つぶ  投稿者:雪平 ID:PzokH/otTM
 2018年11月24日(Sat) 00時28分54秒
〇私と課長のおかず道が最終回を迎えました――
読んだのは二日前なんですが、やっぱり好きな漫画の最後は切ないですね。
主人公と南条課長の組み合わせが本当に好きだっただけに、喪失感も大きめです。
とは言え、やはり作者様には笑顔で感謝し、「お疲れ様でした」と述べさせて頂きます。
アレは良い漫画でした。三巻が出たら絶対に買います。

〇PS4を購入しました――
RPGツクールMVTが出来ますね。買いませんけど。
目的はあくまで地球防衛軍4.1です。本当にEDFの進化は凄いし、PS4を処理落ちさせるサンドロットの変態技術もある意味凄い……。

〇もしかしたらMVTは十年に一度のクソゲーかも……
たけしの挑戦状・デスクリムゾン・四十八(仮)に続くレベルかも知れない……。
本体もそうだけど、何より公式の対応と期待値の低さがマズ過ぎる。
アジノコですらDL販売を中止してるのに、未だに宣伝している辺りがもう……。
Epicsも相当ヤバい会社ですし、これは本当に来るかも知れませんね……。

 [976] 【ツクール日誌】  投稿者:雪平 ID:B4y001Chpo
 2018年11月23日(Fri) 23時36分46秒
◆いよいよ明日結果発表です――
残念ながら雪平は仕事の為、確認出来るのが夜になってしまう訳ですが、それでも期待はしています。
最初の予想では大賞が無理で部門賞なら可能性有りかな――でしたが、
やはり挑むからには大賞を狙いたいし、部門の方でも『RPG賞』で一位を取りたいですね。
結果を見て「ざまぁwwwww」って自虐の幻聴が聞こえるぐらい、惨敗する可能性も考えていない訳ではありませんが……。

◆裏話E『ノノンの両親』――
作中では病死した事以外ほとんど情報が語られていないノノンの両親ですが、
一方で母親の方に関して、気になるサブイベと防具が用意されています。
終盤ベッカ村の民家(ノノンの生家)に来訪し、中を掃除していたメイドさんからローブを入手出来るイベントがそうですね。
作品をプレイした人はこのイベントを見て、十中八九ノノンの母親が○○だったのではないかと想像されるでしょう。
実際雪平も、その方向でもっと踏み込んだイベントも用意するはずでした。
しかしyuryuの都合で止む無く没になり、途中まで作ってはいたのですが、泣く泣く削除しています。

本来であれば『光の女神の聖域』にて、ノノンの姿にノノンの母親の面影を感じ取るモブを出す予定だったんですよ。
そしてそのモブの台詞から、ノノンの母親がかつては光の女神の聖域に居たことを示そうとしていたのですが……。
今となっては○○ではあったが、どこの○○かは不明――に落ち着きましたね。
本当にやりきれなかった事が多く、作祭の容量問題が憎いです。

 [975] 【ツクール日誌】  投稿者:雪平 ID:.BSdyiQEnQ
 2018年11月22日(Thu) 09時22分52秒
◆土曜日の15:00に結果が出ます――
第一回ツクフェス非公式の自主コンテスト。
全六部門中の内、修道女ノノンは何か賞を取れるだろうか。
マップ・システム面で突出した魅力が有る訳ではないけれど、総合力を求められる大賞は狙えるか。
さてさて、結果はどうなる……。

◆裏話D『修道女のノン』の話――
製作中こちらでも御話ししましたが、劇団夢月の演目で没になった作品の中で、『修道女のノン』というタイトルがありました。
これはED1の未来を描いた形の劇であり、登場人物の容姿・名前・設定等も如何にも自作パロっぽく仕上げる予定でした。
特にキャラとマップに関しては一度作っていたにも関わらず、忌々しき容量問題によって泣く泣く没になり、解体を迫られてしまったと言う……。

シナリオとしては最後の戦いを終えた後、数年から十年の月日が流れて、
それぞれ大人になったノノンとハクアの二人を主役に描く予定でしたね。
ハクアは島外に居る王侯貴族の娘に見初められ、そのまま恋に落ちて結婚に至る。
その結婚式にノノンが呼ばれ、教会の司祭の立ち位置について、
幼馴染であり、親友であるハクアとその妻を祝福する――と言う内容です。
『ハクア×ノノン』の関係は、本編中でも恐らくどうなるかが気になるような形で描かれていたかと思います。
しかしED1では、結果的にお互いが立場を弁えて“ずっ友”のまま終わってしまいますからね。
その後の二人が果たして幸せになるか否かを示す為の指標の一つとして、この劇を描く予定だったのです。
また、この劇だけは大聖堂の決戦イベが終わるまで鑑賞出来ないようにする予定もありました。

本当に容量問題には苦しめられた……。
今も修正作業でたびたびテキストが消失する為、ぶっちゃけフリーズと容量問題に現在進行形で苦しめられています……orz
ただそれでも、MVTの苦しみを思うとずっと楽だし、フェスが神ツールに思えてしまうのが恐ろしい。
本当にかどくわぁの業は深い……。

 [974] 【ツクール日誌】  投稿者:雪平 ID:dl5.BqE1rI
 2018年11月20日(Tue) 21時03分36秒
◆ルビの<>を()に変える作業を開始――
通しプレイを行いながらルビを使用している箇所を発見し、随時修正して行く感じですね。
一時間の作業で既にエラー落ち二桁です。流石は作祭。落ちる落ちる。
???「ぐはっはっはっは! 面白いように落ちる! まるでトンボとりだな!」

◆裏話C『魔術師レンパ』の話――
修道女ノノンの作中で、かなり終盤に姿を現す男性の老人。
魔術師の肩書が示すように、いかにも熟練でやり手の魔法使いっぽい外見をしています。
一部キャラの台詞の中や、“本来の姿”に戻る前の状態ならば中盤までに登場していますね。
元々名前は付けられておらず、更に作中では数少ない死亡者になる予定でした。

死亡の理由は本編をプレイして頂くと察して頂けるかも知れませんが、中盤のある個所にて、そのまま敵に殺されるはずだったのです。
しかし作中の空気を過度に暗くしたくないという気持ちと、
ノノンたちが戦う動機の中に『弔い合戦』を入れたくなかったという気持ちが芽生えた結果、
絶体絶命の窮地を救われて、そのままノノンたちのサポーターに周ると言う形に落ち着きました。

『レンパ』の名前は昔の中国の名将軍『廉頗(れんぱ)』から来ています。
単にカタカナ表記にして、そんなに違和感がない名前である気がしたのと、廉頗将軍自体が好きな偉人の一人だからですね。
(列伝が“ガチ勢”と比べるとうろ覚え気味ですが……)
一人称が『私』なのも理由があり、終盤は常に(同じ老人キャラである)リューリス司祭と同時に登場している為、被るのを避けました。

 [973] 【ツクール日誌】  投稿者:雪平 ID:TMIzvoYKEs
 2018年11月19日(Mon) 04時30分05秒
久し振りに良質なカベルネ・ソーヴィニヨンのワイン(赤)を飲んで熟睡しました。
それで少し前に目を覚まし、自主コンサイトを覗いてみたら感想が二つも……!
本当にありがとうございます。

◆まさかこんな初歩的な誤字があったとは……
感想の指摘によって気付きましたが、『撤退』と『徹底』を間違えて表記している部分が三カ所もあり、慌てて修正に入りました。
恐らく作祭の変換時に、「てっ」まで打ち込むと出て来る候補が『徹底』なので、最初の字面だけ見てそのまま放り込んでいるのだと思います。
撤と徹の字も違うとは言え、眠気と戦いながら作っている時もあったから、判断力が低下していたのかも……orz
更に最終決戦前にノノンが口にした台詞の誤字も酷い。「決着を付け“ る ”なきゃ!」って……。
ある意味「確かみてみろ」とか「肉しみ」並にやっちゃいけないミスな気がする。
酷い……。

◆やはり皆<みな>ルビの打ち方に苦言を呈されていますね……
自分でも失敗したと感じておきながら、結局修正が大変だったのでそのまま押し切ってしまいました。
ただ、流石にこのまま放置するのも良くないかも。
やはり公開版に備えて今から[]辺りに修正しておくべきか……。
[]は作祭だと見辛いから、≪≫もアリかも知れない。<がくと間違われたように、くくと間違われる可能性は……ううむ。

◆爆弾トラップを一つ削除しました――
残り容量が少な過ぎてテキスト編集開いただけで、そのテキストが無警告に抹消されるからですね。
取り敢えずあのトラップは1つが400ブロック程の重さで出来ていますので、テキストを安全に開ける程度に容量を確保しました。

 [972] 【ツクール日誌】  投稿者:雪平 ID:mxwGGgN8mo
 2018年11月18日(Sun) 01時53分37秒
MVT……。マジでKOTYにノミネートされそうだな……。
自分は対応するハードを持っていなかったから買わなかったけれども、もし購入してたら多分……売ってる。
アプデを待たずして売ってる。アレは本当に危険過ぎる……。

◆ラ=リギウとジャビス――
修道女ノノンの重要キャラクターである冒険者ラ=リギウと黒の魔導士ジャビス。
この二人は名前の由来がそれぞれの属性を表しており、ラ=リギウは作中で本人が語っているように『裏切り』のアナグラムです。
一方でジャビスに付いては、『深淵』を『THE Abyss』と訳し、カタカナ読みにした上で少しもじったものですね。
MTGの世界では『深淵=The Abyss』の邦訳が定着しており、名前に『The Abyss』を含むカードは
大抵『深淵の〜』と言った感じの日本語名が付けられるんですよ。

ラ=リギウは由来が比較的解り易いので、登場した地点でどういう振る舞いをするか予想した人が多いかと思います。
一方でジャビスに関しては、そもそも名前に由来がある事自体に気付かなかったり、『邪悪』から来てるのかな? ぐらいにしか思わなかった人が大半かと。
ただ、作中には幾つかのMTGネタを紛れ込ませていますし、終盤で『深淵のジャビス』と二つ名呼び風に語らせましたので、
もしかしたら気付く人が居るんじゃないかなと、思ったりもしていますね。
えぇ、完全に趣味です。MTGでの『深淵』は概ね悪い悪魔や死霊なんかに付く事が多い単語の為、
紛れもなく悪人であり、策謀家の幹部ポジでもある彼にもこの名を与える事に致しました。
惜しむらくは両者とももっと個別エピソードをちゃんと挿入したかったのに、容量の都合で大胆カットされてしまっている事ですね……。
ラ=リギウは最後の方でどうにか語らせる事が出来ましたが、ジャビスのエピソードは残念ながら……。

 [971] 【ツクール日誌】  投稿者:雪平 ID:ygzIKGdDhE
 2018年11月17日(Sat) 06時30分49秒
最早MVTの購入者が気の毒とかいうレベルじゃない……。
エロゲ業界の悪質な企業と同レベルまで落ちてるとしか言いようがないんだけれど……。

◆一通りプレイしたので投票に行って来ました――
やはり星の屑のオプターレが最多になりましたね。
あくまで雪平の入れたものになりますが、全六部門中四つに入れています。
システム部門は他に三強と呼べる作品がありましたので、そちらに一票ずつ。
マップはオプタを筆頭に他二つ突出している作品があったので、そちらに入れました。
なのでこの二つの部門は選ぶのに迷いませんでしたが、他はかなり迷った末での判断です。

むう……。改めて部門を見るとノノンは手厳しいかも知れない。
一番有力(票を集められそうな部門)なのがRPG賞だと思うのですが、
同部門で競合する相手が相手なだけに、知名度やら総合クオリティ、独創性に劣りがちなのが気にかかる。
単純にプレイヤーの好みがどう関わって来るかも大きいでしょうけれど、そのプレイヤーの数が余り居る気がしないのが一番の理由かも。
高難度長編故に敬遠されがちだった気がしますが、さて……。

個人的にRPG賞は取りたいです。他はストーリー賞と新世界賞か。
システム賞は確定で無理ですね。三強が強過ぎる……。
マップ賞も恐らくないです。こちらは突出した作品が三つに加えて、独創性の高い作品が多かった。
キャラクター賞は……何とも言えない感じかと。

 [970] 【ツクール日誌】?  投稿者:雪平 ID:qWUKh8Acnw
 2018年11月15日(Thu) 20時26分15秒
今日は風邪を引いてしまい、仕事をお休みです。

◆RPGツクールMVTが発売されましたね――
いやぁ、流石にかどくわぁは違いますわ。
スレを読みましたけど、まさかあそこまでお粗末なツールを販売するとは……。
本当、純粋に楽しみにしていたツクラーが可哀想でなりません。イベ設置にデータベース開くだけで10秒って……。
バグも非常に多いし、つい一時間ほど前まで公式が発売のお知らせすらしなかったとか有り得ませんよ。
せめてアプデによる修正などのフォローは手厚く行って上げてほしいものですが、流石になぁ……。

 [969] まんがタイムきらら本誌が創刊15周年――  投稿者:雪平 ID:Jy2nz7iOx2
 2018年11月14日(Wed) 21時48分24秒
『まんがタイムきらら』と『まんがタイム』系列の雑誌を毎月計5冊、定期購読しています。
それで今月号のきららを買いに本屋さんへ行ったら値段が200円以上上がってたんですよね。
どんな付録がついているのかと思いきや、昔の看板・有名タイトルのお祝い漫画が詰まった小冊子でした。
めちゃくちゃ懐かしいです。『HTT』やら『まりあ』やら『ふおん』やら『なじみ』やら……。
本当にあの頃のきららは良かった……。ジャンプ黄金期の比ではないけど、本当にあの頃は9割以上のタイトルを読み続けていました。
流石に作画とかが連載時と比べて色々と変わってしまっている方も多いですけど、それでもやっぱり懐かしいし、嬉しいです。
これは買う価値のある570円でした。

 [968] 【ツクール日誌】  投稿者:雪平 ID:Jy2nz7iOx2
 2018年11月14日(Wed) 21時09分02秒
◆いよいよ明日か――
明日から自主コンの投票受付が開始されます。
なるべく期間ギリギリまで各投稿作品をプレイしたいと思いますので、雪平が投票するのは締め切り日直前になるでしょう。
さて、ノノンは何処まで行くか……。どの部門が一番票を取れるだろうか……。

◆裏話――

A銀騎士ランマについて――
作中の最終加入メンバーである『聖堂の銀騎士ランマ』ですが、このキャラも制作過程で幾つか変更になっている設定があります。
最初の頃は今以上に堅物で、融通が利かない性格になっていました。
そして加入時期も今より遅く、大聖堂帰還からそのまま牢獄城に侵入したノノンたちを待ち受ける――言わば牢獄城のボスキャラとして戦闘に入る予定もあったのです。
しかしシナリオの整合性を重視する過程で色々と変更があり、加えて序盤のダンジョンに入った動機からも、
割と本人が『思いのほか柔軟性のある思考の持ち主』になってるなと感じた為、思い切ってシナリオを変更した次第です。
また、調整の過程で田舎勇者の次に強化が施されたキャラでもありました。
当初は最大物理特技が『風属性・威力400』であり、魔法攻撃の威力も最高『400』止まりな上に
全体攻撃魔法『フレイムシャワー』を覚えていませんでしたね。
他にも物理耐久の基礎値が1低かったり、加入時のレベルが最初期で『28』、調整後で『31』と、
本当に器用貧乏な感じで『頼もしさ』が全然感じられない状況でした。
今となっては調整を行い続けて適度に頼れる存在になったと思います。
まだ器用貧乏な感はありますが、加入時期のレベルが『35』に引き上げられた事で汎用性が増し、
タフさもあってノノンと二人行動中はとても頼もしい存在になれたかと。
そして手元のデータでは更に魔力の基礎値が1上がってます。公開版ではもっと頼れるキャラになってくれている事かと。

 [967] 【お知らせ】  投稿者:雪平 ID:1ssW0hIGs6
 2018年11月13日(Tue) 22時24分16秒
真下の[966]を含めて今後の【ツクール日誌】は、拙作『修道女ノノン』のネタバレが大いに含まれる内容になります。
なのでどうか、お読みになられる際は自己責任でお願い致します。

 [966] 【ツクール日誌】  投稿者:雪平 ID:1ssW0hIGs6
 2018年11月13日(Tue) 22時21分18秒
◆修道女ノノンの制作裏話――
恐らくですが、このツクール日誌もvor600以上は書いていると思います。
なのでそろそろ、『修道女ノノン』の制作に於いて幾つか変更した設定や描けなかった部分について小話をしようかと。
ただ、量が多いので、日毎に小分けして書いて行きます。

@ラスボスについて――
ナンバー1・2を問わずEDに入る為に避けては通れないラスボス。
最初はラスボスの設定を、『完全なる俗物』・『自業自得で魔物化』の方向で考えていました。
なので序盤の大聖堂周りのモブたちの台詞では、いかにも小物そうな感じで語られている事が多いです。
イメージとしては烈火の炎の森光蘭が一番近いかも知れません。
ただ、アレは俗物の中の俗物でありながらラスボスとしてのカリスマも備えましたが。

途中で路線変更を決めたのは、「やっぱりRPGで王道作品を作るなら、ラスボスは小物より大物感が出て欲しい」と思うようになったのと、
とある音楽素材配布サイトで『ラスボスのテーマ』というBGMを聴き、オシャレな感じとどこか悲壮感の漂うメロディに感銘を受けた事が大きいですね。
あのテーマが似合うようなラスボスが居るゲームは絶対に面白い。――そう考えるようになってから、ラスボスの性格は大いに変更されました。
結果、塔のダンジョン攻略中に発生する別視点イベントで、中々に威厳を放つキャラに設定され、
更に後付けで『亡国の王子』と言う背景を付け、それらの設定が無理無く纏まるようにシナリオに作って行きました。
そしてこの頃から、ラスボスの最終的な動機も決定しましたね。
惜しむらくはED2で明かされる真実が、容量の都合で思った通りに表現出来なかった事です……。
(それでも多くの方がラスボスに好感を持ってくれたり、ED2の展開を褒めて下さったのは僥倖でした)

武芸も達者で魔法も強い。
更に作中の重要キーワードである『禁呪<きんじゅ>』も修めていて、威厳を醸し出しつつ動機や背景も適度に描く事が出来た。
以上の点から、自己評価は「合格点ではあるが、欲を掻くならもっと掘り下げたかった」という塩梅ですね。
因みに、雪平自身の好みで言えばかなり好きなキャラになりました。
テストプレイ時は相当な回数でリトライし、ステとスキルの調整に苦戦したのを覚えています。
愛着があるとどうしても色々と拘りたくなるんですよね。

 [965] 【ツクール日誌】  投稿者:雪平 ID:Gz.gCn2Z.U
 2018年11月12日(Mon) 23時30分10秒
◆二日連続で感想を頂けました――
最初はゲーマーのプライドが邪魔して『天国』選ぶ人は殆ど居ないかとか考えていましたが、意外と天国でクリアしてる方が多いですね。
そして、天国限定の爆弾系アイテム『チートファイア』がそんなにチートしてなくてがっくり来ている方も居る。
今回感想を投稿して下さった方も天国でプレイし、クリアまでに7時間かかっている御様子でした。
うむ、流石に雪平も解る。修道女ノノンの難易度は明らかに浮いてます……。

◆現在プレイしたゲームの中で高難度のものは――
まだ結構な数の未プレイ作品が残っていますが、今の段階で高難度だったゲームを上げて行くと、こんな感じですね。

1位:ぷちっとらいく
2位:ヘヤカラデレル
3位:Avant L'aube
4位:破滅の騎士と双剣の少女
5位:独房のフィアテ

個人的には2位と3位の間でかなり大きな差が付いています。
上位二つはとにかくシステム把握に手間取り、リアルラックに悩まされる部分もありますので。
そして、ここに修道女ノノンを挟むとするならば、多分1位2位に肩を並べるクラスであるかと。
独自システムなんて何も入れてないデフォ戦メインのゲームで、且つ二桁のプレイ時間を要する事もざらにあるタイプの内容ですからね。
それで上位二つの作品と肩を並べるレベルとは、ある意味プレイヤーに酷な事をしているのか……?

 [964] 【ツクール日誌】  投稿者:雪平 ID:Gz.gCn2Z.U
 2018年11月12日(Mon) 07時01分08秒
◆感動した――!!
自主コン参加作品の『◇◆SLEEP◆◇』というゲームをやってみたのですが、アレ、本当に凄く良いゲームでした。
単純にクォリティが高い点もさる事ながら、とにかく雪平の好みにハマっていたんです。
もう本当に『ゆめにっき』と『夜廻シリーズ』が好きな自分としては、
制約の多い作祭であそこまで高クォリティな雰囲気ゲーに出逢えただけで感動ものです。
いやぁ、本当にアレは面白かった……。普通のRPGとは違う、独特の魅力が詰まった★5の中の★5作品でしたよ。

実は過去に雪平も、一度はあぁ言うゲームも創れたらなとか考えていました。
実際にここまで修道女ノノンの制作に期間を割いてなかったら、挑戦ぐらいはしていたと思います。
でもあそこまで高いクォリティは出せなかったでしょう。そもそもあの作者はマップ作りの技量も高く、
選曲に戦闘(独自システム)アニメーションと言った演出面のセンスもかなり上手です。
いやぁ、これは清々しく負けを認められる作品でしたね。
方向性が全く異なるお蔭で※“自主コン内で競合する事は無い”かとは思いますが、もし真っ向勝負をしていたら10:0(よくて9:1)で負けていたかと……。

※自主コンは六部門に投票する形式ですので、あちらは新世界やマップ造形・システム構築、
 ノノンはRPGやキャラ造形が主戦場になりそうです。
 シナリオ部門に関しては勝負する形になるかもですが、雪平なら向こうに票を入れたくなるかなぁ……。

◆プレイヤーさんたちの攻略状況を覗いてみました――
知り合い同士で情報をやり取りして攻略に当たってくれている方たちが居て、感無量でした。
最早雪平もおさーんになってしまっていますが、本当に自分たちが子供の頃は
友人たちと一緒に情報を交換し合ってゲームの攻略に努めていたりしたものですよ。
自分が作ったゲームに貴重な時間を割いてくれたり、楽しんでもらえたりしているだけで本望です。

でもまさか総プレイ時間21時間クラスのプレイヤーが現れるとは予想外でした……。
単純にクリアだけを目指したのではなく、色々と隠し要素を見付ける為に歩いたっぽいですし、堪能して頂けたなら幸いですね。

 [963] 【ツクール日誌】  投稿者:雪平 ID:8q4YLArHJ.
 2018年11月11日(Sun) 22時12分55秒
◆やや久し振りで感想を頂けました――
今回感想を下さった方は、殆どのコンテの作品をやり込んでいる強者さんですね。
毎回自分が感想を投稿した際にも、その方はそのゲームに対してどんな印象を抱いていたのかなど、色々興味を惹かれては全て読んで行ってます。
珍しくその方の感想では夢月のロビーが印象的だったとの事。最初は読んでて「ん!? もしかして受付の仕掛け(設置イベ)映ってた!?」とか思い動揺しました。
なお、元々夢月内装はよりシンメトリーに近い設計であり、受付嬢の数も二倍居ましたね。
何で変更したかって言われると、そりゃ勿論ヨウリョウガー……。
今回も評価は★5を頂けました。
本当に嬉しいですし、光栄です。

◆コンテの戦況を自己分析――
今のところ拙作『修道女ノノン』は、感想を書いて下さった皆様から最高の評価を頂いています。
ですが、コンテの戦況自体は多分厳しいと感じていますね。
容量の大きさとプレイ時間の長さ、何より難易度の面でプレイしてくれている人の数が少ないと思っていますので……。

でもプレイしてくれた人が楽しんでくれている様子なのは非常に嬉しい。
長い期間を掛けてじっくり作り込んだ甲斐がありました。

 [962] 【ツクール日誌】  投稿者:雪平 ID:8q4YLArHJ.
 2018年11月11日(Sun) 06時40分55秒
◆黒いリューリス様……
修道女ノノンに登場する重要キャラクターの一人に、『ファフ教の司祭リューリス』という老人が居ます。
このキャラは主人公ノノンの遠戚に当たるおじいちゃんで、作中では物語序盤でお使いを頼み、以降も教区内で発生する事件に大きく関わりますね。
作中では基本的に『善人』として描かれており、優れた統治者であるほか、多くの修道士や信者たちからの信頼も厚いです。
ただ、制作中は何度も「何か胡散臭いな……」と感じる事がありました。
グラから溢れるとても穏やかなオーラと大人しい口調――。
それ故に影の悪役……黒幕とかにすると物凄く映えそうだな、とか考えたりしてたんですよ。

でもそれはどうやら他の制作者様も同じだったようで、今のところコンテ参加中のRPG二作にて、同じグラの黒幕キャラを確認しています。
やっぱり雪平の感じた通り、あの爺さんグラは黒幕系の役が妙に似合う……。
それでいてどちらもラスボスポジを務めており、性格は極めて外道。強さも一級品のキャラでしたよ。
やはりノノンを作った身としては、黒いリューリス様だと思わざるを得ない……。

◆いよいよヤバい作品が当たり始めてる――
星の屑のオプターレをプレイした時は「もうあの作品一強じゃね?」とか感じていましたが、普通に対抗馬が出て来ましたね。
『☆トレジャーハンターX☆』はマップの作りこそオプタに及びませんが、戦闘に歯応えがあるし、
探索中も同行しているキャラのスキルが重要になると言う極めて正統なRPGでした。
同作者様の公開枠に投稿されている作品の続編のようなのですが、普通に前作を知らなくてもプレイ出来ています。
これは……解らなくなって来たかも。
独自システムとマップ制作技量の高さが光るオプタに対して、正統派なRPGとして高バランスに仕上がっているトレハンX――。
また、他のゲームではシナリオ重視でこの二作を凌駕する可能性のある物もありましたし、
システム面の技量では『ぷちっとらいく』が異次元の領域に片足突っ込んでいます。
部門賞どうしよう……。どこにどの作品を入れるか悩みます……。

 [961] 【ツクール日誌】  投稿者:雪平 ID:P0gnufFrro
 2018年11月09日(Fri) 08時02分40秒
◆手元のデータのブラッシュアップが終了しました――
これで後はコンテ期間が終わるのを待つだけです。
問題のあった箇所は全て修正しましたし、ついでに一部テキストも追加・改変してあります。
なお、プレイに関する仕様の変更は下記のものがありますね。

@アイテム『聖水』の値段を半額になりました
A最終加入する『銀騎士』の魔力基礎値を3から4に上昇させました
B『祝福』を受けたノノンの技から『破邪の霊気(全体全状態異常回復魔法)』を削除しています
Cとある裏ボスの強化

以上です。

◆人によってはやっぱりヌルい模様――
特に後半以降は仲間の戦力が充実した事で一気に難度が下がる印象だったみたいです。
自分としては後半でMP管理怠ると即全滅に繋がり易い為、前半よりもむしろ後半が怖い気がするのですが、この辺はまぁ、プレイスタイルの違いでしょう。
ED2フラグ立ててラスボスに挑むと、ラスボスが超強化されると言うのは勿論考えたアイデアでした。
しかし容量が足りない……。枠が足りない……。没にせざるを得ない……。
本当に修道女ノノンの完成は、エラー落ちと容量問題・枠問題との戦いでした。

 [960] 【ツクール日誌】  投稿者:雪平 ID:dTR5TrMRlI
 2018年11月07日(Wed) 19時54分26秒
◆段々とレベルが高いのに当たり出した――
自主コンの参加作品を片っ端からプレイしていますが、一部作品の発想とそれを実現する能力が凄いです。
やり始めの頃は中々良作以上に当たる事がなく、これなら自作のブラッシュアップに努めるかとなる作品が多かったのですが、
行商人ゲームの『男は夢と希望と死を運ぶ』以降、本当に良作・神作を引くようになりました。

雪平が評価するゲームの特徴としては、まず一番に『面白い事』ですね。
これが一番重要な評価項目であり、単純に面白いゲームならばバグがあろうとボリュームが少なかろうと★5を付けています。
そして『作者の情熱が伝わる作品』も高評価――。適当にイベを並べただけや、テストプレイをしていないレベルでバグが多い物は
存分に評価を下げますが、一方でプレイ中にどこか拘りを感じる部分を見付けると、それを評価する傾向にありますね。
上で挙げた行商人ゲーが例の一つであり、プレイ中に幾つか不便に感じる所があっても、雪平は★5を付けました。

まだ参加作品は半分ほどしかプレイ出来ていませんが、残り半分も投票日か投票期間終了日までにプレイして行きたいです。

 [959] 痴呆かいな……。  投稿者:雪平 ID:dTR5TrMRlI
 2018年11月07日(Wed) 06時56分28秒
徹夜でRPG……。そういやナイトメアガールズ(つい最近)が最後やわ……。

 [926] 月の水面で何か呟く――  投稿者:雪平 ID:mxwGGgN8mo
 2018年10月18日(Thu) 22時19分16秒
◇もうすぐ『ナイトメアガールズ(通称:NG)』が発売される!!
ワクワクが止まりません。久し振りにプレイする月の水企画様の新作。
しかも今回は長編RPGな上に、今までと違うファンタジー世界じゃなくて現代風都会が舞台です。
早くプレイしたい。他の魔触(サークルファンの通称)も大いに騒いでいる。

これは暫く作祭が止まりますわぁ……。
本気で月の水は徹夜して一気にプレイしたくなる程ハマってます故――。



小説&まんが投稿屋