投稿    小説&まんが投稿屋
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル ユーザー登録

aloneさんの作品一覧

以下の16件が登録されています。
作品番号:25168 ノベライズド・ライフ
作者 alone (ID:23397)
カテゴリー
小説
その他 状況 完結 連載回数 7
連載開始日時 2015/10/20(Tue) 23:04 更新日時 2019/04/30(Tue) 01:53
あらすじ 自分みたいな人間の人生に意味はないと考えている少年・明浜 稔(アケハマ ジン)は、突然、謎の怪物に襲われた。
その強さから死を覚悟するジンであったが、危ないところを一人の少女・ツィカに救われる。
ジンは理解しがたい事態に困惑を隠せなかったが、そこでさらにツィカの口から衝撃の事実が告げられた。
この世界は小説のなかの世界である――、と。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:25039 ディス・ユートピア
作者 alone (ID:23397)
カテゴリー
小説
SF 状況 完結 連載回数 20
連載開始日時 2015/03/16(Mon) 22:45 更新日時 2015/07/02(Thu) 21:59
あらすじ 《悪魔》に侵略された世界。人類は文明を奪われ、絶滅の危機に瀕していた。
だがある日、《神様》が人類に新たな力を授け、人類は《悪魔》に抗する力を手に入れた。
生き残った人々は《神様》のもとに集い、最後の安寧の地――《ユートピア》を築く。そして、いつか《悪魔》から世界を取り戻すことを誓った。
時は流れ、《ユートピア》誕生から百年余り。《ユートピア》では、かつて《神様》に授けられた力――《拡張感覚》の訓練に子供たちが励んでいた。
ノア、ミア、イーライ、フェイス、スカイラー、そして、ハウエル。
彼らは《神様》に身を捧げ、《悪魔》と戦う。いつか世界を、取り戻すために。

ハウエルという少年を主役に据えた短編です。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:24707 その糸が繋ぐものは
作者 alone (ID:23397)
カテゴリー
小説
その他 状況 完結 連載回数 10
連載開始日時 2014/04/17(Thu) 23:28 更新日時 2014/04/17(Thu) 23:38
あらすじ ある日、耳の辺りに白い糸を見つけた。
引っ張ると白い糸は簡単に千切れてしまい、そして俺は眼が見えなくなった。
唐突に訪れた失明。
しかしまだ、その先があった。

表題作にあたる『その糸が繋ぐものは』の他、某所に投稿した作品をまとめました。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:24418 掌の囁きに耳を傾けて
作者 alone (ID:23397)
カテゴリー
小説
その他 状況 完結 連載回数 16
連載開始日時 2013/09/27(Fri) 17:26 更新日時 2013/09/27(Fri) 17:51
あらすじ
掌が囁く

僕は耳を傾けた

おかげで

現実の声が遠のいた

そんな掌編の集まりです

作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:23924 泣きたい夜に、泣けない俺は――
作者 alone (ID:23397)
カテゴリー
小説
その他 状況 完結 連載回数 9
連載開始日時 2013/03/26(Tue) 00:24 更新日時 2013/03/26(Tue) 00:35
あらすじ  二〇一三年三月二十七日。
 今日は俺にとって、記念すべき日だろう。しかし残念ながら、それは良い意味ではなく、悪い意味で、だ。
 『記念』という言葉の意味合いが、記憶に残るようにすること、であるのを考慮すると、この場合は少々ふさわしくないかもしれない。なぜなら、今回は俺の記憶に強制的に刻みこまれた、としか言い様がないからだ。わざわざ記憶に残そうとしなくても、俺の脳には刺青を彫ったかのようにありありと刻みつけられている。
 もう俺は一生、忘れることはないだろう。この刻みつけられた「傷」のことも、その傷を今では覆ってくれている「かさぶた」のことも。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:23796 掌にのせて
作者 alone (ID:23397)
カテゴリー
小説
ショート・ショート 状況 完結 連載回数 5
連載開始日時 2013/02/14(Thu) 22:21 更新日時 2013/02/14(Thu) 22:25
あらすじ 詩や短編を適当に詰め込んだだけです。
一部作品は別サイトに掲載しているものです。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:23284 後ろの正面だあれ
作者 alone (ID:23397)
カテゴリー
小説
ホラー・怪奇 状況 完結 連載回数 16
連載開始日時 2012/09/16(Sun) 19:29 更新日時 2013/02/11(Mon) 15:39
あらすじ どこかの山奥には深い竹林が広がっており、そこには一人の少女が捕らえられていた。
彼女の名前は、かごめ。齢は十五歳であり、竹林の中にある小屋でずっと生活していた。
しかし、孤独と寂しさを感じていたある日、急に降りだした雨が一人の客人をもたらした。
彼は名を東斎(とうさい)と言い、咄人(とちびと)と呼ばれる、話をすることを生業とする者だった。
話を聞きたいと言うかごめのために、怪談咄を専門とする咄人である東斎が咄を語る。

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

怖さを保証することはできませんが、少しでも楽しんで頂ければ幸いです。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:23166 必要とあらば悪魔も正義に加担する
作者 alone (ID:23397)
カテゴリー
小説
アクション・ハードボイルド 状況 完結 連載回数 13
連載開始日時 2012/08/17(Fri) 16:55 更新日時 2012/09/07(Fri) 03:29
あらすじ  幼馴染である武笠 丞一朗(タケガサ ジョウイチロウ)とともにファストフード店に寄った新宮 枢(ニイミヤ カナメ)は、そこで事件に巻き込まれて追われることとなる。
 枢は丞(丞一朗の呼び名)と一緒にその店から逃げ出し、追っ手の男から逃げ続けた。
 しかし、袋小路に追い込まれ、絶体絶命の状況に置かれてしまう。俺は焦りを募らせ、動揺を隠せなくなるが、なぜだか丞は平気な顔をしている。
 丞は男たちに話をし、しばらくすると状況は一変した。謎の人々の手によって男たちは一掃されたのだ。
 けれど、その様子を見ても丞は顔色一つ変えることはなかった。そのため枢が疑問をぶつけると、丞は平然と答える。
「あれ、言ってなかったっけ? 俺、殺し屋やってんだよ」
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:23152 Masquerade 〜マスカレード〜
作者 alone (ID:23397)
カテゴリー
小説
恋愛 状況 完結 連載回数 11
連載開始日時 2012/08/15(Wed) 16:36 更新日時 2012/08/15(Wed) 16:40
あらすじ 貧困街で暮らしていたマルクレイ・ヴァスクブルグは、父の遺言をきっかけに仮面舞踏会に参加することとなる。
そして、そこで彼は一人の女性に恋心を抱く。
彼女への想いを胸に彼の人生は廻り出し、終着点を模索する。

***************************

これは以前投稿していた『bal masqué 〜バル・マスケ〜』のリライト版となっています。
詳細に関しては、掲示板をご覧ください。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:22991 哀澱ティティー
作者 alone (ID:23397)
カテゴリー
小説
その他 状況 完結 連載回数 1
連載開始日時 2012/07/18(Wed) 23:47 更新日時 2012/07/18(Wed) 23:49
あらすじ 自分が何者か分からなくなったモノの救われない物語。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

次の10件

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ