投稿    小説&まんが投稿屋
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル ユーザー登録

葦原瑞穂さんの作品一覧

以下の14件が登録されています。
作品番号:25513 クロード・レヴィに捧げる弾丸
作者 葦原瑞穂 (ID:19533)
カテゴリー
小説
ショート・ショート 状況 完結 連載回数 12
連載開始日時 2018/09/04(Tue) 21:34 更新日時 2018/09/05(Wed) 22:01
あらすじ 「意味不明」を極めたいと思いつつもジョイスほどの情熱もなく、ピカソほどの才能もなく、ケージほどの開き直りもない人間が、彼らのすべてを程よく吸収し(たと思い込み)つつ、鬱と無気力のはざまにおいて、暇つぶしに紡いだ不毛なタペストリー。(「『頭がおかしい』と思っていただければ幸いです。」的な――)
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:22789
作者 葦原瑞穂 (ID:19533)
カテゴリー
小説
状況 完結 連載回数 16
連載開始日時 2012/06/09(Sat) 12:20 更新日時 2012/10/08(Mon) 13:57

作品番号:22788 高次元からの解放
作者 葦原瑞穂 (ID:19533)
カテゴリー
小説
ショート・ショート 状況 完結 連載回数 1
連載開始日時 2012/06/09(Sat) 10:35 更新日時 2012/06/09(Sat) 11:15
あらすじ 純粋な形而上学的妄想です。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:18583
作者 葦原瑞穂 (ID:19533)
カテゴリー
小説
状況 完結 連載回数 14
連載開始日時 2010/10/24(Sun) 22:07 更新日時 2010/11/04(Thu) 21:43

作品番号:18572 腐蝕ノイローゼ
作者 葦原瑞穂 (ID:19533)
カテゴリー
小説
状況 完結 連載回数 12
連載開始日時 2010/10/24(Sun) 01:05 更新日時 2010/10/24(Sun) 01:36
あらすじ 世の中に眼を向けることで、自分の苦しみを社会のせいにしようとしました。
社会性のカケラもない人間の社会派詩作。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:18531 no title
作者 葦原瑞穂 (ID:19533)
カテゴリー
小説
状況 完結 連載回数 9
連載開始日時 2010/10/20(Wed) 22:14 更新日時 2010/10/20(Wed) 22:59
あらすじ 絶望――狂気と自己破壊の衝動から自分を救う唯一の方法
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:18426 那由他の夜
作者 葦原瑞穂 (ID:19533)
カテゴリー
小説
状況 完結 連載回数 11
連載開始日時 2010/10/05(Tue) 20:02 更新日時 2010/10/05(Tue) 20:46
あらすじ 大学を中退したころの私です。
表現欲求よりも表出衝動のほうが、より真実に近いという断定の元、意味不明の言葉を吐き散らしながら、どこかへ走り去って行きました。

芸術の国に行きたかったらしいのですが、どこへたどり着いたのやら・・・。
ちなみに未だ消息不明のまま音沙汰なしです。
帰って来られても困りますが。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:18361 あまりに、あまりに有り触れて在る物 その物に極めて関係した壱つの証明
作者 葦原瑞穂 (ID:19533)
カテゴリー
小説
ショート・ショート 状況 完結 連載回数 1
連載開始日時 2010/09/24(Fri) 09:15 更新日時 2010/09/24(Fri) 09:19
あらすじ 文章で発狂するということをやってみました。
小心者なので、現実では細々と生活しています。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:18359 孤児(ダルジュロス)
作者 葦原瑞穂 (ID:19533)
カテゴリー
小説
状況 完結 連載回数 13
連載開始日時 2010/09/24(Fri) 01:15 更新日時 2010/09/24(Fri) 02:13
あらすじ だんだんと壊れていきます
壊れた方が芸術的だと思っていた時期がありました

現在は平穏な精神状態を維持しております
時折、安定剤代わりに壊れたふりをします
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:18322 インフォメーション・イリュージョン
作者 葦原瑞穂 (ID:19533)
カテゴリー
小説
状況 完結 連載回数 12
連載開始日時 2010/09/19(Sun) 03:00 更新日時 2010/09/21(Tue) 12:34
あらすじ 情報革命が人間存在を再構築しようとしている

怒涛のように押し寄せる無秩序な情報の前に
一人の人間の妄想がどれだけの強度を保てるのか

実験的(妄想的?)連作です
感想をお待ちしております
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

次の10件

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ