投稿    小説&まんが投稿屋
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル ユーザー登録

ゴーストライダーさんの作品一覧

以下の10件が登録されています。
作品番号:25622 薄命世代
作者 ゴーストライダー (ID:12192)
カテゴリー
小説
SF 状況 完結 連載回数 6
連載開始日時 2019/12/31(Tue) 18:10 更新日時 2020/02/03(Mon) 21:42
あらすじ 高校の元同級生が投身自殺をした。
その何度目かの訃報に、小泉亮は食傷したようだった。

鬱病、リストカッター、パーソナリティ侵害。
漠然とした暗い未来に怯え自閉し、やがて自死する卒業生達。
その同世代のことを、当人達は密やかに「薄命世代」と呼んでいた。

小泉亮は、彼らのもとへ粛々と足を運ぶ。
それが同じ薄命世代の自分にできる、唯一の贖罪のように思えて。
その訪問はやがて、心の病の深淵に迫り。
ついには、薄命世代の姿が明かされることになる。

「僕らは、どうやって生きていけばいいんだろう」

現代社会を息苦しく生きる若者達の、ネガティブ群像劇小説。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:25279 スプリング・イズ・デリバリーサービス
作者 ゴーストライダー (ID:12192)
カテゴリー
小説
ファンタジー 状況 完結 連載回数 19
連載開始日時 2016/04/26(Tue) 23:45 更新日時 2016/07/24(Sun) 16:58
あらすじ 小さいころの友達は、今なにをしているだろうか。
会社の残業に忙殺される日々の中で、ふと昔を懐かしむ。
仕事をしているだろうか。結婚をしているだろうか。
元気にして、いるのだろうか。
休日を利用して、地元に帰ることにした。
懐古と忘却の果てに辿り着いた古巣は。
昔の想い出は、そのままの姿で。
在りし日の残像として残っているだろうか。

『大人になんか、ならないよ』

大人と子供の郷愁を描いた、春シリーズ第2作目。

//最終話は7月24日17時公開予定
//個人ブログ、小説家になろう等で同時掲載中です
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:14539 マネーイズントタイム
作者 ゴーストライダー (ID:12192)
カテゴリー
小説
ユーモア・コメディ 状況 完結 連載回数 1
連載開始日時 2009/05/03(Sun) 17:13 更新日時 2009/05/03(Sun) 17:16
あらすじ 五月というのは、とかく憂鬱なもので。
そんな気怠い季節に、最も面倒くさそうな人物に遭遇した。

「時間屋にようこそ」

ああ、これが五月病患者というやつか。

憂鬱な高校生と、“自称”時間屋の話。
一話完結、ショート作品です。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:13969 春が遙か
作者 ゴーストライダー (ID:12192)
カテゴリー
小説
ファンタジー 状況 完結 連載回数 10
連載開始日時 2009/03/01(Sun) 23:21 更新日時 2009/03/20(Fri) 19:49
あらすじ 妖精は、大人には見えない。
男の子が初めて出逢った友達は、妖精だった。
春も、夏も、秋も、冬も、ずっと一緒だった二人。
だが、季節が巡るにつれて。
少年は成長して、大人になる。
妖精との別れの時間が、迫っていた。

「大人の人間達にとっては、私は消えちまった方がいいのさ」

全十編で綴る、長編小説。
少年の成長と、妖精の別れへの物語。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:12327 夢見る旅人 -夢現-
作者 ゴーストライダー (ID:12192)
カテゴリー
小説
ショート・ショート 状況 完結 連載回数 2
連載開始日時 2008/08/23(Sat) 19:58 更新日時 2008/08/23(Sat) 20:11
あらすじ ――貴方が今いる、その世界。
――そこは果たして、現実なのですか?
――そこは現実だと、1%の迷いも無く、胸を張って言い切れますか?

夢と現の狭間を漂う、夢見る旅人のショート/ライトノベル。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:12093 雨の空に架かる虹
作者 ゴーストライダー (ID:12192)
カテゴリー
小説
ファンタジー 状況 完結 連載回数 8
連載開始日時 2008/07/28(Mon) 22:03 更新日時 2008/08/06(Wed) 14:53
あらすじ 今を生きる、人たちへ。
今を生きたくない、人たちへ。
自分の居場所がない、人たちへ。
自分の存在を否定しようとする、人たちへ。
自分の命を絶とうとしている、人たちへ。

「死ぬことにも、飽きたよ」

――思春期の青年の、ネガティブ・アンハッピーノベル。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:11749 10月4日の手記 -守りたいもの-
作者 ゴーストライダー (ID:12192)
カテゴリー
小説
ホラー・怪奇 状況 完結 連載回数 6
連載開始日時 2008/06/20(Fri) 22:30 更新日時 2008/06/24(Tue) 22:36
あらすじ 私には、好きな人がいる。
でも、臆病な私は、想いを告げることができない。
だけど、臆病者にしかできないことだってあるんだよ?

例えば、好きな人の背中を見守ること。
例えば、好きな人を守ってあげること。
例えば――

恋に臆病な彼女の日記内にて綴られる、ショート/ライトノベル。

※一日1話更新、全5話の予定です。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:11604 非日常的少女
作者 ゴーストライダー (ID:12192)
カテゴリー
小説
ショート・ショート 状況 完結 連載回数 1
連載開始日時 2008/06/01(Sun) 21:59 更新日時 2008/06/01(Sun) 22:07
あらすじ 今日は、なんだか。

空を飛べる、気が、した――

現実に飽きた少女の日常を描いた、ショート/ライトノベル。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:11440 ――刹那の瞬間――
作者 ゴーストライダー (ID:12192)
カテゴリー
小説
ファンタジー 状況 完結 連載回数 5
連載開始日時 2008/05/12(Mon) 00:37 更新日時 2008/06/01(Sun) 01:16
あらすじ 昔、一人の青年がいました。
碧眼で、黒のバンダナを巻いた青年です。
彼は、どこか寂しそうで、どこか虚ろでした。
「オレは、時空をさまよっているんだ」
二日後、彼は光の粒子となり、空へ消えました。

大昔、一人の青年がいました。
碧眼で、黒のバンダナを巻いた青年です。
彼は、どこか寂しそうで、どこか虚ろでした。
「オレは、罪を償うために、時空をさまよっているんだ」
二日後、彼は光の粒子となり、空へ消えました。

今、一人の青年がいます。
碧眼で、黒のバンダナを巻いた青年です。
彼は、どこか寂しそうで、どこか虚ろです。
「オレは、誰かを助け、罪を償うために、時空をさまよっているんだ」
二日後、彼は光の粒子となり、空へ消えました。

そして、今日も人の命を救います。

――時を駆ける、大長編タイムトラベル物語。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:11408 彼女の唄 -Circle Of Grass-
作者 ゴーストライダー (ID:12192)
カテゴリー
小説
恋愛 状況 完結 連載回数 1
連載開始日時 2008/05/07(Wed) 01:30 更新日時 2008/05/07(Wed) 01:31
あらすじ 「………あと、1,2日の命でしょう」

突然、彼女の死を告げられた一樹。
病気かなにかは知らないが、彼女は死んでしまう。
それは、お互いが孤独になりそうで、許せなかった。
かつて、二人は同じサークルのバンド仲間だった。
一樹が曲を弾き、彼女が唄う。
二人の指には、草のエンゲージリング。
昔のなんでもない日常が、無性に、懐かしく見えた。

「死にたく………ないよぉ………」

彼女を、生かしてくれ。俺の命を、なくしてもいいから――

生きることの尊さを描いた、ピュア/サウンドライトノベルです。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ