小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:マエノスベテ 作者:たくひあい

第70回 103
103
 彼が、何か言おうとしたところだった。
おばさんはふいに、そういえばとぼくを指差した。

「あんたは決まったの、相手?」
「……」

「あぁ、もちろん生きてる人間だからね?」

なんてイヤガラセだ。
それを言われると二の句が継げない。高音にはならないが。
 おばさんは、なぜかぼくを生きている相手とばかり付き合わせようと画策するところがある。
彼、は何も言わなかった。
ぼくが、本当の意味でいったいなぜ生きていない相手を愛しているのか、昔どんな事件があったか知っていても、あえてそれで庇うような無様なことをしなかった。
リビングを見渡すと、昔流行ったキユーピー人形に個性的なビーズドレスが着せられたものがケースに入って展示されているのが見えた。
服の下に、小さな羽があるのだがそれは見えそうにない。
……キユーピーさんは、対象とかとは違う、神聖な何かかな、などとよくわからないことを思ってみる。

「一度、決まったことがあるじゃないですか」

頭の片隅で、よしなしごとをごちゃごちゃ思いつつ、ぼくは言う。
「一度、確かに決まってたのに……」

誘拐されて、見下されて、リンチに合って、穢れて、汚れて、跡形もないくらい殴られて、跡形もないくらい、焼かれて、存在できないくらいに叫ばれて――
「ぼくと付き合う人間が、幸せになることはないし」

ただの人間だった場合、どんな目に合わされどんな風になるのかも、

「どうにもならなかったじゃないですか、あのときも」

やっと守れたと思った。やっと、逃げ出せるんだって、ようやく幸せを分けてあげられると、過信していた。
もう暗い場所に居ないですむんだと、そのために耐えてきたのだと思い込んでいたけれど、そんなわけはなかったし、ぼくが『生きる』ことが、許されるわけはなかった。
相手は居ない間に拉致され、監禁されて、ぼくに恨みや妬み、利用を画策していた沢山の人間が、殺した。ぼくの身体が、この耳が、どんな価値を持つのかを、知っていたからだった。

「死んだ方が、マシなのに」

「でも、そんな、過去のことでしょう? まだ先はあるんだから」
とおばさんは励ましてくれた。これは本当の理由、というよりは3番目の理由だ。けれど、1つだけでも充分他人は引いてしまうから他は言わなかった。

「そうですけど。
はっきり決まったことを変えるって、なんていうか、消化できないというか……」


妬みの大半は、想像力の欠如だ。
消化不良もそのせいかもしれない。納得するような理由すらなかった。
それに。闇で繋がっている作家がこのページにあるようなことについて嗅ぎ付けるやいなやネタにして小説や漫画を出した。会社の背景にある存在は、ぼくのような一市民も、あの子も、知らない誰かも簡単にナカッタコトできる存在で――
誰も止めないセカンドレイプが、幾度となく繰り返され、蹂躙の意味すら残らないような蹂躙が、『あのあと』も平然と行われた。いや、現在形かもしれない。


人権なんかそこにはなかった。蹂躙され続ける。
販売され続ける。
彼らは、人を人とも思わない。
もしかしたら今も、書店に行けば、その名残の残骸――まるでぼくたちに似ているような内容の本が見られることだろうから暇な人は探すといいかもしれない。どんな言葉を尽くしたところで百聞は一見にしかずだ。
2019/06/28 09:27


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 1135