小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:マエノスベテ 作者:たくひあい

第56回 80 81
80
 そこからはしばらく和やかに語り合った。
途中から「好きな人に悟られたくないから違う人を好きなフリをする、という行為」の是非について意見を交わした。二人の見解では、そういった嘘は事態を泥沼化させるだけだというので一致した。

「昔クラスに居たんですよね。
遠ちゃんって子なんですが、奏汰さんという方について常に語ってらしたんです」

「好きなんですかね」

「ところが!」

と緊張のややほぐれてきた口調で彼女は強調する。

「別の子が、ある子と会話していると、嫌がらせしてるのを見るようになって」

「意味が、わかりませんね」

ずっと奏汰さんとやらの話をしておきながら、違う子が誰かと騒いでいるとそこに割り込む……言葉にしてみても、やっぱり驚きの神経だった。

「後から聞くと、『Aちゃんを取られたくなかった』と。

でも奏汰さんとも話したいと。ぐちゃぐちゃですよ」

「うわぁ……人間クラッシャーだ」

「Aちゃんは、単に友人と話してただけみたいですがね。いつの間にか、勝手に二股みたいな印象をつけられてました」

「どんな鬼畜が居るんだ」

八方美人型人間破壊兵器として、今も、キャバクラかなんかで名を連ねているらしい。

「もし、そういうところに行かれる際は気を付けてくださいね」

「是非とも会いたくないなぁ」
2019/06/16 00:43




81
 しばらくは和やかに話していたのだが目の前を通りすぎた、前髪を切りすぎたようなスタイルの客がなにやら、携帯電話を耳に当てたのを見た途端――
ぼくの身体はぴくりと反応した。予感。
今、一瞬こちらを見たぞ。
なぜだ。
ぼくは、まだ、気付かれてないはず。
それとも違う意味でマークされてるんだろうか……
彼女も空気を感じたのかゆっくりと立ち上がる用意をする。

 お金は先に払ってあるので、出ても問題はないのだが――
つかつかと足音と共に、グレーの髪のおばあさんが近づいてくる。
そして、顔をのぞきこむようにして「あらぁ、違ったわー、違う人みたい!」とわざとらしく、隣にいたおばあさんに話しかける。スパイ映画か。
ぼくは一体、なんでこんな、どうでもいいことに、鈍感になれずに慣れていくんだろう。

「出た方がよさそうだ」

小さく声をかけて、立ち上がる。くまさんが「      」と言った。
ぼくは「そうかもしれないね」と、思ったけれど口に出しはしなかった。それどころではない!そろり、そろりと、出口に向かう。いちおう自然にだ。

「帽子、ください」
カウンター席の男が注文をする。ここはカフェなのでもちろん衣服や装飾品ではない方の帽子である。ここそんなん置いてるのか。合図のために頼んだのは言う間でもないが、ゆっくり食事も出来ないとわかってしまった。
『このビル』は、『それ』だった。

「こういう人って、やたらと拠点をお買い上げしてるんだよな……」

「慣れてるんですね」

店から出て、フロアを歩きながら、彼女が聞いてくる。
とても平坦な声だった。

「そりゃあ、ワケがあるからね」
ワケでもなきゃ、やってられない。嫌な慣れだ。

「ワケですか、皆、ワケがありそうですね」

「そ。もちろん、あの『彼』もワケがあるんだ。あまり言いたくないけど」
2019/06/16 19:38


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 558