小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:マエノスベテ 作者:たくひあい

第44回 62 63
62
 店から出ながら、彼はぼくに謝ったが、ぼくはぼくで彼とでも居なければこういったところに寄らなかったと思うことや、新たな経験になったということを告げた。

「殺人犯と同じ席と言われているよりは、マシな気分だよ」

彼は、じっとぼくを見て、少し悲しそうな目になった。

「あれは、きみが、殺したわけじゃないだろう」

「櫻さんは、ぼくが殺したと言った。ぼくは、殺したんだよ」

帽子がちゃんとかぶれているか確認しながら、息を吐き出す。 近所に住む櫻さんという作家をしている女性の父親を――ぼくは殺している。
もっとも、それは短くまとめた結果であるのだけれど。

 今ぼくの隣に居る彼の巻き込まれた誘拐事件と、何か繋がりを持っているある組織と関わっていたのが、その父親だった。この街は、その櫻さんたちが多くの土地を持っていたから、それからはあちこちから恨まれている。ずっと。

「逃げ出した、だけじゃないか、それに」

「君がわかってくれるならいいさ。でも、今の、この現状は、みんなぼくを避けているじゃない?そういうことなんだよ」


正義とか悪とかじゃない、何か。事実は事実。どうにもならないだろう。

「謎が、解けなきゃ、もっと多くの人間が殺されていた。僕も、死んでいたかもしれない、僕は、正直櫻さんがきみをどう言おうと別に構わない」

「なんでそんなに、必死に言うんだ?」

彼がやけに困った顔になるのでぼくは逆に、穏やかに笑った。
「どんな理由でも、誰かは死ぬよ」

櫻さんの声を、微かに思い出す。なにを、言ったかまでは、よくわからなかった。
ぼくは、ただネタにされているどころか、櫻さんには執拗にネタにされているのだが、これもこの憎悪が背景にあるみたいだ。少し前に見かけた彼女は、父親殺しの主人公の話を描いていた。

「櫻さんの恨みは相当なものなんだ。だからこそぼくを常に描かなければ、昇華出来ないという凄まじい暗示にかかっている。もはや自分の意思では止めることが出来ない。
出版社側も、それを黙認しているしかない状態なんだと思うよ」
2019/06/02 23:43


63
「ぼくを殺すか何かすれば、いいのにな」

 死にたいわけでもないが、誰もが櫻さんの病気を止めるわけでもないなら、もう為す術がない。意思ではどうにもならないなら、周りがどうにかするしかない。
もしかするとネタにされる為に、奴隷みたいに生きろってことだろうか。
いや、既に死んでいて此処が、ぼくの地獄なのか。

毎日、毎日、本が増えていく。櫻さんの本は、花びらのようにぼくへの恨みがネタになって増えていくのだろうから、きっと今、『これ』をぼくが記していることすら、許せなくて、また書いていくのかもしれない。

比例してぼくの自我は、毎日、毎日、壊れていく。
櫻さんの恨みが、数年後にはひとつ人間を形成できなくなっているまでぼくを例えば削りとったとき――そこに、何が残っているんだろうか。
こんなワケがあるなんて、誰も思わないだろうななんて言いながら、彼を見上げてぼくはできるだけ明るく言った。

「さてと、金曜日にウシさんがどこに居たのかな、誰かが見てるといいけど」
2019/06/03 00:15


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 577