小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:マエノスベテ 作者:たくひあい

第26回 31 32
31
 フリンダ、ってなんだか不倫と似ていた。
もしかしたら不倫だと言ったのだろうか。

「ふりん……ですか?」

彼女は首を傾げる。

「お菓子ではなく」

「ぷりんですね……えっと」

携帯から電子辞書を起動する。不倫、にわかりやすい表現は――っと。

『道徳に反すること。男女の関係についていう』
『人道に反すること』

余計わからねぇ!!
なんだこれ、不倫がつまり何かさっぱりだ。

「盗みや人殺しも、不倫ですか」
ぼくが呟いてるのを見て、彼女は真剣に聞いてきた。

「盗みや人殺しは不倫では……いや」

恋愛が絡んでいたらある意味不倫では?
的確な表現が見当たらないのに、他人にどうこう言うわけにはいかない。
あれ、不倫って何だ?
浮気とは違うのか?

「好きな人がいるのに別に好きな人と関係を持つというか」

「それは『別れよう』じゃないですか?」

確かに、ドラマや漫画でそんなシーンがあると『別れよう』だった。うん。
一応、浮気を検索すると最初に出てくるのは心が浮わついている、とか陽気で派手だった。
2019/04/27 14:34



32
 辞書を見ていてもあまりしっくり来るものがない。
これではもし『そういう意味』が含まれていたとしても彼女が理解出来なくてもなんら不思議ではなかった。

「ご両親からは、なにか」

「ずいぶん前からほとんど関わりがありません」

それは困った。
ぼくも的確な説明ができないぞ。
「少女漫画は」

「あまり好きではありません」

……そうですか。
いろんな意味で、ぼくが少女漫画を力説するわけにもいかないため、唸ってしまった。

「それが何か関係があるのですか」

 陽気で楽しく居たところに、ウワキダとかフリンダとかわけのわからないことを叫ぶ男が急に住み着いて、ひたすら怒鳴っていて、さらに理解を求めようにも計算だとか馬鹿だとか余計に怒りに火をつけてたらそりゃ無防備なところをボコボコにしているのと変わらない。

「失礼ですが、マエノスベテとご結婚は?」

「いえ……全く」

「失礼しました」

結婚しているかどうかで浮気との違いをまとめることはできなかった。

2019/04/27 14:55


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 558