小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名: GIRLS SWEET LOVE2011(高1)〜私たちの物語 作者:YOSHI

第2回 4月11日 岡山駅初体験
PM4:00に授業が終わって、私は歩いて岡山駅に向かった。

そしてさんすての本屋に行ってアイドル関連コーナーにある所にいた。

私はAKBが大好きで、特に大島優子ちゃんや渡辺麻友ちゃんを主に推している。

AKBがデビューした頃は私たちが小5で、いつかアイドルになりたいと思ってた頃がある。



PM4:55

千沙ちゃんからメールが来た。

「ゆきちゃん、今何処にいるの?」

「Re:今はさんすての本屋にいるよ」

「Re:岡山駅の中を色々行ってみようか。私たち初めてだから迷子になるかも」

「そうじゃな。そうしようか」



そういえば千沙ちゃんは岡山駅に行く機会がないから一緒に連れて行ってあげよう。



4月と言えば桜。

私たちが小学校に入学した頃(2002年)は校庭に桜が満開になってたね。



小学校だけじゃなくて、近所の公園の桜もめっちゃ綺麗だし、岡山駅の西口広場の桜の木も満開になってる。

この時期はお花見に行きたいなと感じる。



小学校からの親友の千沙ちゃんとは喧嘩もせず、ずっと仲よくしてる。

帰る時は一緒に帰ってた。

泣き虫だけど、とても優しい女の子だよ。



ちなみに私は地元のソフトボールチームに入ってた。

その頃はピッチャーで相手チームの男の子たちを三振に打ち取った事があるんだ。

私は女の子にモテモテで人気度が沢山だった。



今日は初めて千沙ちゃんと岡山駅でデート。

高校生になって初体験。

そういえば、小学校の終わり頃に千沙ちゃんにこんな事を言ってた。

<回想>

「4年後って私たちは高校生になってる頃だね」

「そうじゃな。千沙ちゃんはどんな感じになってるんじゃろ?」

「わからないよ。ゆきちゃんは?」

「どうかなぁ?そんなに派手じゃなくて可愛い感じかな」

「そうだね。私も」



そして中3の終わり頃(2月)に私たちは私立の高校の志望校に合格した。

私は就実、千沙ちゃんは山陽女子。

高校は違うけど、帰りは岡山駅で会えるからいいじゃん





千沙ちゃんと一緒に地下街に行ってみた。

今までこの場所の雰囲気を見た事のない私たちは不安に感じた。

「地下街初めてだね。ゆきちゃんと行くの」

「そうじゃな。手を繋ごうか」

と千沙ちゃんは照れ臭そうに「ゆきちゃんと一緒で嬉しいよ。小学校の頃からいつもそばにいてくれるから大好き」といった。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 47