小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:サンタクロースパイ 作者:COLK

第9回 9.サンタクロースの好物は?
そして、

帰る途中、この前も行った「喫茶窓際族」に

立ち寄った。そう、前に来た時に、店の雰囲気も良くて、店長がとても良い人だったから、霧河は、この店がとても気に入ったのだ。





カランコロン





「いらっしゃい」

「すいません。今日はブラックコーヒーでお願いします」

「かしこまりました」





コト





店長はまた、霧河に話しかける。

「久しぶり!お!今日はコーヒーかい?」

「はい」

「コーヒーも好きなんだね」

「まぁ」

「この前はコーンスープだったけど、今日は

コーヒー。大人らしい飲み物も飲むんだな」

「はい」





ジュー





そこで店長も、霧河にクリスマスの話をした。

「そういや、もうすぐまたクリスマスがやって来るね。お客さん、何が欲しいんだい?」

「え?クリスマスって、大人がプレゼントを

もらうモノじゃないでしょ?」

「そうだけどさ、何か欲しいとは思わない?」

「ん〜・・・大人になってからは、考えた事がないですね」

「そうか。で、子供の頃は、サンタクロースを信じてたかい?」





店長のおじさんもそんな事を聞いてきた。





「はい。信じてましたよ」

「そうか。俺も昔は信じてた」

「え?店長さんも?」

「ああ。でも、いつから信じなくなったっけな〜。でも、サンタクロースって魔法使いなのに、何で子供の頃はあんなに素直に信じちゃうんだろうな。不思議だな」

「そうですね。なぜか信じちゃいますよね」

「うん(笑)。でも、子供の頃を思い出すと、何か懐かしくなるな」

「はい」

「そういえば、サンタクロースの好物って何だろう?」

「え?」





そういえば、霧河は、そんな事を考えた事は

なかった。





「サンタクロースもオッサンだから、やっぱ

酒とか煙草とか?クリスマスは、深夜に活動するから、ブラックコーヒーも飲むのかな?

まぁ、本当はいねぇから、考えても仕方ねぇけど(笑)」

「そうですね(笑)」

「ブラックコーヒーか。そういえば、昔は俺も、飲めなかったな〜。それが大人になると

こうやって好きになるから、人の味覚の変化って不思議だな」と霧河は思った。そして、

霧河は、コーヒーを飲み干し、

喫茶店を出て行った。





カランコロン





「ありがとうございました」





帰った後、霧河は店長との会話を思い出した。





「久しぶりにあの店長さんと交わした会話、

楽しかったな〜。しかし、なかなか普通なら

考えない事を考えてるんだな。面白い」

そして、布団に入った。

(サンタクロースの好物・・・か〜。そういや、絵本とかにも、そんな事は書いてなかったな。サンタクロースは、色んな子供達に

色んなモノをあげてるけど、サンタクロース自身は何が好きなんだろ?もし、店長さんの言う通り、酒や煙草が好きなら俺と真逆だな)そうして、霧河は眠りについた。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 578