小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:サンタクロースパイ 作者:COLK

最終回 57.たとえ、犯罪だとしても・・・
時計を見てみると、時間は、23時37分だった。





「おっ!いっけね!!もうクリスマスになっちまう!!!

急がないと!!!真っ赤なお鼻の〜トナカイさ〜んは〜♪=A

って俺、トナカイ飼ってねぇけど(笑)」と言い、

あの、黒いサンタクロースの服を着て、玄関まで移動しようと

思ったその時、子供達をはじめとするたくさんの人達が

呼んでいる声が自分を呼んでいるような気がした。





「お兄さん=A兄ちゃん=Aお兄ちゃん=vなどと。





「おっ!皆、俺を呼んでるな!!」





そこで、霧河はこんな事を思った。





(俺のやってる事は、確かに犯罪だ。だからいつか、

もしかしたら、この事が、本当に現実でもバレて、

もしかしたら、捕まってしまうかもしれない。でも、皆、

凄く喜んでくれるし、これからも、たくさんの人達に、

プレゼントだけじゃなくて、夢や希望も与えたい。だって、

それが、俺の生きる意味だと思うから)と。





外に出ようとした時、玄関に飾ってある、

霧河の幼い頃に、両親と一緒に撮った家族写真が目に留まり、

霧河は、笑顔で、

「父さん、母さん、行ってくる」と言い、

そして、玄関のドアを開けた。





バタン



「霧河竜令」。本名、「網田謎留」。これからも、彼は毎年、

クリスマスに、子供をはじめとするたくさんの人達に、

プレゼントや夢や希望を与えていくだろう。





クリスマスの朝、

枕元を見ると欲しいモノが置いてある≠ニいう現象は、

もしかしたら、この、不思議な男が起こしているのかもしれない。


← 前の回  ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 828