小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:サンタクロースパイ 作者:COLK

第40回 40.彼女の祖母の様子が!?
その後、また、

彼女の家へ向かった。相談するために。





そして、ドアを開けようとすると・・・





ドンッ!!





彼女が突然出てきて、窓河は、ビックリする間もなく、

顔を思いっきり打って、同時に鼻血を出した。





バン





「痛って〜!!!」

「あ〜!!ごめん!!来てくれたの!?でも、ごめん!!私、

今から、おばあちゃんのいる病院へ行くの!!!」

「え!?」

突然過ぎて、窓河は焦った。

「どういう事だよ」

「話は後!!!」彼女は、道路でタクシーに向かって手を上げ、

「すいませ〜ん!!!」と言う。





そのタクシーに乗って、

タクシーの中で話を聞いた。祖母の様子が

おかしいというらしい。病院に着いて、様子を見てみると、本棚に置いてあるお菓子のレシピの、写真が映っているページを破り、それを食べている。





「おばあちゃん!!」そう言って、

祖母のその異食を止めたが、祖母はまだ、

「ケーキ・・・ケーキ・・・」、あるいは、

「プリン・・・プリン・・・」、あるいは、

「クッキー・・・クッキー・・・」と言っている。コレらは、

全て、窓河があの喫茶店のお茶会で作ったモノだ。





窓河は、

「アレ?何かおかしいぞ!!コレは!?」と

言った。





「え!?」

「いや、コレ、全部、俺があの喫茶店で作ったヤツだろ!?」

「あ〜!確かに、そう言われてみれば!?じゃあ、私、ちょっと、急いでコンビニで買って来るわね!!」





そう言って、彼女は、

ケーキやプリンやクッキーを買って、祖母に食べさせるが、

あまり美味しそうにしない。





次の日、窓河と彼女は、あの喫茶店で、

久しぶりに色んなお菓子を作った。もちろん、

ケーキもプリンもクッキーも。





それを、

病院へ持って行って食べさせると、

彼女の祖母は嬉しそうに笑い、少しだけ元気を取り戻した。





二人は揃って、「良かった〜」と言った。

「あのさ」と窓河が言い、彼女が「ん?」と言った。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 828