小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:サンタクロースパイ 作者:COLK

第34回 34.コーヒーを淹れる才能
窓河は、彼女に、「食器洗い、手伝おうか」と言った。





だが・・・





「あ〜、良いわよ良いわよ!!窓河君はお客さんだし!!あ!でも、この後、もし興味があったら、コーヒー入れてみない?!」

「コーヒー?こんな時間に?睡眠の妨げにならねぇか?」

「良いのよ!良いのよ!私は明日、仕事、休みだし!!それに、

私ン家は皆、コーヒーが好きなの!!私も、お父さんもお母さんも、おじいちゃんもおばあちゃんも!!」

「へ〜!じゃあ、弟君や妹さんは?」

「あ〜、あの子達は皆、カフェオレは好きよ!!」

「そうなのか〜」





窓河は、その時、窓河にとっては、初めての事だったが、

コーヒーを淹れてみようと思った。





「うん。分かった。俺はやった事はないけど、やってみるよ」

「ホントに!?ありがとう!!」

「いやいや。良いよ良いよ」

「じゃあ、やり方を教えるわね!こうやって、粉の中にの≠フ字を書くようにお湯を入れるの!!」





そうして、彼女に言われた通りに、窓河は、お湯を入れた。





ジャージャー





「そうそう!上手上手!!窓河君、ホントに初めてなの!?」

「え?初めてだけど、こんなの、誰でも出来るだろ」

「そんな事ないよ!コレって、簡単そうに見えて、実は、

意外と難しくて、とっても奥が深いのよ!!」

「そうなの?」

「そうよ」

「そっか〜。何だか良く分かんねぇけど、

そう言われるとテレるな (笑)。嬉しいよ!ありがとうな!!」

「いえいえ!美味しいコーヒー、出来そうだな〜!!♪」その後、窓河は、次の日も仕事があるため飲まず、彼女の兄弟や姉妹も

先に寝たため飲まなかったが、彼女と彼女の家族は、

窓河が淹れたそのコーヒーを飲んだ。

「いただきます!!!」





そして、皆いっせいに「凄く美味しい!!」と言った。

彼女は、「窓河君、凄く美味しいよ!!ホントに初めて淹れたの!?」と言った。

「ありがとう。あ〜、初めてだけど」と言った。





「凄い〜!!じゃあ、また、いつでもウチに

来てよ!!また窓河君のコーヒーが飲みたい〜!!」

「良いけど」

「良いの!?やった〜!!!」

「こちらこそ!今日はありがとう!!また来ても良いんだな!!ありがとう!!また来させてもらうよ!!」

「じゃあね〜!!」

「うん!じゃあね〜!!」と言って、

その日は終わった。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 816