小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:サンタクロースパイ 作者:COLK

第33回 33.料理上手な彼女
そこで、その同期の女性社員が

「窓河君、今日は良かったら、私ン家に寄ってかない?

自分で言うのも何だけど、ウチは結構良い家だし、

家族も皆、良い人達だから!!!」と言った。

「じゃあ、お言葉に甘えて・・・」と窓河が答える。





彼女に案内してもらい、彼女の家へ向かった。





「ここが私のおウチよ!!」

「ワ〜ッ!!確かに綺麗だな〜!!!

そこそこ大きいし!!!」

「さぁ、上がって!!!」





そこには、彼女の家族がいた。両親、祖父母、兄弟、姉妹まで。

兄弟、姉妹はいずれも

幼くて、年齢はかなり離れているが、彼女の弟や彼女の妹がいる。大家族だ。そこで、彼女の弟が

「おかえり〜!アレ?姉ちゃん、友達連れて来たんだ!!

こんばんは〜!!」と言う。

それに対し、窓河は、「あ〜、はい、こんばんは」と答える。妹は、窓河に「へ〜!良い人そう!!」と言った。





窓河は、

(この子達、良い子達だな。こんな俺なんかの事を良い人なんて言ってくれるなんて・・・)と思った。





彼女の父や母、

祖父や祖母は、にこやかに「いらっしゃい!いつも、

お世話になってます!!」と挨拶してくれた。そう言われ、

(へ〜!なんて良い人達なんだ!!)と思った。





するとその後、

女性社員の彼女は、

「あ〜!そうだ!窓河君!!良かったら、

私、料理、作ってあるから食べてかない?」と彼女が言う。

窓河は、「う、うん」と答えた。





そして、電子レンジで料理を温める。





チーン





「出来たわよ〜!!」





彼女の家族は皆、

揃って「ワ〜ッ!美味しそう〜!!」と言う。

窓河もそれを見て、

(確かに美味そうだな)と思った。





皆で

「いただきます!!!」と言って、食べた。





窓河も一緒に彼女のその料理を食べた。





皆、「美味しい!!」と言っている。





パク





「うんめぇ〜!!確かに美味いな!!

一度冷めて温め直したのに、こんなに美味いとは、スゲ〜な〜!!」物凄い勢いで食べる。

バクバクバクバク

あまりがっついて、勢い良く食べるので、

皆、窓河の方を向き、完全に固まった。





皆「・・・・・・」といった感じで、凄く静まった様子である。





窓河は、「ん?何ですか?皆、

どうしたんですか?」と言った。皆、同時に口を揃えて、

「いや・・・、良く食べるな〜・・・って」と言った。

「え?(笑)そうですか?」

「うん」と、今度は、皆、同時に首を縦に振って言った。

「そうですか?(笑)あんまり美味しいモンだから・・・アハ・・・アハハハ・・・」

彼女は、「そう(笑)、でも、凄く喜んでくれたみたいで良かった」と言った。そして、皆、夕飯を食べ終わり・・・





「ごちそうさまでした〜・・・」





窓河は、

「フ~ッ!!食った食った〜っ!!!」と言った。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 828