小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:サンタクロースパイ 作者:COLK

第31回 31.店長に過去を打ち明ける霧河
次の日は

仕事が休みだった。その日、昼から

「窓際族」に向かった。





カランコロン





「はい。いらっしゃい」





店長が声をかけてくる





「お〜!この頃、良く来てくれるね!!

ウチが気に入ってくれたようで、俺は、凄く嬉しいよ〜!!」

「あ〜、いや、店長さんが凄く面白いお方で、

いつも話していて凄く楽しいんですよ!!」

「そうか〜!そりゃ良かった〜!!」

「はい!!」





「面白い・・・か。そんな事言ってくれる人は、

今までほんの2、3人しかいなかったな・・・」

「そうなんですか?」

「ああ」

「・・・・・・」





霧河は、昨夜考えて、やっと分かった事について店長に話した。





「あの〜、以前、店長さんが教えてくださった僕にとっての

コーンスープが酒と同じくらい高価だ≠ニいう事の意味が、最近、やっと良くわかりました」

「あ〜、アレか〜。あれからずっと考えてたんだな〜」

「はい。まぁ。あの、この前、ある女の子が、ボロボロになって

使えなくなったマフラーを大切な人からもらった大切なモノ

だから≠チて言って、ずっと大事に持ち続けていたんです」

「ほうほう」

「それから僕も、最近、亡くなってしまった両親がくれた色んな

モノが、全て、自分にとっては凄く大切なモノだったと、今、

改めて実感したんです」

「なるほどね〜。ところで君、聞いてすまないけど、両親が

亡くなってるのかい?」

「はい。僕が小学6年生だった頃に」

「そうか〜。そりゃ可哀想に。あともうちょっとってとこで、小学校を卒業するところも、両親に見てもらえなかったんだな・・・」

「はい」





「哀しいな〜。両親も、さぞ見たかっただろうよ」

「ありがとうございます。いたわってくれて」

「いやいや、そんなに大した事じゃねぇって。口で何か言うぐらい、誰にだって出来るだろ」

「でも、嬉しいんですよ!!」

「そうか。お客さん、とても素直だねぇ〜」

「ありがとうございます!!」


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 816