小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:サンタクロースパイ 作者:COLK

第2回 2.変わった名前の喫茶店
ウ〜(犬の鳴き声)、

夜になった。





「寒ぃな〜。どっか暖かい、飲食店にでも行ってみようかな?」





自分でも、何が食べたいのかは分からない。

店を探した。





「喫茶窓際族きっさまどぎわぞく」と書いてある店があった。





(変な名前、でも、これは面白い。

それに「窓際族」って名前は何となく好きだから入ってみよう)





カランコロン





「いらっしゃい」、

「店員さん、ちょっと温まるコーンスープを

一杯ください」

「はい」





コト





ジュ〜ッとすすりながら、

思いにふけった。

「は〜。皆大人になったら酒を呑むけど、

身体的に良くないし、やっぱ、

こっちの方が良いよな!」と一人で思う。





他の大勢の人達と

関わるのは別に嫌いではないが、

身体や精神を傷つけて、苦しくなるのは

嫌だし、暴れている人が多い、騒がしいところはとても苦手で、

そういうところは、いつも極力避けてきていた。そう、彼は、

隠しているだけで、とても繊細なのだった。





悩みを抱える繊細な彼は、自分で

その時その時で良い居場所を探す、風来坊剣士のような、

この時代では特殊と思われがちな存在だった。

あまり言うと長くなるので、これくらいにしておこう(笑)。

そこで店長さんが尋ねた。





「お客さん、随分と渋い顔してコーンスープ飲むね(笑)」

「え?悪いですか?(笑)」

「いや、悪かねぇけどさ、初めて見るもんだから、俺も驚かされちまって…、

まるで酒飲んでるみてぇに飲むな (笑)」

「はぁ」





しかし、店長さんが言う。

「お客さんがそれだけそのコーンスープを

酒を呑むような顔で飲めるって事はな、

そのコーンスープがお客さんにとって、

それだけ尊い存在、つまり、

お客さんにとって、普通の人の酒≠ニ

同じくらい、なくてはならない高価なモノ≠チてワケだ」と言った。





霧河は、この時、

店長のおじさんの言っている事が

どういう事なのか、

解るようで、まだピンときていなかった。





ジュー=A





霧河はその後、

コーンスープの続きを飲んだ。

(ここで考え事をするのは不思議な感覚だ、

いや、いつも、考え事って不思議なんだ…)

そして、しばらくして・・・


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 525