小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:黒いチューリップ 作者:castlehill

第14回 98 - 100

   98

 若い保育士が黒いツナギ服の男に車検の費用や自動車のキイを渡すところを、児童養護施設の園長が事務室の窓を通して見ていた。不安は募るばかりだ。その思いが自分の痩せた体を更に貧弱に見せているらしい。最近よく、「どこか具合でも悪いんですか」と人から訊かれる。
 私用で中古車の業者が施設内に入ることは知らされていた。それは問題ない。園長を悩ませていたのは保育士の五歳の子供に対する愛情の注ぎ方だ。まるで普通じゃなかった。今もそうだが、いつも一緒にいる。溺愛と言っても過言じゃない。それが毎日どんどん酷くなる。いくら忠告しても彼女は聞く耳を持たなかった。
 園長は十九歳になる我が子のことを考えた。口に出して言うことはないが、自慢の息子だと心の中では常に思っている。自分なりに一生懸命に愛してきた。それ故に叱ったり、喧嘩したりすることも数多い。だけど、それが普通じゃないだろうか。あの若い保育士の接し方は、どこか変だった。
 中学では息子のクラスメイトで優秀な生徒だ。それが友達に唆されてやった万引きを切っ掛けにして成績が落ちていく。結局は君津商業へ進むのが精一杯だった。卒業すると駅前のパチンコ店で働き始めた。半年もしないで夜の仕事に移る。金遣いが荒くて、とうとう高収入が期待できる風俗店へ面接に行く。娘の素行に困り果てた両親が相談に来て、手を差し伸べることにした。いい子だっただけに立ち直ってもらいたい。物欲に囚われないで自分を大切にして生きることを諭した。この施設で二年間勤務させてから、保育士の免許を受けさせた。
 合格してくれて良かったが、保育士として相応しくないぐらいに男友達が多かった。いつも仕事が終わると外に誰かが待っていてデートに行く。毎回のように人が変わった。他人のプライベートに口出しはしたくなかったが、注意すべきだと判断した。あまりにも男女関係が激しい。
 ところが手遅れだった。その前に事件が起きてしまう。写真撮影を許した男に乱暴されたのだ。大声を上げてレイプされるまでには至らなかった。スターレット・ターボの頭金を出したのに抱かせてもらえなかった男の欲求不満が爆発した形だ。近くのローソンへ、全裸に近い姿で逃げ込んで助かった。中学の頃からカメラが趣味だった男は警察に強制猥褻で逮捕されて懲役刑に服している。
 これからは生活態度を改めるように、しっかり注意した。そして護身用のボールペンを買って持つべきだと助言を与えた。普段は筆記用具で、いざとなれば車の窓ガラスを割れるし、強力な武器にもなる便利な品物だ。他の職員、特に若い女性スタッフには強く勧めていた。
 反省した表情の保育士の口からは、もう一度に付き合う男性は三人以内にします、という言葉が出てきた。
 呆れてモノが言えない。じゃ、これまで同時に何人の男と付き合ってきたの、と聞き返したかった。  
 男の子は五歳になって乳児院からこの児童養護施設へ送られてきた。何か問題があって両親に育ててもらえない幼児が辿る通常の移動だ。しかし園長だけは、その子供に関係する書類には記載されていない事実を聞かされていた。なんて、おぞましい。
 あの子の母親は中学校の美術教師だった。魅力的な女性で、大勢の生徒たちから慕われていたらしい。ボーイフレンドも何人かいたようだが、未婚のまま双子の男児を出産。しかし一人は死産。傷心だったには違いないだろうが、その後に彼女が起こした行動とはどう考えても結びつかない。
 産婦人科の保育室で赤子に母乳を与えていたのが、母親が最後に見せた正常な姿だ。近くにいた助産婦が電話で呼び出されて――イタズラ電話だったらしい――戻ってくると、その母親は隣に寝ていた他人の赤ん坊の首を鋭利なナイフで切り裂き、逆さに吊るして流れ落ちる鮮血を自分の子供に浴びせていたと言うのだ。書類では、母親は心神喪失で施設へ収容としか書かれていなかった。
 次は何をしでかすか分からない。危険なので母子は直ちに引き離された。彼女の几帳面だった性格も一変して、移送される際でも身の回りの整理は全く出来なかった。ただ奇妙なことは、知り合いの女が見舞いで持ってきた白いチューリップの花――飛び散った血で赤黒い染みがついていたにも関わらず――を、母親は大切そうにずっと手にしていたらしい。
 ああ、恐ろしい。
園長は聞いてしまったことを後悔した。忘れようと努めれば努めるほど、頭の中に鮮明な絵が浮かんでくるのだ。
 シーツが乱れたベッドの横で椅子に腰掛けて空を見つめる放心状態の母親。かつては美しかったが、その面影は残っていない。老婆のようだ。ただ痩せ細った手で赤黒く汚れたチューリップを大事そうに握っている。そんな夢を見ては夜中に何度も目を覚ました。
 もしかして呪われた子なのだろうか? 高い教育を受けたはずの園長の脳裏に、最近そんな非現実的な言葉が頻繁に現れる。その度に理性で否定するが、保育士とその子供の異常なほどに親密な関係を見ていると徐々に自信が無くなっていく。今では子供の方が相手を操っているようにも窺えたし、世話をする保育士の顔には恋をしている女の表情さえ浮かぶ時があった。日報にしては、あの子のことしか書いていない。
 子供が普通の子であってほしい、と切に願う。特別に聡明でなくていい。何かに秀でていなくてもいい。無邪気に遊んだり泣いたりする五歳の幼児の姿を期待した。
 この児童養護施設で自分がコントロールできない何かが進行している思いが消えない。あの子が施設に来て以来、不安で園長の体重は減り続けている。
 お昼近くだった。その保育士が画用紙を片手に、前年度分の領収書を整理していた園長の前までやって来た。足音からして何か急いで知らせたい事が持ち上がったのだろう。ところが彼女は無言で、しかも一方的に子供が描いた絵を机の上に広げたのだ。仕事中の上司に対する態度じゃない。年齢だって親子ほど離れているのに。せっかく束ねた領収書が散らばってしまうじゃないの。ムッ、と腹が立った。何も説明しない方が相手に強いインパクトを与えると、彼女が勝手に判断したのが明らかだ。だから敢えて、すぐには画用紙に目を落としてやろうとはしなかった、ところが−−。
 「えっ」思い通りにはなるまいと身を構えた園長だったのに、反射的に驚きの声を漏らしてしまう。
 絵そのものは五歳ぐらいの子供がクレヨンで描いた稚拙なものだった。花壇に咲いた花を写生したに違いない。特徴的な形だから種類も分かる。ところが、その植物は異様にも全体が真っ黒に塗り潰されていたのだ。
 なんで、一体どうして? チューリップが真っ黒なの。 
 保育士の声には相手の反応に満足した響きがあった。すっかり自分の発見に興奮しているらしく、まるで我が子を友達に自慢する口調に聞こえた。「あの子ったら、地面に映ったチューリップの影を描いたんだって。どう、凄くない? ねえ」
園長の女は若い保育士の言葉遣いを窘める気にも、また子供の非凡さに感心する彼女に同調しようという気持ちにもなれなかった。それどころか、いきなり頭から冷水を浴びせられたみたいに戦慄が全身を貫いた。

   99

古賀千秋は勤務時間が終わって、白いスターレット・ターボが停めてある駐車場へ向かっていた。日報を書くのに時間が掛かってしまい、養護施設を出ると辺りは薄暗くなっていた。
また明日になれば会えると分かっていても、あの子と別れるのが辛い。引き取って自分の子にしたいという気持ちが、日々どんどん強くなっていく。
バッグからウォークマンを取り出して、イヤフォンを両耳に着装する。本体のONスイッチを押すと反応がなかった。音が出ない。
え、やだ。これって、またソニータイマーかしら。保証期間が過ぎたと思ったら……。
ON/OFFのスイッチを押し直そうとして、身を屈めたところだった。後ろから誰かが駆け寄ってくる気配を感じた。緊張が走った。以前にレイプされそうになった恐怖が蘇る。
あいつだ。鶴岡の野郎だ。間違いない。え、もう刑務所から出てきたの? 早すぎない? 脱獄したんだ、きっと。そんなにヤりたいのか、あたしと。ふざけんじゃねえ。お前みたいなチビには意地でも体を触らせてやるもんか。
自動車の頭金を出してもらう交換条件として下着姿の写真を撮らせてやったんだ。サービスのつもりで悩殺ポーズを取ったら、バカの鶴岡は興奮して抱きついてきやがった。
今回は仕返ししてやるからな。襲われっぱなしの古賀千秋じゃないんだ。咄嗟にポケットに入れてあった護身用のボールペンを握った。
これを買ったときから早く使ってみたかった。チャンス到来。背中を丸めてウォークマンを確認したお陰で、相手の一撃をかわすことができた。反撃だ。正当防衛だから何をやっても問題ない。
「てめえ、ぶっ殺してやる」前につんのめった童貞男に向かって、古賀千秋は後ろから護身用のボールペンを思いっきり振り下ろしてやった。命中。しっかりした手ごたえを感じた。えっ。
「こ、こいつ、……女じゃないの?」

   100   
 
 女は病院の白いガウンを脱ぐと、男の服に着替えた。サイズは思った通りピッタリ。この貧相な中年男を選んだ唯一の理由が、それだ。その場しのぎだが、これで自由に外を歩ける。
 男は気を失っていた。そいつの財布を取り出して中身を確認してみる。まあ、これっぽっち。千円札が数枚しか入っていない。出来るだけ早く次の協力者を見つける必要がありそうだ。

 女は黒い軽自動車の横に倒れている中年男に助けを求めたとき、下着を取って白いガウンだけを着て小声で言い寄った。うっすらと乳首が見えていたはずだ。
 「ねえ、お願いがあるんだけど……」
 男は中年で明らかに独身。病院の警備員として働いていた。これまで女性と親密に話したこともないような感じだ。こいつは利用できる。不健康に痩せてる感じ。体の大きさも同じぐらいで、こいつの服なら着られそうだ。
「何だよ」
「子供を預けてある養護施設を見に行きたいの」
「どうして? 無理だぜ、ここから勝手に出て行くなんて」
「夜だったら何とかなるんじゃないかしら。朝までには戻れば誰にも知られないで済むでしょう」
「そうかもしれないけど、難しいぜ。それに子供の施設を見たって何の意味もないだろう?」
「いずれ引き取りに行くんだけど、場所が分からないのよ。どんな所に住んでいるのかも知りたいし」
「ふうむ。でも俺は手伝えないぜ。やったら犯罪だ」
「見つからなければ大丈夫よ」
「そりゃ、そうだけど。俺は嫌だ。やらない。ほかの奴に当たってくれよ。何も聞かなかったことにしてやるから」
「あなたに頼みたいの。お願いだから」
「どうして、俺なんだ?」 
「信頼できそうだから」
「よく言うぜ。俺のことなんか何も知らないくせに」
「あなたの仕事ぶりを見てれば誰でも分かるわよ、しっかりした人だって」
「うふ、本当かよ。嬉しいことを言ってくれるぜ」
「だから、お願い」
「いや、待ってくれ。俺には出来ない。いくら頼まれても、それだけは出来ない。この仕事を失うわけにはいかないんだ。やっと雇ってもらえた身なんだから。それに、やったとしても、俺に何の利益があるんだい?」 
「あたしを自由にしていいわ」
「……」
「好きなように料理してほしい。好みのタイプなの、あなたが」
「……マジかよ」
「だから頼んでいるのよ。あなたと親しくなりたいの、あたし」
「……」
「もう少しで退院できると思う。そしたら一緒に暮らしてもいい」
「本気で言ってるのか?」
「当たり前でしょう。初めてよ、こんな気持ちになったの」
「ふうむ」
「子連れの女だけど、それでも良かったら、あなたに尽くすわ」
「ちょっと考えさせてくれないか」
「いいわ」
「朝までには絶対に帰ってくるんだったよな」
「もちろん、当然でしょう」
 バカな奴だ。この世に、お前みたいな男に股を開く女がいるかしら。ちょっと煽てただけで、すっかり信じて本気になってる。呆れて物が言えない。男なんて騙すのは簡単。それも不細工な奴になるほど特に。
 当日の夜中、トイレの窓から外に出ると警備員の黒い軽自動車のトランクに身を隠して施設を出た。しばらく走って停車すると、トランクから出してもらう。男の茶色いコートを白いガウンの上に着て助手席に座った。久しぶりに外の景色を見る。すごく新鮮に感じた。
 トイレに行きたいと言って人気のない公園まで走らせた。車を降りたところで、隙を見て男の後頭部を病院から持ち出した懐中電灯で思いっきり殴った。気絶させるのが目的だったが、死んでも構わない。あたしが自分の目的を達成する為には、何人か犠牲者が出るのも仕方ないことだから。
 死んじまったかしら。倒れている男の口元に、屈んで耳を近づけた。生きている。呼吸をしていた。こいつ目が覚めたら、どうするだろう。警察に直行するか。それとも黙って自宅へ帰って頭の傷の手当をするんだろうか。そうして欲しい。いくらバカでも、警察へ行けば患者の逃走を助けたと罪に問われるのは分かるはずだ。しばらくは黙っていてほしい。病院は翌日から大騒ぎだ。警察が来て患者の逃走経路が判明するまで数日は掛かるだろう。女としては遠くへ逃げる時間が稼げるのだ。
 騙されたと知った中年男の落胆する姿を見てみたいが、それは出来そうにない。いい気味。お前の損害は頭の傷と財布から抜き取られた数千円だ。それで現実の厳しさを教えてもらえたんだから安いもんよ。女患者の色仕掛けに唆されて脱走を助けたなんて、恥ずかしくて誰にも言えない。せいぜい悔しい思いを味わいなさい。あはは。
 幸せな家庭を持ちたい。それが女の願望だった。十四歳で両親を失う。成人してからは理想の男性を求め続けたが、裏切られてばかりだ。悪魔の子まで産ませられた。でも諦めてはいない。きっと幸せな家庭を築く。
 女は悪魔の子供を出産する代わりに永遠の美貌を手に入れた。それが取引きだった。今は病院から逃走したばかりで悲惨な姿だが、すぐに元に戻ることを確信していた。それも以前よりも美しく。この痩せ細った身体も、男たちが目を丸くするぐらいの色気を発散するように蘇るのだ。
 子供は引き取りに行かない。愛情を感じなかった。無理やり産まされたんだから当然だろう。あれがいては理想の男を掴まえるのに障害になる。
 まだ復讐も終わっていなかった。父親の不倫相手だった女の娘、以前は親友だった女を捜し出すのに失敗していた。そいつの娘を失明させたいと考えていたのに、間違った女生徒にペナルティの白い粉末を飲まし続けてしまう。佐久間渚じゃなかった。もう一人の女子生徒だったのだ。母親の良子という、在り来たりの名前に翻弄されてしくじった。 
 男の服に着替えた女は公園から歩いて国道へ出た。街灯の下に立つと、通り過ぎていく車に向かって、長い髪を風になびかせながら手を挙げ続けた。ヒッチハイクだ。タクシーは金がないし、足がつくから使わない。
 夜の空気は冷たかったが気持ちよかった。思いっきり吸い込む。
そして体に残っていた病院の嫌な臭いを吐き出す。次第に希望が湧いてきた。今度は上手くやろう。いい男を見つけて絶対に幸せを掴むんだ。
 何台目かで若者が乗るようなクーペタイプの青い乗用車が停まってくれた。女は運転席に急いで近づくと言った。「悪い男に追われているのよ。お願いだから助けて」
 助手席に座ると、期待通りに車は急発進。背もたれに痩せた身体を預けると、ハンドルを握る二十代らしき男に微笑んで見せた。「ありがとう。なかなか素敵な車じゃない」相手の嬉しそうな反応を見て、すでに自分の美貌が蘇りつつあるのを知った。この若い男は使えそうだ。
 安藤紫は自由を取り戻す。
 進行方向の遥か遠く、黒い空に白さが滲んでくるのが見えた。まるで希望の明日に通じる扉が開こうとしているみたいだった。

                  
                END

but continued to 

    黒いチューリップ the final 『中古車』                           


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 327