小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:帝都、貫く、浄魔の拳 作者:ジン 竜珠

第94回 肆の十一
 帝都文明亭に心が連れてきた書生の話に、千宝寺千紗は、心当たりがあった。
 この間の携帯電話の禍津邪妄、おそらくディザイアに進化したのだろう。そのことは報告したが、心は「それ」と関連づけて考えていないようだった。
 だが、一緒にここに来ていた伊達紫雲英、梓川貴織は閃いたらしい。このあたりは、ストーカーの存在を、より身近な脅威と感じるか否か、感性の問題だろうが、やはり心は、護世士としては、未熟と言わざるを得ない。
「もう、誠吉さんたら、心配性なんだから」
 と、帝都文明亭で、沢子は笑った。
 しばらく前、千紗たちは、心の知り合いとして、細川沢子に会った。かなりの確率で、「一度、知り合った人間」は、時間が巻き戻った際にも、「旧知の仲」ということになるらしい。もちろん、そうでない人間もいたが、今回は「昔からの知り合い」になったようだ。
「まあまあ、いいじゃない。藝術寫眞を撮る人って、あたしも会ってみたいし」
 と、貴織は笑顔で言った。
「そうですよね」
 と、沢子も笑顔になる。手にした風呂敷包みには、自分で縫った、洋服があるという。これからは、女性も洋装が主流になる、ということで、自分なりにどのような形がいいか、色がいいか、研究しているらしい。さしむきデザイナーといったところだが、さすがにその名前は出せない。千紗の仕入れた知識では、女性の間で洋装が一般化するのは、関東大震災の後らしい。
 だから、滅多なことは言わない方がいい。
 そう思っていたら。
「いいッスねえ、沢子さん! バーバリーチェックのプリーツスカートとか、あんな感じの服、バンバン作ってください!」
「ばーば、りぃちぇっく? ぷりーつすかーと? なんです、それ?」
「ああ、それは、ヒダの入ったスカートで、今は、結構、膝上のミニが主流ッス……」
 紫雲英がそこまで言った瞬間。
 辺りに静電気のようなものが走った。
「バカ、伊達!」
 慌てて千紗は言ったが、遅かった。
 沢子はブツブツ呟きながら、考えている。
 明日辺りから、彼女はミニのプリーツスカートを作り始めるかも知れない。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 3774