小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:帝都、貫く、浄魔の拳 第玖部 作者:ジン 竜珠

第18回 玖の十八
「救世さん、お話、聞いてもらっていいですか?」
 闘いが終わり、結界も解除されたとき、天夢ちゃんが言った。
「二人きりで、その……」
 ちら、と、紫雲英ちゃんたちを見る。二人は、何かお喋りしていた。天夢ちゃんが二人の目を盗むようにして、僕の着物の裾を引っ張る。
 頷き、僕たちは、そこから離れた。

 行った先は、裏通り。この先に、大通りへ通じる道がある。
 僕たちは、ある民家と民家の間にある、路地に立っていた。
「ゆーるちゃん……松江さんから、聞いたかも知れませんけど、あたし、兄がいたんです。その兄のことを、あたしは、異性としてみていました」
「うん、聞いてる」
「これは、学校の先生とか、限られた人たちしか知りません。……あたしと、兄、冬樹(ふゆき)は、血が繋がってません。祖父に、『兄・冬樹に神職を継がせ、その補佐となる巫女の「妹」を、他家から迎え入れよ』という神託が下ったんです。普通ならそんな託宣、一笑に付されるところでしょうが、祖父は、かつて帝浄連のメンバーとして活動していましたから、親族の一部の中では、それを信じる土壌が出来ていました。そこで、親戚筋の中から、夫を亡くしてあたしを抱え、生活に困っていた、実の母からあたしを引き取ったそうなんです。あたしが、三歳か四歳ぐらいの頃のことです」
「そうだったんだ……」
 なんか、あまりにも大きくて、複雑で、僕なんかが聞いちゃいけないような気がしたけど、天夢ちゃんと約束したんだ、話を聞くって。
 だから、どんなに重くても、僕はそれを聞かなきゃならない。
「あたしは、兄の補佐としての勤めを果たせるよう、小学校に上がる前からいろいろと修行してきました。もちろん、兄も一緒です。両親が共働きで、仕事の関係で家を空けることも多かったから、兄と過ごす時間は、両親よりも多いぐらいでした。そんな中で、あたしが兄に抱く想いは、兄妹としてのもの以上になっていきました……」
 しかし、お兄さんは、その想いには応えてくれなかったという。お兄さんも、天夢ちゃんのことを「妹」としてだけに、見ていたわけじゃなかったらしいそうだけど、何か「心に決めた戒め」でもあったらしく、決して天夢ちゃんを「異性」として扱おうとしなかったそうだ。
「あたしが通う鼎女学院って、中高一貫校なんです。敷地こそ別々ですけど、道路を挟んで三百メートルぐらいしか離れてないし、一部の部活は中等部と高等部で合同になってて、一緒に活動するんです。あたしが中学の頃、剣道部と掛け持ちしていた工芸部って、そんな部活なんです」
「工芸部?」
「はい。手芸部じゃなくて、工芸部。木工とか簡単な彫金なんかでアクセサリーとかオブジェとか、作るんです。全国的にもレベルが高くて、何年か前の卒業生に、プロになった人もいるんですよ」
「すごいんだね」
 剣道もそうだけど、鼎女学院って、すごい女子校なのかも知れない。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 613