小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:帝都、貫く、浄魔の拳 第捌部 作者:ジン 竜珠

第18回 捌の十八
 これほど静謐で、集中して穏やかに剣を構え、なおかつ冷静に相手の剣技を分析できるなど、自分には、できなかったことだらけだ。これが、二つの勾玉が合わさった事による、「進化」、いや「深化」であることは明らかだ。
 陽光が降り注ぐ中にもかかわらず、ムラマサの刀から立ち上る「剣気」、その向かう先までもが、見える。
 そして。
 気合い一閃。踏み込んだ天夢の初撃は、かつてなかったスピードと剣圧を持って、ムラマサの刀を折った。おそらく、ムラマサの想定外のスピードと、パワーだったろう。ろくに刀を振るうこともせず、天夢に圧倒された。
 苦鳴をあげ、ムラマサが撤退した。追いかけようと思ったが、間に合わず、かき消すように消えた。そして、禍津邪妄も、姿を消していた。
「ヨロイ」が解除された。時間制限のようなものか、他の理由かわからないが、これまでは自分の意志で解除できていた。この「ヨロイ」は、少し事情が違うらしい。
 天夢は紫雲英に言った。
「ありがと、紫雲英ちゃん、助けてくれて。まさか、助けてくれるなんて思ってなかっ……」
 あんなことを言われた後だから、まさか、紫雲英が助けてくれるとは思ってもいなかった。
 天夢としては、純粋に謝辞を述べようとしたつもりだったが、紫雲英が不機嫌な顔になった。
「ふざけてるンスか? それとこれとは、別ッス。公私混同するほど、私、バカじゃないんで」
 今、自分が言おうとしたことが、失礼な物だったことに気づき、天夢は黙って、頭を下げた。
「……天夢ちゃん先輩、姑息ッスよ」
「え?」
「あざとい、っていうか、卑怯っていうか」
 割と、マジな目で天夢を見ている。それは、蔑んでいるようでも、呆れているようでも。
 紫雲英がどうしてそんな目をするのか、まるでわからない。
「ね、ねえ。紫雲英ちゃん。なに、言ってるの?」
「……『そんな格好』して、心さんの気を引こうなんて、最低ッス」
 本当に、わけがわからなかった。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 966