小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:パピヨンは、ご機嫌ななめ 作者:ジン 竜珠

第74回 dix−3
 今日も、由梨は休んだ。
 ほんとに、何があったんだろうな? おばさんの話じゃ、なんか、心因性のどうたら、ってことらしいんだけど。
 ていうか、おばさん、由梨の病気のことを、なんか知ってるっぽいんだけど、話してくれないんだよなあ。
「そういえば、川平(かわひら)も休んでるし、こずえちゃんになりすましてるシャットってヤツも休んでるしなあ」
 シャットは、このところ、続けて休んでる。ホンットーに、何か、企んでるんじゃないのか?
 川平に何か聞こうにも、あいつとは、一切連絡が取れない。電話は出ないし。
 ……そうだな、連絡網にあった、自宅だっていうマンションに行ってみるか。
 なんか、あいつのこと、気になってきてるしな。
 と、思ってたら。
「ん? メール?」
 三時間目が終わったとき、ケータイにメールが来た。
「白根(しろね)香澄恵(こずえ)……。シャットか。何を言ってきたんだ?」
 文面は、簡単だった。

 吾妻由梨の病気を治せるのは、あなただけ。その気になったら、放課後、彼女の家まで来なさい。

「……」
 訳がわからんが。
 行ってみるか。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 2021