小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:今日も杏とて。継 緒之章 作者:ジン 竜珠

第1回 まえがき
 以前「しばらくお休み」といったことを書かせていただきました。理由は複数、存在します。お話しできるもの、できないもの、ともにあわせて。
 で、お話しできる理由の一つを、書かせていただきます。
 もともと神氣学園の連中、特に天宮杏を「書き続けたい」と思って始めたシリーズだったんですが、それがいつの間にか、自分の中で「書かなきゃいけない」っていうものにすり替わっていました。それに気付いた途端、杏が「何を見て、何を思っているのか」がわからなくなったんです。「何を願っているのか」はわかるんですが、「何を見て、何を思っているのか」というのがわからないと、その人物の軸ができない。
 ぶっちゃけ、お話ができないんですね。
 それで、彼女の気持ちが理解できるようになるまで、お休みさせていただきました。
 その意味で、実は、もうちょっと先の方で展開させる予定だったエピソードを、ここでご紹介させていただくことにしました。
 位置づけとしては、第二シーズンの第一話になっていますが、本来、もっと先に持ってくるべきものです。実は、第二シーズンを始めるにあたり、例によってエピソードリストをある程度作成していて、その順番からいえば、最初には別のエピソードが来ることになっています。
 ただ、ここで、このお話を持ってくることで、杏に「帰って来てもらいたい」という願いを込めました。
 まだ、彼女が完全に帰って来たとは言えません。なので、かなりのスローペースで連載させていただければ、と思います。
 また、皆様にはご迷惑をおかけするスタイルになりますが、温かい目でお読みいただければ、と思います。

 それでは「今日も杏とて。継(ケイ)」、しばし、おつきあいのほどを。


次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 97