小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:神氣学園Saga 「AS(After Season)」 作者:ジン 竜珠

第48回 終劇之傳 傳之弐
「どうやら、お前が首魁(しゅかい)のようだな」
 菱森山の中腹にあるキャンプ場で、栂たちは一人の、白髪の男と相対している。男は、七十歳代だろうか。着ている白練りの服から想像して、自分たちと同じ神仙道か、古神道の修道士らしい。栂の言葉に、男が口の端を歪める。
「ほう。浜辺に放っておいた妖魔どもを、倒したか。まさか、これほど早くここに来るとは、思わなんだ。時間稼ぎにもならぬわ」
 栂が、咒氣を充填しながら、男を睨んだ。
「一応、聞いておく。何を企んでいる?」
 先刻の言葉から察するに、ろくな目的ではない。そもそも、ここの負の氣を引き出している時点で、おかしいのだ。まともな道士のすることではない。
 男が呵々大笑する。
「キサマも道士の端くれならわかるであろうに! 負の氣を実体化させた妖魔を、人に憑ける。その人間は業(ごう)を露わにし、周囲のものたちを、苦しめる。そして、それを修祓する。よい修行になるではないか!」
 冥神のメンバーは、これまでも、負の氣を引き出し、悪用する輩を見てきた。
 だが、この男は基本的な何かが歪んでいる。
「もし、本気でそんなことを言っているのだとしたら、一道士として、断じてお前のようなものを認めるわけには、いかん」
 同行した三人も頷く。
「まだまだ、青いな。何も起きなければ、人間はその業を、己の中にたたみ込んだままなのだ。それでは、前へ進めぬ。それぐらいわかるであろう?」
 嘲笑混じりの言葉を聞いていると、気分が悪くなる。睨んでいると、男がまた笑う。
「まあよい。いずれにせよ、もう遅い」
 そして、男が低くくぐもった声で咒(しゅ)を唱える。直後!
 地から、異様な流れがわき起こり、「それ」が現れた。
「鬼……か」
 赤銅色の異形。身長は二メートルほどだが、紛う方なき鬼であった。
「まだまだ、形にできていないものもあるが、その鬼が時間稼ぎをしてくれるわ」
 歪んだ笑いを貼りつけて、男が林へと向かう。
「室井(むろい)、高浦(たかうら)、その鬼を頼む! 井野(いの)、俺と一緒に来い! ヤツを叩く!」
 栂も、林に向かう。
 男がその気配に気づき、咒力を巡らせて、結界を作ろうとする。それを、井野の手刀が斬り裂いた。
 男も、自分の孫ほどの若い男に、自分の張った結界が破られるとは、思ってもいなかったようだ。狼狽した余りに、隙ができた。
 その隙を突き、栂が男の間合いに踏み込む。当て身を食らわせようとしたが、かわされてしまった。どうやら、体術もそれなりに心得ているらしい。
 男が体勢を整えようとしたが、井野がその間(ま)を与えないように、拳を、そして蹴りを放つ。
 足に咒力を込め、一気に跳躍して上空で身をひねると、栂は男の背後に着地する。林へ侵入するのを防ぐためだ。
「ウヌッ!?」
 男が、振り返り、栂を睨む。完全に挟み撃ちになった格好の男だが、不意に邪悪としか表現できない笑いを浮かべる。
「わざわざ、林に用意した陣に入るまでもない。ここに法陣を作ることもできる。そのための贄になれ!」
 男を中心として、強大なマイナスのエネルギーが渦巻き始めた。
 栂の中に焦りが生まれる。このエネルギーの大きさは、先刻察知した「負の氣」どころではない。これほどの術士だとは思っていなかった。
「邪術使いめ!」
 脚に力を込め、拳を構える。井野は、邪気に当てられ、気を失っていた。
 それを確認して、栂が全身の咒氣を拳に込める。他のメンバーが到着するまでの時間稼ぎはしておきたい。そして、踏み込もうとした時だった。
「……? 唄?」
 辺りに、涼やかな声が響いてきた。その韻律は心地よく、まるで、子守歌のようでさえある。
 それは、栂の知らないものであったが、神歌(しんか)に間違いなかった。
 栂だけではない。男も、室井も高浦も、そして、招魂された鬼でさえも、この唄に心を奪われているようだ。
 困惑とやすらぎとが混在する、不可思議な感覚の中、辺りが光に包まれた。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 7