小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:超次元管理官リ=ヴァース・全 作者:ジン 竜珠

最終回 超次元管理官リ=ヴァース・全
 ある休日の昼下がり。人々が思い思いの時間を過ごしている。
 ある親子は噴水の傍でアイスクリームを片手に憩い、あるカップルはベンチで、未来に思いをはせ、語らっている。
 そこへ、一体の怪人が現れた。
 怪人の出現に、誰かが悲鳴を上げる。それが引き金であったかのように、人々の間に狂騒が巻き起こる。
 最初に出口へ駆け出したのは、部活動帰りの、女子高生であったか?
 逃げ惑う人々の流れに逆らうようにして、一人の青年が怪人に向かってきた。
 そして、怪人に向かって、静かに言った。
「ここにいたか、鏡面体(ミラージュ)」
 怪人が首を傾げる。
「え? 鏡面体? 何、それ?」
「お前たちの総称に決まってるだろう?」
「名前? え? 怪人、じゃないの?」
 それには答えず、青年がノートパソコンのキーボード部分ぐらいありそうな、機材を取り出す。
「お前、そんなデカいもの、何処に持ってたんだ!?」
「? 元素構築による物質化に決まってるだろ? 何を今さら」
「ああ、そんな『設定』があったんだ」
 青年が、その機材を左腕に装着した。肘の部分には、まるで折りたたみ式の携帯電話を開いたような、突起がある。その突起部分に、青年が、砂が落ちきった砂時計のようなものを取り付ける。中の粒子の色は、白だ。
 青年がその突起を折りたたむと、突起の背の部分にあるディスプレイが光り、そこに砂時計の映像が浮かび上がる。徐々に砂が落ちていくような、そんな映像だった。
 これが、一度の「任務執行(へんしん)」に許された「権限発動」のリミットを表しているのだ。
「リバース」
 青年が声に出すと、それを認識した「カウンター」が光を放つ。それに応えるかのように、足もとから青年の全身を取り込み、さらに身長の倍以上あるような、巨大な砂時計が現れた。オリフィスを通って、上にある白い粒子が、高速で落ちる。その粒子に包まれ、青年が白と黒のツートンカラーで構成された装甲を身にまとう。
 それが完了すると、その砂時計が百八十度、右回りに回転し、爆(は)ぜるように消滅した。
「超次元管理官、リ=ヴァース。ユニ=ヴァースの力の元に、お前のひっくり返った価値観、反転させてもらう」
 青年、いやリ=ヴァースが、静かに宣告した。
「えっと。なんで、今回、こんなにマジなの? なんで、名前がダサくないの? なんで、キメ台詞があるの? なんで名もなき戦闘員が、一人もいないの?」
 怪人が、そう言った時。
「困ったもんだねえ」
 と、若い男の声がした。
 怪人とリ=ヴァースがそちらを見ると、そこにいたのは、白いロングコートを着た、長髪の男。右目を隠すように前髪を下ろしている。
「え? 誰?」
 怪人が首を傾げる。
 青年がリ=ヴァースに言った。
「どうして、一つの色に染めようとするのかな? どうして『多様』な価値観を認めないのかな? そんな『世界』、面白くないじゃないか」
 そう言って、皮肉めいた笑みを浮かべる。
 怪人がリ=ヴァースに問う。
「ねえ、誰、あれ?」
「いつも、いきなり現れては、意味深なこと言ってくるヤツじゃないか。お前の仲間だろ?」
「いや、あんなヤツ、知らんのだが?」
「そうか。黒幕か」
 怪人には、リ=ヴァースの言っていることが、まったく理解できない。
「価値観が『多様化』しすぎるのも、考え物なんだが?」
 また、新たな声がした。それは、スーツを着た長身の若い男。アンダーリムの眼鏡をかけている。
 眼鏡のブリッジを押し上げながら、クールな声で、男が言った。
「『何でもあり』になってみろ、『世界』がメチャクチャになる。それを防ぐために、僕たちがいるんだがな」
「なんで、お前まで来るんだよ?」
 と、リ=ヴァースが、やはり、静かに言った。
 眼鏡の青年が、口元に、不器用な笑みを浮かべた。
「言っただろ、君は、監察官聴取の対象なんだ。メチャクチャなことをしてもらったら、僕が困る」
 まるで「笑うのに慣れていない」、そんな笑みだった。
「自分勝手なヤツだな」
 と、リ=ヴァースが首を横に振る。
「あのさ、この『全』シリーズ、何にも考えてない、脊髄反射だけで書いてるシリーズじゃないの? 今回、なんで、こんなにマジなの?」
 さすがに、クレームつけられそうだったので。
「? 何、今の声?」
 天の声だ、気にしないで欲しい。
 眼鏡の青年が、手にした複数のボルトを、胸の高さに掲げる。
「フィクス」
 その声に応えるかのように、眼鏡の青年の周囲に、大小、様々な形状の「ボルト」が現れ、青年の身体のあちこちにに刺さる。直後、ボルトが回転し、閃光とともに、青年を金色の装甲に包む。
「超次元監察官フィクス。お前のことも、聴取させてもらう」
 フィクスの言葉に、怪人が納得したように頷く。
「……ああ! 自主ボツにした設定を、今回、消費したのか。……お前、最低だな」
 やかましい。



(超次元管理官リ=ヴァース・全 了)


あとがき:まあ、たまには、こういうのも。


■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 3