小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:「SagaU 神氣学園閑居傳」 作者:ジン 竜珠

第2回 壱之傳 最大さいきょーの決戦ッ!・弐
 最初に向かったのは、宝條四丁目にある喫茶店「カレイドスコープ」だ。学園から歩いて二十分ぐらいのところだが、近くに遊べるスポットが多いため、放課後にウチの学生も、よくたむろしてる。
「で、何なんだ、その『第一学期末・スイーツキング決定会議』って?」
 歩く道すがら、俺はそもそもの始まりとも言えるキーワードについて、美悠那に尋ねた。ちなみに、全員、制服姿だ。なんか、今日行く予定の「エテールノ・ジョイア」のパティシエが「制服好き(正確には「制服着た女子高生」が好き)」だそうで。……そういやあ、前聞いたことあるな。ホントに大丈夫か、あの店? 地元警察の防犯係とかが内偵進めてたりしねえよな?
「えーとね、一学期でいろいろ紹介したスイーツの中で、ナンバーワンを決めようって。一応、スイーツ研であたしが提案したんだけど……」
 と、美悠那は目を伏せる。何があったんだろう?
 しんみりした調子で、美悠那が言った。
「みんな、こだわりがあって、意見が割れちゃって。で、もう一度食べ比べようってことになって、でも、活動費には限界があってね……」
 ……思わずこっちもしんみりなっちまったが、そういう次元の話じゃないよな、これ?
「それで、みゅうちゃん先輩と私が、ジャンケンで勝ったです!」
 ありすが無駄としか思えない元気っぷりで答える。
「そうか、そいつぁ、らっきーだ!」
 俺も、こう言うしかないだろう。
「ん? ちょっと待てよ、美悠那とありすは活動費を使うとして、俺たちは?」
 俺の言葉に、零司さんと鷹尋が顔を見合わせる。そうだ、根本的なところを忘れてた。
「心配いりまへんえ」
 と、杏さんが笑顔になる。……なんだろう、この人の笑顔ほど不安なモノはないと思えてならない、この空気は?
「今日行く先で、スイーツ勝負をしてもらって、負けたお人がウチら六人分のお代を支払う、いうのんは、どうですか?」
 うわ。なんだ、その高校生の域を超えたレートは!? ていうか、何、「スイーツ勝負」って?
「……といっても、急なお話で、持ち合わせがないと思いますさかい、ウチが立て替えておきますけど」
「ああ、俺、なんとかなるから!」
「ぼ、僕も!」
 咄嗟に零司さんと鷹尋が言った。
「……あ、すまん、竜輝、多分、俺、自分のだけで手一杯」
「僕も……」
 なんだか、ものすごく申し訳なさそうに零司さんと鷹尋がこっちを見た。
「あ、いや、別に二人にたかろうって思ってねえから」
「ゴメン、ボクも自分のなら何とかなるけど」
「……あたしも」
 珠璃が申し訳なさそうに、麻雅祢は例によって無表情に言った。そりゃあ、お前らはそうだろうよ……とは思ったが、まあ、いいか。
「気にするな」
 とだけ、二人には返した。……とはいえ、持ち合わせがないんだよなあ。珠璃から電話がかかってきた時、てっきり生徒会の用務だ、ぐらいにしか思ってなかったし(実際、珠璃もそんなニュアンスで話進めてたし)、そんなわけだからそんなに持ち合わせがある訳じゃない。俺にも珠璃の百分の一でもいいから、勘の鋭さがあればなあ。
「ということは、スイーツ勝負は竜輝はんだけですなあ」
 なんだか、残念そうに杏さんが呟いた
「? あ、そうなるんスか? じゃあ、勝負は無効……」
「よぉっし、乗ったあ! ……みゅうちゃん先輩が」
 ……。
「ええええええええええええええッッッッ!?!?」
 ありすの言葉の後、一拍おいて、俺と美悠那の絶叫がハモった。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 71