小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:「Saga T 神氣學園封神傳」 作者:ジン 竜珠

第68回 肆之傳 そして蝶は舞う・拾
「さて、今のを、どう見る?」
 凉が杏と珠璃を見る。
「ボクは蝶には詳しくないし、ビデオも保存が悪くて映像が劣化しててわかりにくいんですが、多分、あんな蝶は日本にはいないような気がします」
「ウチも珠璃はんに同じです。羽根全体が角度によって七色に変って、うっすら光る蝶なんて、日本では聞いたことありまへん」
 二人の返答に、凉が唸る。
「この蝶と、映研の部員全員がビデオを紛失したと思い込んでいること、そして、この間の零司や杏が出くわした影。これ、全部が繋がっているっていうのは、考え過ぎかな?」
「何とも、判断つきかねますね。ただ、その確率はかなり高いと思います」
 珠璃がそう言う横で、杏は「あること」を思い出していた。だが、それをここで言うべきか。ここに送り込まれてきている天宮の関係者は、皆、直系かそれに近い流れの道士に直接師事する高弟ばかりだ。だから、信頼はおけるが。
 しばしの逡巡ののち、杏は口を開いた。
「申し訳ありませんのですが、本日は『お華』の日ィですさかい、ここらでお暇(いとま)いたします」
 結局、この場では言わずにおくことを選択し、杏は立ちあがる。
「何かわかったら、気兼ねのう、呼んでおくれやす。いつでも駆けつけますさかいに」
「ああ、そうだな。まだ、わからないことの方が多すぎる。なんかわかったら連絡する。習い事、頑張れよ」
 と、凉は笑顔で送り出す。珠璃も、
「なんかわかったら、ボクの方にも連絡ください」
 と、凉と杏に言った。

 学校を出てバス停に向かう道すがら、杏は映像で見た蝶のことについて考えていた。
「ただの偶然、いうこともあるけど。それに一体何をしようとしているのか……」
 そして、立ち止まり、ふと天を仰ぐ。
「いうなれば、『あれ』も『天宮の罪』。彼女には、復讐する権利があるのと違うやろか……」
 一人で考えても始まらない。この記憶を共有する人物に相談するのが、いいかも知れない。
 そして杏はスマホを取り出し、迷うことなく電話をかけた。
「……。あ、もしもし、竜輝はん? ちょっとお話ししたいことがあるのですが。……ええ、胡桃姐(ねえ)さんにも、聞いて欲しいのです。差し支えなかったら、今夜、九時半頃にお伺いしても構へんやろか?」
 もしかすると、自分たちがこの学園に転校『させられた』理由、その根は、「あの事件」にあるのかも知れない。杏はそんなことを思うのだった。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 258