小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:★Freshness(フレッシュネス)★ 作者:鈴木翔太

第48回 48


 機能停止したエアキャリアから転がり出た、アクスとファルシオンの両者は、市街ゲート補修整備路から這うように身を起こし、それぞれを睨んでいる。
 手指に掴んでいる得物は、フレイル愛用の電磁ロッドと、独自の改造を施した振動刃サーベル。どちらもよく手入れのされた、争うにはうってつけの逸品だ。
「アクス……、アクス・ハルベルト……!」
 地獄の深淵から聞こえるようなおぞましい声で、ファルシオンは墜落で大きく負傷した身を無理やり持ち直させている。彼が背筋を伸ばすと、骨の軋むような音が各部位より鳴り響いた。
「僕の名を、気安く呼ばないでほしいですね」
 アクスは腹部の失血を片手で押さえ、ロッドを構えて間合いを開いた。
 昔から荒事を苦手としていることもあって、戦うにしても相手側からは距離をとっておきたかったのだ。どうあっても退くことのできない戦いであるならば、なおさら敵との力量差は抑え、勝率を高めて臨まなくては。
「フレイルに――彼にずいぶん酷いことをしてくれましたね。お礼をしますよ」
「はっ。バカか、お前? あれはあいつの自業自得だろう」
 ファルシオンは耳に手をやり、小バカにしたように言う。
 足場にこすりつけた得物で火花を発生させ、前かがみに歩み寄ってくる。
「無視すればそれで済んだものを、格好をつけるから死んだんだ。いかに知能が低いか、オツムの中身が透けて見えるようだぜ」
 友人の雄姿を嘲笑うファルシオンに、アクスはロッドを握る手に力を込めた。
 パキリと、手指は音を立てる。
「貴方は賢いのかもしれません。しかし、それだけではなんにもなりませんよ。人間を人間たらしめるのは、心のあり方です」
「感情に呑み込まれると人は愚かなことをする。正しい解が出せなくなってな。俺もお前のせいで、少し暴れすぎた」
 考えるような仕草を見せて、ファルシオンは口元から歯を覗かせる。
 その視線は、やがて崩れた壁版の山へと差し向けられた。
「フレイルとかいう奴は、俺のエアキャリアを強奪しようとして誤って事故死、ということにさせてもらおう。アクス、ついでにお邪魔虫も死んでもらおうか」
「彼の名に、いわれのない傷をつけると?」
 アクスは茶色の瞳に強い意志を宿らせ、腹部にあてがっていた手を振り払う。
 足元には鮮血が飛び散り、その色味が自分にさらなる闘志を湧きあがらせた。
「貴方は……いいや、おまえは! それでも機構の人間か!」
「機構に所属するからこそできる裏技だろうが、低能野郎!」
 アクスの叫びに、ファルシオンは凶刃で返す。
 防御に構えたロッドの表装は、剣撃に削れる。
「お前のような二流が、俺の意図に口出しするんじゃねぇ!」
「僕が二流なら、おまえは三流以下だ! 腐れファルシオン!」
 聞こえた言葉にファルシオンは目を見開き、アクスを力で捻じ伏せにかかる。
 子供が怒りを爆発させるかのように、幾重も刀身でロッドを斬りつけ、意味を成さない言葉を吠えた。
 アクスは膝を屈さぬよう、これに耐えながら、両の眼で相手を攻め続ける。
 早熟ゆえに培われなかった、人間関係の築き方。こと帝王学における教育論の悪しき面を、アクスは目の当たりにしている気分だった。
 ファルシオンには他者の痛みを労わる心がない。自身の心を表わす術もない。
 このように力ですべてを従えようというのなら、叡智を語る資格さえもない。
「うおぁあああ!」
 眼を血走らせたファルシオンは、こちらの腹に慈悲を欠いた蹴りを放つ。
 傷口からはおびただしい血液が染み出でて、両足と足場を赤く濡らした。
 体力が目に見えて流れ出したように、抵抗できず仰け反り、後ろから倒れる。
 ファルシオンはさらに、倒れ込む自分の傷に踵を捻じ込ませ、地団駄の要領で追撃をくわえた。
「ぬごぁ……ッ!」
 激痛に悶えると、口腔からも血が噴き出る。
「負け犬が、負け犬のクズがぁああ――!!」
 手加減というものを知らないのか、ファルシオンの暴行はやまない。
 この男の内にある醜い部分が、もてる力を注いで、自分を屠ろうとしている。
 だが、こちらもまだ諦めない――諦めない!
「ファルシオンッ!」
 憤怒の叫びが紅と成り変わり、ファルシオンの視界を奪う。
 眼を拭う相手の足元へと、素早く電磁ロッドをくらわせた。無様に転げ倒れるファルシオンに、今度はこちらが追い打ちをかけようとする。
「この泥臭さ、久々ですよ。今度は……僕が勝ちます!」


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 227