小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:2改シンラ 作者:ぷーでる

第12回 自分が分からない
 
 シンラは、何だか妙な気分だ―
 何故、タライの水に入っているのか?―

 ハッとした、口から絶えず
 長い舌がニョロニョロしている。

 首から下をみたら、白くて長い
 鱗に覆われた体が見える。

 「ひぇっ?僕は、どうなっちゃったんだ?」
 シンラは、タライの水に、映った自分の変わり果てた姿にギョッとした。

 「シンラ様、落ち着きなさい。あなたは白蛇に変化されました」
 左近が冷静に、言い聞かせた。

 「あわわわ……僕、自分が分からなくなってきました」
 シンラは、頭が混乱した。

 最初はドブネズミ、次にダイコクネズミ
 その次に人間の青年、そして今は白蛇……

 「気が動転されています、精神統一されれば
                本当の御姿になれるハズです―」

 右近が、落ち着いて、シンラを見つめた。

 「僕の本当の姿―?」
 シンラは、考え込んだ。

 今までの姿は借りの姿だったというのか―


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 1186