小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:2改シンラ 作者:ぷーでる

第1回 金縛り
 大蛇の身が切り裂かれると、
 中から何かがボテボテと
 地面に落下した。
 
 蛇の腹から出てきたのは―
 大蛇に飲み込まれてしまった、客達だった‥・・・

「うう……?」
「あ、シンラさん?」

 地面に転がっている、人間二人。そして、何があったんだ?
 と、いう顔をして見ている。

 「あ、お客様?ご無事でしたか?」シンラは、妙な気分で受け答え。

 「ぐ、おのれ‥・・・ネズミ‥・・・」
 大蛇は、腹を裂かれ黒い血を
 流していたが、鎌首もたげてまだ生きていた。

 「しぶといな、いやらしいぞ!」
  シンラは、神剣を構え直して大蛇を睨んだ。
 「それは、ネズミでしょうが‥・・・」
  大蛇が、シンラに迫ってくる。

 大蛇の腹が裂けていたのに、次第に閉じてくる。
 再生力が早い様だ。

 「何を根拠に……」
  シンラは、迫ってくる大蛇を睨む。

 「ネズミは子、甘えん坊……すぐに抱き付きたがる」
  大蛇が、ニヤリと笑う。

 「おまえ、ホントに嫌な奴だな……」
  シンラは、怒りに震える。

 「シャー……」
  と、声を出して大蛇が、シンラを睨んだ。

 「……」
  シンラは、何故か動けなくなってしまった。



  蛇は、金縛りの術が最も得意とする技だ。







次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 1186