小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:改 1 シンラ 作者:ぷーでる

第17回 窮鼠サマ
 
 シンラは、公園のトイレを出て歩き出した―
 
 どすんっ……
 (誰かにぶつかった音)
 
 「あ、失礼しました」
 シンラは、慌てて、その人に向かって頭を下げた。

 「坊、久しぶりだな―」と、
          地獄の底から、聞こえてくる様な低い声。

 シンラが、恐る恐る顔を
        あげると目の前には
            トレンチコートを着た、大男がいる。

 頭にはシルクハット、口の周りは板垣退助みたいな
                ヒゲをモサッと生やしていた。
 

 「ふぁっ?きゅ、窮鼠サマ!」
  シンラは、思わず血の気が引いた。


  よくよく見れば、袖からは毛深い
  手首が出ている。紛れもなく、ネズミの手首。

 
 「坊―じゃなかった。シンラか……
            人間から名をもらったせいで
                    心を持ってしまったの」

 窮鼠は、青年姿のシンラを
       マジマジ見つめブツブツ言う。
 

 「すみません―」と、シンラは、謝る。

 「おまえは、ワシの元で大妖怪になる
           修行をしておったのに、勝手に抜け出しおって!」 
 

 「あ、あの……」
  シンラは、声がどもる。
 

 「人間が嫌いだったのであろう?
  それなのに今では、飼い馴らされて芸までする始末だ」
 
 窮鼠は、不満げな顔だ。

  
 「嫌いだけど、いい人もいる」
  シンラは、複雑な気分だがそう答えた。
 


 「飼い慣らされたおまえは、
      子孫を残そうとする本能すら失った」                 


  窮鼠に指摘されて、気付いたのは
      右腕に星型の模様が一つ付いていた事だ。
                      

              鬼神になった事の証なのだという。



 「シンラは、心をもらって鬼神に変化した。
              気心(きしん)は、常に氣が転がる―
 


  善と悪の間を行き来して心が定まらないのだ。
                   結果永遠に思い悩む―」

 

 窮鼠は、それだけ言い残すと霧の様に消えた。

  

 シンラが我に還ると、誰もいなくなった
           公園の片隅で立ち尽くしている。



 「シンラ様、放心している場合じゃありませんよ!」
  左近が迎えに来て、シンラを引っ張って行く。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 2934