小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:改 1 シンラ 作者:ぷーでる

第11回 亡くなった息子に似ている?

 宴会はピークを迎えていた。

 浴衣姿の客達は、
    シンラがお酒を飲む姿にすっかり興奮していた。
 
 いくら飲ませても、全く酔う様子がない。


 「いい、飲っみぷりだね〜!」
 「よっ!色男!」
 「一気!一気!」


 客達は、期待に添えて、シンラが、飲んでくれるので大喜びした。

 数分後―
 シンラは、気持ちが良くなってきたのだろうか?


 突然、フラッとなって倒れ込み
 スヤスヤとその場で幸せな顔で眠りにつく……(畳の上で)


 「おやおや、眠っちまった」
 「まあ、あれだけ飲んだらムリねぇか」

 「人間なら、とっくに潰れている」
 「それにしちゃ顔が、全然赤くなってないしなぁ」


 浴衣客達が、倒れ込んで寝ているシンラを囲んでつぶやいた。
 

 そこへ浴衣姿の高齢女性客が、割り込んで来て―
 

 寝ているシンラに寄り添いながら
            「このコは衛だわ!」と言った。
 

 「ええ〜衛って、戦死した息子さんだろ〜?」
  B浴衣男客が、びっくり。
 

 「顔は違うけど、感じられる気が息子と同じなの」


 女性は、震えながら答える。


 「ホントかよ〜」
 A浴衣男客が、疑う。


 「でも戦死なら、神様になっているハズだよ?」
  浴衣女客が、疑問を持つ。


 「そうだけど……」
 高齢女性は、眠ってしまったシンラに、自分の羽織をかけてやった。


 「ここは、あの世と繋がっている、いてもおかしくないか」

 大広間で、ちょっとした騒ぎになっている所へ、フチが来た。


 「まーったく、シンラときたら!」と、
             フチが怒り通り越して呆れる。


 「あの、こ、このコは、どうしてここで働いているのですか?」
  高齢女性客が、フチに訊ねる。


 「お客さん、コイツはただの物の怪じゃ」とフチ。


 「でも、亡くなった息子と、同じ気を感じるんです……」
  高齢女性客は、悲しそうな顔をする。


 「気のせいじゃ、さあ皆さん宴会は終わりです」と
             フチが、締めくくると浴衣客達は、大広間から全員去った。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 1657