小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:腐蝕ノイローゼ 作者:葦原瑞穂

第9回 ユダへの冤罪
憎み、非難し、敵対する
己を損なった者達を
愛し、理解し、手を繋ごうなど
死んだ方がマシだという

命を賭しても受け容れず
その存在を認めない
終わりなき憎悪の歴史の中で

私心を捨て
己の神の為に生き
神に逆らう者達を
使命に従い排除する

何かを、あるいは誰かを
自らの手で守るために
一命を賭す者がいる限り

美しき犠牲の物語りは
世代を越えて語り継がれ
新しい時代の子供達に
命の使い方を教える

そうして連鎖は続いていく
断ち切る術はない
イスカリオテのユダでさえ
後の歴史に断罪されたのだ

神の祝福を
自ら拒否した土塊達――――


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 1546