小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:no title 作者:葦原瑞穂

第2回 人梨の実
薄ら寒い中で

暗い声を聴けば

人世の曖昧さと

辿り得ぬ結路



花の咲き

実を成す頃までに

命果てる一夏の

我は幻燈の只中にあり



消えゆきて

子らに戻りて騒ぐ

明日、朝日の一刻前

地平の涯に魂の消ゆ



甘露の実の成る

秋雨降る静けき時

癲狂院の窓辺に寄り

忘棄された人らに捧ぐ



世もなく人もなし

暗く赤き命の焔に
                  
                     
                    


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 911