小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:孤児(ダルジュロス) 作者:葦原瑞穂

第7回 観察の視界
残響―――

一体 誰が

夢中に在り

見つからなかった事



退廃の遺児として

此の現世に

爪跡を刻み

何れ黙殺する



衝動の源流に

鬱屈した神を臨み―――



我欲の赴くままに吐き出し

血の流れる姿を脳に焼き

閉じ込められた部屋の闇と

白い恐怖を流水にさらす



検視鏡に躰を晒し

異者の観察を受ける



微視的な空間



無菌の部屋



おそらく・・・・

息の絶えるまで―――


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 1043