小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:孤児(ダルジュロス) 作者:葦原瑞穂

第3回
かつて習い教わった
美しい唄が聴こえる
誰かが唄っている
美しいものの全てが
枯れ果てたこの世界で

望むものなどない
きっと神もいない
夢も消えてしまった
しかし 一体誰が
全てを否定するだろう

唄が流れてくる
美しいメロディーにのって
かつての輝きと共に

それを聴く耳がある
それは希望かもしれない
どちらでもいい
美しいものは滅びたが
耳に届く唄がある

かつて習い教わった
美しい唄が聴こえる
共に口ずさんでみる
かつての世界を写した
懐かしいメロディーを


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 1043