小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:星を道標に ]Z 奇跡 作者:ナナセ

第2回 山崎の彼女事情
 


     〜 山崎の彼女事情 〜



 高見に戻ってからの出来事を思い出している間に、バスは今年の目的地『ニセコスキー場』に到着した。

 ホテルに入り、各々部屋と荷物を確認したら再び集合して少しだけスキー練習をする。
 中級者以上は希望すればその日からナイターの利用も有りということなので、事前に学校で配布された調査用紙にしっかり○を付けておいた。
 但し注意書きに『班行動の際は他生徒の補助を優先させる事』と書かれていた。
 他校では有り得ない文言を読めば、男子校の頃から変わらない教育方針が伺える。
 西城高は太平洋側に位置していて、その上地元の生徒が多いので、冬山でのスポーツは体験する機会が少ない。
 毎年八割程の生徒が素人な為、四泊五日の日程になっているそうだ。
 ここ―スキー場―に三泊するというスケジュールは何年も変わることなく、元々それが一番の楽しみだった俺も自然と気合が入る。
 と言っても初日と四日目は移動に半日以上費やすから、実質三日にも満たない。
 それでも一高校生がふらっと行ける距離じゃないし、気心の知れた関係だと雰囲気も悪くないどころか盛り上がるわけで。

 早速夕食後、ナイター希望の参加者十数人と夜間コースに繰り出した。
 六時半から八時半まで、コースの制限はあるものの自由に滑れる♪

「すっげぇなぁ吉野! ひょっとしてプロでも目指してたか?」
 リフト乗り場で横に並んだ山崎に賞賛の眼差しで話しかけられ、乾いた笑いが漏れた。
「こんなんでプロなんてなれないよ。けど滑るのは好きだし楽しい。それより山崎が滑れたことの方が驚きだ」
 北斗があれだったんで、ほぼ行動を共にしてきた山崎も初心者だと思い込んでいたんだ。
 ストレートに言葉にすると、何故か照れ臭そうな顔を向けられた。
「親父とお袋が知り合ったのが信州のスキー場だったんだ。んで、俺も小さい頃から一緒に連れて行かされてさぁ。野球始めて回数は減ってったけど、身体は覚えてるもんだな」
 うんうんと満足げな評価を下す山崎に、ふと訊いてみた。
「もしかして、今年の冬休みも行って来た?」
「お、良い勘してんな。やっぱ年数開いたら怖いしよ」
「わかる。俺も田舎で滑ってきた。ついでに北斗にも基礎だけ教えてやったよ」
 俺達の事情を一番よく知っている山崎には、田舎の話も普通に通じる。
「あの寒がりに? すげぇじゃん。俺も何回か誘ったけどОK貰ったの一回もない」
 少しだけ悔しそうな山崎は、滑る楽しさを北斗にも教えたかったんだろうけど、その誘いに乗ることはまずなかったと言い切れる。
ウェアで着膨れ、益々厚みの増した背中を軽く叩いた。
「まあまあ。北斗だったら相手が誰でも家族の中には入らないと思うよ」
 その辺は山崎も心得てるようで、少しだけ唇を尖らせた。
「かもしんねえけどさぁ、西城から友達だけでスキーって端から無理じゃん」
「確かに」
「お互い親だってよく知ってんだから、ちょっとくらい付き合ってくれたってなぁ」
 友達がいのない奴だよ、等々文句を言い始めたら止まらなくなった山崎にリフトの番が来たことを告げて、二人乗りの座席に並んで座った。

 北斗の過去の話を聞いて、それまで漠然とイメージしていた性格や思考が、かなりの信憑性でもって肯定され、補足されたように思う。
『捻くれてる』と評した面が、離婚後に受けた周囲からの影響だったり、それでも人に優しくいられるのは、山崎や和美おばさん、仁科さんのような人が傍にいてくれたからだったり。
 その一端を俺が担えなかった……それどころか幼かった北斗に『友達との死別』を体験させてしまったことは、今でも本気で悔やまれる。
 じいさんがランを迎えに行った時に会えてさえいれば。
 それに関しては、じいさんも高見の家で後悔を口にしていた。
 あの時、北斗が「あれでよかったんだ」と言わなければ、じいさんだけでなく俺まで一生引きずりそうなくらい、彼の幼少期の記憶は生々しいものだった。

 隣に座り屈託なく話し掛ける山崎の存在が、どれほどあいつを救っていたか。
 多分、山崎も気付いてない。北斗はそういうことを一切口にしないだろうから。
 叶うなら俺が居たかった。
 けど、山崎がいてくれてよかった。
 嫉妬半分、感謝半分で、これまで思いもしなかった抱き付きたくなるような感情と、抓ってやりたくなる衝動がせめぎ合い、結局何もせず大人しく話に付き合う俺は、やっぱりこいつの事をすごく信用しているんだ。

「にしても、ナイターって昼間より興奮すんなぁ」
 滑走するスキーヤーを目で追って、山崎が楽しそうに言う。
 さすが体育会系、暑さだけでなく寒さにも強そうだ。こいつに付き合う彼女は大変かも。
 そう思ってはっとした。自分の体力に合わせたハードなデートを敢行していたとか。
 もしかしてそれが別れた原因?
「――山崎さぁ、新しい彼女作んないのか?」
 閃いたところで直接問えるわけもなく、遠回しに彼女について触れてみた。
 去年の一学期までは「彼女が欲しい〜」ってしょっちゅう口にしてたのに、西城祭の後にできた彼女と年越しを待たず別れて以来、まったく言わなくなったのが気になっていた。
 ちらりと横顔を盗み見たら、そんなことを話題にされると思いもしてなかったのか、明らかに動揺を見せている。
「な…何だよ、いきなり」
 上擦る声が怪しすぎる。
「や、別にどうでもいいんだけど、あんなに『彼女彼女』って連呼してたのに、別れてから一度も彼女欲しいって言わないし、何かあったのかと思って」
 ごくりと生唾を飲み込む音が聞こえた気がした。
「――『何か』って?」
 逆に訊かれ、「う〜ん」と経験値皆無の頭で考えてみた。
「隠された女の本性を知ってしまった! とか?」
「………」
 ふざけて言った俺の言葉が、無言で返された。
「まさか、そうなのか?」
 一体何を見たんだ?
 そんな興味がぶわっと膨らむ。
 それに気付いたらしい山崎が、憮然と答えた。
「何もねぇよ。ってか他の奴らは俺が振られた前提で慰めてたけど、吉野はそう思わねぇの?」
「あれ? 言われてみればそう取れるのか?」
 指摘されて初めて気付いた。
「あのなぁ」
 物言いたげにジト目を向けられたけど、元々深く読んだ末の結論じゃないから、そこを突かれてもなんとも答えようがない。ただ事実だけは告げておいた。
「理由なんか当事者にしかわからないだろ? 可能性は五分五分だし、それに俺、相手の名前も知らないよ」
 自慢じゃないよな、と思う。
 同級生だとは聞いたんだけど、それ以上の事は詳しく知る前に別れてしまったから紹介もされてないし、もちろん一緒にいる所を見かけたこともなかった。
「そか。なら彼女の名誉の為に言っとくけど、いい子だったぜ」
「ふーん、それなのに別れたんだ。しかも結構早かっただろ?」
 確か二ヶ月にも満たなかった。性格とか、そんな短期間で見極められるものなのか? 
 今まで一度も付き合ったことがない俺には、よくわからない。
「まあな。けど今回はマジいい子だったんだ」
 しみじみと呟く山崎に目を遣った。
 それなら何故? という想いが一層強くなる。
 山崎にもその気持ちが伝わったんだろう、フッと息を吐いてポツリポツリと語り出した。

 相当の情報量を持つ山崎も、自身については滅多に漏らさない。それなのに俺には結構打ち明けてくれる。
 それは、ほぼ初対面の状況で北斗―成瀬の情報を与えてくれた時からずっと変わりなかった。

「実は俺…だけじゃねぇけど、野球部のメンバー甲子園からこっち、すっげぇモテてたんだぜ?」
 はにかんで言われると何だか可愛い。しかも全然自慢に聞こえないのが不思議だ。
「あー、知ってる。小野寺会長の歯止めもあんまり意味なさそうだったよな」
 あれだけ特別扱いしないよう念押しした結果があれか。
 そう思いつい溜息を零すと、すかさず隣から声が上がった。
「いやいや、効果はあったぜ。北斗や裕也はあんま変わらなかったかんな」
「そうか?」
 疑心に満ちた口調にも、横に座る男は動じなかった。
「ああ。その代わり、それ以外の奴らが日の目を見た! って感じだった」
 嫉妬するでもなく明かす。
 他の部員にとってあの二人はすでに論外なんだろう。
 松谷に至っては本命―らしき彼女もできたし。
 同じところに思い至ったらしく、山崎の表情が僅かに緩んだ。
「裕也は大々的に公表したし、北斗は前から全然なびかない。教室で呼び出されてもその場で即断ってるし、場所を指定されたりしたら絶対そいつには近付かない。あの徹底ぶりはいっそ清々しいぜ」
 幾度となくそういうシーンを見てきたんだろう。何かを思い出し一人頷く山崎は、幼馴染のそんな冷ややかな一面を厭うより羨望に近い心情で、それでもその頑なさを心配して見守っていたような気がする。
「そこで男のジェラシーを買わないのはなんでかな?」
 ちょっと気になって訊いてみたら即行で返された。
「そりゃ、外面がイイだけの軟派な人間じゃねえからな」
「え、言い切るんだ」
 北斗が女子以上に男連中に人気があるのは知ってたけど、この幼馴染をしてここまで言わすか、と驚き半分隣を伺うと。
「一度でも一緒のクラスになった奴やチームメートは、あいつがどんだけ苦労してきたか知ってるからな。むしろ特別な子を作らない方が謎だったんだよ」
 誰か傍にいれば気持ち的に癒されるだろ、と、経験したような事を瞳が語っている。
「確かに」
 素直に頷くと、俺の方をちらっと見た山崎は、どことなく複雑な表情をしていた。
「そんな奴をだ、勝手に場所指定で呼び出すとか、自分を何様だと思ってるんだって話」
 あー、その感覚はわかる。わかるけどそれはもう身内の感情だろ? とも思う。
 ただ山崎の表情を見ていれば、甲子園出場後の出来事ではないと察しがつく。
「それってもしかして、けっこう頻繁にあった?」
 訊いた途端、いつも陽気な印象を与える瞳が盛大に曇った。
「まあな。中一の頃は上級生からの呼び出しがほとんどだったんで無視もできなくてさぁ。学校での北斗の自由時間は他の奴の半分以下だったな」
「それは……うん、羨ましいより同情しそうだ」
「だろぉ? 帰ってきたらすっげぇ機嫌悪い時あるし、気になって内緒でこっそり後つけたりしてさぁ」
「山崎も!?」
「『も』?」
「あ、いや、何でもない」
 あの西沢が北斗の後を追った事を思い出し、つい声を上げてしまった。「それで? 気付かれなかったのか?」
 気になって聞けば、「俺がそんなヘマするかよ」と平然と答える。
 こいつは……将来不動産業を継がなくても、探偵でもやっていけそうだ。
 そんな事が頭を過ぎった俺とは対照的に、当時を思い出したらしい山崎が、やたら重苦しい溜息を吐いた。
「ぶっちゃけ、あんまいい気分じゃなかったけどな」
「当然だろ」 
 尾行は駄目だ、との意思表示でもって見返したら、首を横に振られた。
「後をつけたことじゃなくてさ、相手の一方的な好意を押し付けられても、どうにか穏便に断ろうとしてるのを見ちまったんだよ」
 俺だったら喜んでお付き合いさせてもらっちゃうんだけどなぁ、なんて最後はふざけた山崎だけど、きっとそんなの序の口だったんじゃないだろうか。
 なびかない北斗に暴言を吐いて立ち去る子や、泣き落としにかかる姿が容易く想像できてしまう。
 だってあの北斗を呼び出すなんて、相当自分に自信があるか気の強い子の選びそうな手段に思えるから。
 簡単には諦めてくれなさそう。
「とことん苦労人体質だよな」
「だな…って、ありゃ? もう着いた! 何だよ〜、北斗の話で終わっちまったじゃん」
 頂上を目前に声を上げた山崎だけど、この機会を逃すつもりはない。
「一緒に滑るんだからまた下で会えるだろ。俺、こぶのコース行くから、下で待ってるよ」
「マジか!? オリンピックも狙うつもりか?」
 ものすごくびっくりされたけど、うん、こっちの表情の方が断然こいつらしい。
「こんな環境、田舎のスキー場じゃ有り得ないから堪能したいだけだよ。じゃ下でな」
 リフトから降り、ストックを持つ手を軽く上げて、上級者コースに向かう。
 夜間だから距離は短いけど、それでも十分楽しめる。
 さっきはたまたま山崎と前後して急勾配の斜面を滑走してきた。
 まだ初日、リフトも含め同じコースに一時間ほど費やして、準備運動に丁度いい感触を得た。
 残り四十分、リフトでの暇潰しも思いがけず見つかった俺は、意気揚々と人工的に作られた数々のこぶを制覇していった。


「で、さっきの続き、野球部員がモテ期に入ってどうしたって?」
 先にリフト乗り場に着いた俺は三十秒程遅れて降りて来た山崎と再び合流した。
道内でも有数のスキー場、昼間は待ち時間もそれなりにあったけど、ナイターだとさほどストレスもない。
そのかわり時間もないから即行で訊いた。
「ああ、あれな」
 少しも進展してなかった『本題』の中身を思い出したのか、山崎の表情がまたかげった。
「二学期になった途端、レギュラーで出てたやつらが声かけられてさ、断るなんて滅相もないだろ?」
「え、そう? 相手によるんじゃないの?」
「いやいや、常識だぜ?『モテない男の』だけどな。んで、一応礼儀だと思って付き合ったんだよ」
「ふ〜ん、『礼儀』ねぇ」
 日本語は便利だ。周りがどれだけ気を配っても本人達がこれじゃ、俺の目が半眼になるのもこの際仕方ないだろう。
 ちらりと目を向けた途端、山崎があからさまに顔を逸らす。
 けど、続けられた話は俺の想像とは掛け離れたものだった。
「そしたらさぁ、テレビと実物とはやっぱ差があったんだろうな。『思ってたのと違う』とか言って、今も続いてんの二、三人しかいないんだ」
 想定される事態と、その可能性を全然考えていなかった事、それを平然と告げる山崎の態度、全てにがっくりと力が抜けた。
 もてはやされ、ちやほやされてると思っていたからなおさら。先入観で判断していた自分を猛烈に反省して、そういえばと思い出した。
「あ〜、画面越しでも選手達は何倍も男前に見えてたからな」
 隣のこいつもそうだった。友人でさえそう感じるんだから、何も知らない女の子の目には幾重にもフィルターがかかっていたに違いない。
『甲子園』+『マスコミ効果』、恐るべしだ。
 そう結論付けかけたところで、山崎がぼそっと呟いた。
「そんな中でさ、あの子はそんな事、一言も言わなかった。いつも笑顔で練習終わった俺を待っててくれたんだ」
「え、何だよ、すごくいい子じゃないか」
 未練たらたらにも取れる台詞に、首を傾げるしかない。
「そうなんだよなぁ。すっげ控えめだし、『大和撫子』ってこんなんかな〜 なんて……」
 急に黙り込むから、付き合っていた頃を思い出したのかと心配して様子を伺うと。
「あ〜っ! 何で断ったかなぁ俺」
 いきなり悔しそうに喚いた。
「はぁ!? 知らないよそんなの。なに、後悔してるのか?」
 思いがけない台詞に、口調が険しくなる。
 はっきりした理由もなくそんないい子を振るなんて、なんだか許せない。
 妬みにも近い感情でもって冷たく一瞥すると、思いがけず真剣に考え込む姿があった。
「……『後悔』ってよりか、一緒にいてみてちょっと違う気がしたっていうか」
「? 感覚的なもの?」
「う〜ん、どうだろ? けど、『性格のいい子』ってだけでこのまま付き合うのはなんか違う、ってのはぼんやり感じた」
「贅沢な奴」
 これは俺の偽りのない本心。
「かもしんねぇ。けど、俺にはもったいなく思えてきたらもうダメでさ。やたら気ィ遣ってばっかになって、楽しめなくなってった」
『もったいない』?
「あのー、それ、相手に好意を抱いたからこその気持ちじゃないの?」
 恋愛初心者、どころか未経験の俺には益々わからない。
 山崎だってそれほど経験値高そうじゃないのに、なんか発言が大人びているのは何故だ?
「う〜ん、そうだったのかなぁ。けど俺、甲子園の恩恵だけじゃなくて、北斗の幼馴染ってことで、あいつに近付きたい子にたまに利用されかけてたんだ」
「え、ホント?」
 それは初耳だ。
「マジマジ。ま、北斗はそういうの絶対取り合わねえって知ってっから、そんな子には忠告して終わるんだけどな」
「え、まさかその子もそっちだったとか?」
 あ、でもそれで『いい子』とはならないか。
 案の定、山崎もすぐに否定した。
「いや、二ヶ月ほど付き合ってもそれはなかった。ってかあいつ、避けられてたんだ」
「えっ!? それも珍しい」
「う〜ん、なんか苦手みたいだった。そこも引っ掛かったんだよな」
「山崎、被害妄想入ってないか? みんながみんなあいつになびくわけないだろ」
 人の好みは十人十色。純粋に山崎を好きな女の子だってきっといる! はず。そう力を込めて主張したら、何故か胡乱な眼差しを向けられた。
「ちげぇよ。北斗に目がいくのは慣れてっから別にいいんだ」
「ほえっ?!」
 思わず変な声が出た。
 凄い! こいつ悟ってるよ! 北斗、山崎の恋愛事情に悪影響与え過ぎ。
 それでも友人辞めなかったなんて、なんか不憫になってきた。
 心の中で手を合わせ代わりに謝罪していると。
「ただ今回のは勝手が違い過ぎた。あいつがいたら俺の影に隠れるように立ち位置変えるんだよ、あくまでさり気無く」
「はあ。山崎、壁扱いだな」
 どうコメントしたものか悩む。それって北斗に怯えてたのかな? よくわからない。
 二人の関係を知っていれば、当然一緒にいるシーンもあるだろうに。
「だろ? それもなんか居心地悪くてさぁ。実際あいつが避けられるのなんか、体育祭の『嫌いなヤツ探し』の時くらいしかお目に掛かったことねえよ」
「確かに! あれはあれで大騒ぎだったよな」

 何で千藤監督だったのかは未だにはっきりしないけど、本人じゃなく周りが北斗は古文が苦手で、尚且つ二人三脚に参加できる年齢を鑑みた結果、千藤先生が残ったんじゃないか、という説が一番有力な情報として定着したんで、俺もその案に乗っかっている。
 直接訊いて違う返事が返ってきたら、絶対ショックを受ける。
 一番信頼している先生について、苦手だという明確な理由をあいつの口から聞きたくない。
 それが今の偽らざる心境だから、多分一生訊かない。

「まあな。けど実際問題、自分の幼馴染を露骨じゃないにしても避けられたら、なんかなぁ」
「そこで北斗に『勝った』とは思わないんだ」
 茶化しても、山崎は乗ってこなかった。
「アホか、うぬぼれにもならねぇよ。そんなんじゃなくて、もっと自然な感じでいて欲しいんだ、『彼女』にはさ」
 多分、山崎の幼馴染が関や田島辺りなら、この前の子で何の問題もなかったんだろう。
 優秀な親友の存在がこんなところにまで影響を与えるとは。
「はぁ。山崎も見えないとこで苦労してんだ」 
 この人懐っこさに隠れて全然気付かなかった、長い付き合いゆえの苦難を労うような気分で言ってやれば、
「そりゃ多少は努力しねぇと、あいつの幼馴染ってだけで十三年も付き合えねえよ」
 頂上を目前にして、らしからぬ返事が返ってきた。
「え〜、そうかなぁ。西沢さんも北斗にとっては大切な幼馴染、って感じだけど?」
 二年近く北斗を見てきて、加西と西沢以上に気にかけている女の子の存在を俺は知らない。それでも滅多に話には上ってこない。
「はあ? あいつは睦美が『大切』だなんて微塵も思ってねぇよ」
 過去を振り返る間もなく、何気に酷い事を言い出した。「ただ保育園からの付き合いだし、そこの先生に頼まれたってのが、今もどっかに残ってんだろ」
 使命感みたいなもんだ、なんて言ってるけど。
「保育園って、一体何年前の話だよ」
 呆れて返したら盛大な溜息が聞こえた。
「睦美にはそんだけ手が掛かるんだよ、マジで」
 山崎も相当迷惑を被ってきたらしい。
 北斗の話にはちょっと大袈裟なんじゃないかと思った俺も、似たような感想を繰り返されれば自分の判断もぐらついてくる。
 成績だけ見ればクラスで一、二位を維持している才女だから余計、違和感が半端ない。
「う〜ん、そうなのかなぁ」
「睦美のことはいいんだよ。あいつは手の掛かる妹。そのスタンスは絶対に崩れねぇかんな」
 納得しきれない俺を置いて、さっさとリフトから降りてしまう。
 後を追って横に並び、ゴーグルを着けた。
「なんか西沢さんにも同情したくなるけど、お前らの妹って立ち位置も相当レアだから、それでいいのか?」
 首を捻りつつも、それはそれでやっぱり『大切な幼馴染』なんだろうとは察しがつく。
 ただ面と向かって言っても多分どっちも認めないだろう。
 鷹揚に頷く山崎を溜息半分見返して、余計なお世話と知りつつ気になっていたことを訊ねてみた。
「あのさ、その『性格のいい』彼女は、別れるのに納得してくれたのか?」
「んー、泣かれたりはしなかったから大丈夫じゃねえ?」
 他人事みたいに言われ、これ以上踏み込まないことにした。
 あれだけ『彼女』を欲しがってたんだ。意図せず飛び出した「なんで断ったかなぁ」って台詞も、こいつの本音だったんじゃないだろうか。
「そうか。お互い納得してるならいいけど」
 こんなことで拗れたら先の学校生活に悪影響を与えないか気になっていたから、そこが問題なければそれでいい。

 逞しい背中をバンバン叩いて「元気出せよ」と励ましてやる。
 何故かプッと噴き出した山崎が、「気にしてくれてサンキュ」と、いい笑顔で答えた。



← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 103