小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:星を道標に  \ オーバーカム 作者:ナナセ

最終回 終章 〜 夢の中 〜
   

               終章 〜 夢の中 〜



「結局のところお前のスランプ、どうなったんだ? 脱したのか?」

 何故か相席となった関に―こいつが勝手に付きまとってるだけだ―スランプについて訊かれたが、そんなのわかるわけない。その守備に就けなかったんだから、こいつのせいで。

「さあな。盆明けの練習が始まってみないとわからないな」
 愛想のかけらもなく答えると、それを聞いていたらしく、通路を挟んだ隣から結城キャプテンが間に入った。
「心配いらないさ。マウンドでの動きは、完璧いつもの北斗だった」
 俺達の方に顔を向け、ニヤニヤと嫌な笑みを浮かべる。その額には、加西に貼り付けられた真っ白なガーゼが、彼女の想いとなって傷口を覆っていた。

 さすが敏腕マネージャー、バスに乗り込む前に、しっかり用意していたらしい。大方オペラグラスでも使って観戦していたんだろう。
 とにかく一歩前進……いや、これまでの事を思えば、二歩は軽く進んだ気がする。

 それはともかく、
「マウンドとショートは違います」
 憮然として言い返した俺に、「そうか?」と、わざとらしく首を傾げたキャプテンが、延長戦に入ってからのプレーを振り返った。
「サードベースのフォローは当然としても、その前のライナーは並の奴には捕れないだろ、普通」
「あ〜、あれね、無理無理。俺だったらグラブも出ないっす」
 ピッチャーの関が即座に返すが、お前のその反応の方がよっぽど俊敏だろう、と言いたい。
 今は何を言っても話のネタにされそうで…特に隣にいる奴が悪すぎる、と、早々に狸寝入りを決め込んだ。

 背もたれを倒し、上半身をシートに預けて外の薄闇に目を向けていると、身体の疲労がどっと押し寄せて来る。
 延長戦になり、時間が相当押していたのも手伝って、甲子園に名残を惜しむ間もなく、バスへの乗車を余儀なくされていた。
 宿泊先である旅館に向けて走り出し、ようやく一息吐ける状態になって、それまでの疲れが一気に出たんだ。

 普段は人前、特に他人の前では絶対に眠ったりしない。
 よほど気心が知れてないと、精神的に落ち着かない性分らしい。
 身内の少ない俺にとって唯一の例外は瑞希だが、あいつが隣に入って来ると、余計気になって眠れない。
 あいつは一人の方が駄目なようで、初めて一緒のベッドで眠った時も、俺を頼りきってくる瑞希にきっぱり断れず、その延長で今もずるずる続けている。
 けど、実は毎夜、拷問にかけられている気がしないでもない。

 そんな事をつらつら考えている内、みんなの話し声が、段々と遠くなりかけた。



「――おや、珍しい。成瀬君は眠ったようですね」

 その声に、半分ほど現実に引き戻された。
「監督、騙されないように。こいつのは振りだから」
「え? そうなんですか?」
「こいつ、隣に人がいたら、絶対本気で熟睡しないの。小学校からずっとそう」
 さすが関、よく心得てる。
「それは知りませんでした。ですが今日は、今までになく疲れているはずですから、案外本当に寝ているのかもしれませんよ」
「ありえませんって。携帯でも出そうものなら、絶対殴られます」
 そうだ、馬鹿な真似はするなよ。壊しても責任は取らないぞ。
「さては関君、経験済みですか?」
「エヘ。ま、そんなとこです」
『エヘ』、じゃないだろ! お前の隠し撮りしたスナップのせいで、多大な迷惑を被ったんだからな!

 関と監督の会話を拾い、眠気が遠のいていく。すると、監督が別の相手に呼び掛けた。
「それにしても、よく頑張ってくれましたね、彼は。ねえ結城君」
「本当に。マウンドでうずくまった時は、さすがに心配になりましたが」
「何が彼を立ち上がらせたのか、知りたいものですね」
「ああ、――同感ですけど、訊いても答えないでしょう、きっと」
「ええ、そうですね。それに投球はともかく、あんなにマウンド捌きの上手いピッチャー、初めて見ましたよ」
「こいつはどこを守っても完璧にこなすんです。それが『成瀬北斗』の真価。春日さんがどんな事をしても手に入れたかった理由です」

 隣からの結城キャプテンと監督の話し声が、近く遠く、聞こえる。
 その内容は俺の事で、聞いているこっちが恥ずかしくなる。だが、二人の談笑にあえて口を挟む気にもならず、黙って目を閉じていた。

「そうみたいですね。関君が言い出した時には驚きましたが、田島君があっさり、というより嬉々としてマウンドを譲ったのも、ベンチに戻ってきた後の表情も、試合を見ていて納得しましたよ。投手に誘いたくなる訳が」
「でしょう? けど、こいつはそれを望まないんです。もっと自由に伸び伸びと、フィールダーだけに専念したい、そう思ってるんです」
「フフ、何度も後ろを振り返ってましたからね。それに九回の満塁の時は、さすがにこのまま一気に突き放されるかと思って、観念しました」


 二人の声が……時々笑い合う和やかな空気が、耳に心地いい。
 通い慣れたマリンパークの、海岸に打ち寄せる波音にも似て、聞いている内に確かな安らぎにくるまれ、いつの間にか深く短い眠りに落ちていた。




                ・              ・               ・




「すみませんね、余計な真似して。俺だって松谷の怒りに全然気付かなかったわけじゃないっすよ。まあ、守備の要の重要性は思い知ったけど」
「得る物は、お互い大きかったわけですね。それに相原君も成瀬君のプレー、食い入るように見てました。実は、最高の見本がすぐ傍にいた、って事ですか」
「けど、北斗はもう二度とマウンドには立たないですよ。ってか、立たせたくない。今度は、あいつの心から望む場所で、甲子園に立たせてやりたい。そうだろ? 関」
「そうすね。こいつのプレーは、やっぱマウンドよりダイヤモンドの方が光るかな」
「まあな、それにあのすっぽ抜けには正直笑えた。無理矢理押し付けた手前、大笑いできなかったが」
「アハハ、あれは受けた! 練習中だったら絶対笑い転げてたっす」
「時々そういうポカをやらかすんだよな。けどそれがこいつの最大の魅力――って、おい、北斗、マジ寝てんじゃないか? ここまで話題にされて黙ってるなんて、絶対おかしい」
「そういえば、…けど俺、怖くて確かめられないす。話題変えましょ、結城先輩」
「そうだな、その方が懸命だ」
「フフッ、ゆっくり休んでもらいましょう。今日一番の功労者ですから」
「ですね。休み明けたら、またキャプテンとして重責を担う事になるし。――こいつはそういう星の下に生まれてるんだろうな……」
「えっ!? 何? 何、キャプテン! 次のキャプテン、成先輩引き受けてくれたの?」
「馬鹿っ、声がでかいぞ渡辺」
「みんなっ、次のキャプテン成先輩だって! やったね♪」
「オオーッ!? すげえぞ結城!」
「よくぞその頑固モンを懐柔した!」
「主将としての一番の大仕事はそれだなっ」




                ・              ・               ・




 突然起きた笑い声に、ビクッと身体が震えた。

 懐かしい潮騒の音に重ね、幼い日、砂浜で遊んだ夢を見ていた。
 そこへいきなり大波が襲って来たんだ。

「――何? ……何か、あった?」
 ぼんやりした頭で、隣にいる奴に問いかけた。
「い〜や、別に。――旅館に着いたら起こしてやるから、安心して眠ってろ」
「ん、悪い。頼……む」

『安心して眠ってろ』と言われ、再び意識を手放した。



 熟睡するのは俺一人。

 騒然としていたバスの中が、その先からひそひそと囁き、小さく笑い合う声に変わったのも知らず、幸せな夢の続きを追った。



 真剣に砂山を作る俺の隣には、四才の、あどけなく笑うみーちゃんがいた。





 
     『星を道標に』 \  オーバーカム  終りです。  

      
      



     


← 前の回  ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 2775