小説&まんが投稿
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:Empty Body 作者:nakoso

第5回 Today:侵入者

「――もう使われていないビルをホテルとして再利用とはまた、この街らしい発想ね」
「夕彩は仕事柄、そういう情報には事欠かないと思ってたけど」
「そういう噂は耳にした事あるけどね。そんなとこに踏み込んだ事なんてないの。これ本当」
「意外」
「里亜はあるの?」
「あるわけないでしょ」
 里亜は吐き捨てた。
「ふぅん」
 気なんてまるで感じない生返事で鼻を鳴らした夕彩は、ビニールを破ったばかりの野菜サンドイッチにかじりついた。かすかだが、車内にレタスの匂いが漂う。とうに日は暮れた。100円パーキングの看板が、白いだけの光でもって地面の砂利を灰色に浮かび上がらせる。出入り口以外の3方向をビルに囲まれた敷地には、彼女らの車しか見当たらない。5台分のスペースには、寂寥感しかなかった。
「ぱっと見、ただの雑居ビルね」
 駐車場と、アスファルトを挟んで向かい合う鉄筋コンクリート五階建て。クリスから目印として聞いた、1階のテナントに入るコンビニエンスストアで、小腹が空いたと夕彩が買い物したのが5分前。ビルの二階から上――何の変哲もない住居テナントがホテルらしいのだが。
「何も、動きなんてないよね」
 パンに挟まれたトマトだけを器用にくわえ、夕彩は咀嚼。彼女の言う通り、何も動きがない。道路側――里亜たちから見える窓の列は思い思いに室内の明かりを映し、生活感しか窺えない。
「もしかして」
 胸中で動き回る不安を、里亜は口にした。
「クリスの情報ってガセだったんじゃない?」
「いや、そりゃないね」
 と言ったのだろう。実際に里亜の耳に入ったのは、サンドイッチを目一杯頬張ったままで発された、こもった音吐でしかなかった。
「彼は信頼できる?」
 何度も頷きながら咀嚼する夕彩は、口の中の物を飲み込み終えると、自信満々に断言した。
「クリスは私にウソつかないもの」
「情報屋をそこまで信じられるものかしら」
「情報屋がウソ言ってたら商売にならないじゃない」
「夕彩を陥れようとしてるかも」
「ないない。クリスはそんなヤツじゃないのよ」
 彼への信頼はよほどのものらしい、頑なに言い張る。胃袋へと消えたサンドイッチのビニール袋を握り潰した。
「飲む?」
 コンビニの袋から取り出したのは野菜ジュース。織部夕彩がここまでの野菜好きだったとは初めて知った。
「いらないわ」
 そういえば、彼女と初めて出会った時も、こうしてパックの野菜ジュースを飲んでいた事を思い出す。
「そ」
 短くそれだけを呟いた彼女は、差したストローを加えた。エンジンを切った車内は静かなものだった。そのせいで、夕彩の唐突な質問は、必要以上に明瞭な響きを携える。
「好きでもない人と寝た事ある?」
 あまりにも突然で、素っ頓狂な声を上げるのも忘れ、不覚にも窓に肩をぶつけた。
「いきなり何よ?」
「娼婦っていうのが金を生むのは知ってる。娼婦を囲って宿を経営すれば儲けられるのも知ってる。男とは違って、女の体は金銭的な価値と置き換えられる」
 里亜の質問が聞こえないのか、ストローを噛む夕彩は虚ろな瞳でビルを見つめた。何かに憑依されたように、彼女の声は低く、無表情。
「けどそれって、男がそう望むからでしょ? 需要があるから供給がある。淫乱って単語は女性蔑視よ。そう呼ぶ男のせいでできたシステムなのに、そんなの忘れて女の上で汗かいて」
「夕彩」
 里亜の発した声音は、短くも鋭かった。傾げるように振り返る夕彩の首の上――その双眸は、今にも泣き出しそうに揺れていた。彼女の心など見えやしない。豹変の理由もつかめない。里亜の唇は、夕彩に潜む何かを押さえ込むためにのみ動いた。
「要領の得ない話が嫌いだって、あなた知ってるでしょ?」
「…………そうね」
 夕彩の唇の端がつり上がる。笑うというよりも、歪めただけの嘲笑にしか見えない。
「忘れてちょうだい」
「ええ、そうするわ」
 事実、それは自嘲だったのかもしれない。
「――さてと」
 バコッ――パックがへこむまで吸い込んだ夕彩は、すっかりスリムになったそれをビニール袋に入れるなり、後部シートに放り投げた。
「行こっか」
 呆れる里亜に文句を言ういとまも与えず、にこやかにハンドルを叩く。
「的外れだったらどうするのよ?」
「行きゃわかる」
「強引ね」
「積極的な女だから」
 ドアを開けるや、夕彩はするりと出た。猫のように気まぐれで俊敏な動きに、仕方なく里亜も続く。
 住居スペースに行くには、コンビニの前を過ぎて迂回し、ビルの裏側に行かなくてはならなかった。昇降口は、つい最近に交換したばかりなのだろう、天井の蛍光灯は煌々と照り、1人の男の吐く紫煙をくっきりと浮かび上がらせる。背丈は里亜より低いが、黒のスーツから窺える体格はがっしりと大きい。コンビニのビルと不釣合いな屈強な男は、里亜と夕彩を視認するなり眉をひそめた。
「客もいねーのに、来んなっつったろ」
 里亜と夕彩は顔を見合わせた。肩をすくめる夕彩――視界の隅に、目張りされて並ぶ郵便ポストを捉える。アルミ製のそれにはブルーのスプレーで書き殴られた文字――ARCADIA。
「とっとと客つかまえて来い」
 しっしっと手を払う男に、やおら夕彩は尋ねた。
「コージに会いたいんだけどー」
 体をくねらせて猫撫で声を出す。もしもこれが里亜に向けられたものであったとしたら、一抹の躊躇もなく張り倒しただろう。しかし、男に対しては効果的であったらしい。
「あ? クスリが目当てか?」
 微妙にではあるが、頬骨の張った男の表情が緩む。
 ――アタリ。
 夕彩の目配せ。里亜は確信した。
「客取って来てからな。仕事の後だ」
 物事がすべて簡単に行くとは思わない。彼の後ろに見える階段へ通してくれそうにない、こいつをどう片そうか……
「今すぐに会いたいのよ」
 ――ガンッ!!
 考えあぐねる間もなく、夕彩がマグナムを抜いていた。
「があ!」
 撃たれた左腿を押さえのたうつ男の脇を、鼻歌交じりに夕彩が抜ける。
「……もっと他にも手はあるでしょ?」
 その背中に呟いたが、彼女は振り向きもしない。呆れながらも踏み出した里亜の足首を、男がつかんだ。
「このアマぁ! こんな事してタダじゃすまねぇぞっ!!
 ――ガンッ!
「ひぎぃあ!」
 里亜がマグナムを抜く事なく、血管の浮いた形相は悲鳴に歪んだ。手首に生々しく穿たれた銃痕は見るも痛々しい。
「里亜の足首つかむなんて、身の程を知れ」
 のた打ち回る男に聞こえるはずもない。振り向いていた夕彩は銃口を払って、
「早く行こ?」
 満面の笑みを浮かべた。
「酷な事するのね」
 夕彩に続いて階段を駆け上がる。里亜の紡いだ語が気に入らなかったか、彼女は口を尖らせた。
「元殺し屋とは思えない発言」
「じゃ、元殺し屋として言わせてもらうわ。一発で殺した方がうるさくないし、面倒にもならない」
「あはっ」
 夕彩の高い声が壁に反響する。
「それ、らしい考えだね。殺し屋らしい言い方」
「元、よ」
「けどね、里亜」
 踊り場を抜けると、2階の廊下はすぐ目の前にあった。
「私は執行人なの。殺し屋とは少し違うの」
「言葉の響きだけじゃない」
「だからって、殺せばいいわけじゃないもの」
 2段飛ばしの夕彩が廊下に跳び出た。ジャケットの裾がはためく。
「私、1つの仕事に1人しか殺さない事にしてるの」
「はあ?」
 2歩遅れで夕彩に続く。左手に伸びる廊下はそれほど長くはない。五対のドアが等間隔に並ぶ様は極めて質素である。コンクリート剥き出しの造りの成果、空気はひんやりしていた。
「1人だけなの」
「どうして」
「執行人だから」
「わけわかんない」
 階段の上から慌ただしい足音が聞こえた。どうやらこのフロアはホテルとしてのみ使われているようだ。
「里亜――」
 言及しようとする里亜を制し、夕彩は上に続く階段を指し示す。
「――援護よろしく」
「階段で撃ち合うつもり!?」
 里亜の驚愕などまったく意に介さぬままに夕彩の足が地を蹴った。逃げ場のない階段に跳び込むなど無鉄砲にも程がある。
「クソがっ!」
 悪態をついて里亜は駆けた。マグナムを抜きながら神経を研ぎ澄ます。視界が広がる感覚。グリップを握る指先まで血が通っている感触。
 踊り場を蹴り3階に駆け上がっ――
「こっち!」
 夕彩の身が翻り、その足が廊下の先に向かう。遅れて廊下に着いた里亜は階段を仰ぎ――銃口と目が合った――考えるより先に体が動く。
 ――ガガガガガガガガ!!
 マシンガンが一斉に吠え火を噴いた。横に跳んだ里亜の足元を銃弾がかすめ、
「里亜!?」
 夕彩の悲鳴が銃声に掻き消される。地面を転がった里亜はすぐに体勢を整えた。振り向けば、一瞬前にいた地面は穴だらけ。壁までも露骨なまでに削れている。銃声は止んだが、足音が近付いていた。
「あ、開いた」
 すぐ近くのドアを、無用心にも夕彩が押し開いていた。
「入れって」
 他に逃げ道がない以上、とにもかくにも身を隠すしかない。彼女を押し込んで己が身を滑り込ませ、音を立てずに後ろ手にドアを閉める。
「うわ、質素だ」
 ベッド、小さなテーブル、2脚のイス、これまた小さな冷蔵庫。コンクリート剥き出しの内壁に囲われた部屋は夕彩の言う通り、質素極まりない。スプリングを軋ませベッドに腰を落とした夕彩は、壁を叩いて軽い音を立てた。
「これじゃとなりの声が聞こえそうね」
「悪趣味」
 壁に耳を寄せ、何やらにやけた彼女をたしなめる。暗く調節された照明に浮かぶ家具のレイアウトを見回し、空気にうっすらと含まれた芳香剤のような匂いに顔をしかめる。
「――どこ行った?」
 ドア越しに男声が聞こえた。



← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 小説&まんが投稿屋 トップページ
アクセス: 2453